冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい


ジオラマ制作体験に再び会場へ行ってきた
いつ開催だったか検索したら昨日と今日で終了だったので
孫たちと(展覧会は10月1日まで)










自分を作る!と勇んで来た2年生の孫
南條先生がおられて感激していた

とても手先の器用な孫は、先生にコツを教えて頂くと
上手に胴体やワンピースを作っていく
物凄い集中力に感心する








焼成









そして、顔の表情は先生が手を加えてくださった
とっても良いお顔!似てるわね♪
色付けは自宅でするそうだ









写真集を破格値で購入ができ
おまけにと色々グッズまで頂いた
何て私ってラッキーなのぉぉぉ



わずか半世紀前、日本は太平洋戦争という大きなを経験しました。
220万人以上の国民の命が失われた戦争から60年以上の歳月が経過し
戦争を知らない世代が社会の大半を占めている現在
戦争の傷跡を見る事はほとんどなくなりました。
造形作家の南條亮は、激動の20世紀を見つめなおそうと、
数百体の人形と精巧な立体模型(ジオラマ)で
終戦直後の庶民の群像を表現しています。
この作品を通じて、戦後日本の歩みを振り返るとともに、苦難の時代の
貧しくも楽しき風景が、今世紀を生きる人々に
本当の豊かさと平和について問いかけます。
引用


こちら↓ぜひご覧ください
ジオラマ演出音楽


「いのち」の語り部
【南條亮:ジオラマの世界】市岡哲夫

人間は性懲りのない生きものである。
歴史という気の遠くなるような時間を費やしてきたにもかかわらず、
「いのち」とは何かという単純な問いかけにさえ、いまだ答えを見いだせないでいる。
その答えは、はるか遠い昔から受け継がれてきたはずなのに
あまりにも明快すぎる解答に、人間は気づこうとしない。

南條亮はジオラマに登場してくる無数の人形たちに、
その答えをあるときは悲痛な叫び声で、またあるときは囁くような声で語らせようとする。
無数の人形たちがひしめきあう舞台の上には、異口同音の沈黙の言葉であふれ返り、
やがて大きなうねりとなって、すべてを包括するかのようだ。

南條亮の作る人形は、美術工芸
としての人形でもなければ、趣味嗜好のたぐいのお人形でもない。
それは人間の形をしたタマシイそのものなのだ。
人形だけでなく、建物や小道具、木や草や水の流れ、道端に転がる小さな石ころさえも、
作者はタマシイそのものとしてつくりあげていく。

そこには「いのち」の分離はなく、この世に存在するすべてのものが、愛しい唯一無二の
「いのち」として渾然一体と存在する。
南條亮は20世紀を掘り返し、明治・大正・昭和という時代を、いま再び見つめ直そうと試みる。
それは単なる感傷ではなく、むしろ、その時代を生きた名も無き人間のタマシイの代弁者として、
そして時代を超えたタマシイの先達として、無数の人形をつくりつづけるのである。

歴史という幻想のなかで、生まれては消えていった無数のタマシイたちは、
ふたたび誕生と死を繰り返しながら、いつの日か、あなたとか私という垣根を越え、
一つの「いのち」として溶け合うことができるのであろうか?

おそらく南條亮は、かならずその日がくることを信じ「人間、この愚かですばらしきもの」
とつぶやいたに違いない。作者はこの無限宇宙を彷徨う無数のタマシイたちを
ひとつひとつ拾いあげては、「いのち」の語り部として、ふたたびこの世に送り出そうとしているのだ。
南條亮の果てしない旅は、いま始まったばかりである。拳一杯ほどの、
ほんのわずかな歴史を、掘り出しただけである。

作者は無数のタマシイたちがひとつに解け合うその瞬間を想い描きながら、
きょうもまた、名も無いタマシイたちをそっと拾いあげる。










































































貴重な貴重なこのような資料を、語り部が少なくなってきている今、後世に語り継げる作品を
微力ではあるが自分もその語り部の一人になりたい

南條亮先生に感謝の意を表しこの記事を書かせていただきました。
ありがとうございました。





昨日、15日は7人目の孫の3歳の誕生日でした
身体はとっても小粒ちゃんですが
とっても利発でパワフルなBOYです
ばぁちゃんからはラピート♪
とっても喜んでくれて寝る時に抱っこしてたんだって!

胎児ちゃんの時は色々と心配させられましたが
あの時部分胎盤剥離ではなく、血腫だけだったようです

誕生の時の日記を再掲します

『第二子誕生』

部分胎盤剥離?の続き

37週になるまで安静にさせ、することは1日3回ジェットのお風呂に入り酸素と栄養を補給していた
その間私や長女が食事の世話をし、旦那さんが洗濯やお茶碗洗いをしてくれて
みんなでサポートしていました

おかげさまで37週も超えいよいよ本陣痛が起こったのが38週と4日目
夜の11時頃いつもの前駆陣痛とは違う痛みがありやはり母の感で本陣痛だと思ったようです
頻繁に前駆陣痛があったので本人も違いが判るかなぁと不安がっていたけれど

お盆だったので私は長女んちに泊まっていて宴会をしていました、呑気なもんだ^^

本来なら直ぐに行く必要はないのだけれど、なにぶん部分胎盤剥離があるので
監視分娩になるので陣痛が始まったら直ぐに来るように言われていた

朝4時頃目が覚めたのでlineで様子を聞いたら10時前には生まれそうと言うので
おにぎりを作って助産院へ
長女、長女の子達4人とnahoの長女ちゃんと総勢7人で






部分胎盤剥離があるので胎児ちゃんの心拍が急激に落ちたら速攻病院へ移動することになる

到着をしてnahoのいる部屋へ
とてもおとなしく陣痛に耐えている、私や長女はあーだこーだとやかましいタイプだが
次女はひたすら耐えるタイプなのでちょっと位騒いでもいいんやで声出して逃すこともあるし
と言っても静かにお産をしている次女

でも流石に陸でのお産は水中とは比べ物にならないくらい痛い!らしい
両方体験してるからわかることなのよね

そしていよいよその時が!
nahoの長女ちゃんは流石に怖くて出てくるところにはおれなくて
いとこ達と待合室で遊んでいた

頭が出だしてから少し時間が経ったので??長くない??と誰もが思っていた
そして。。。。。男の子なので肩で一旦止まるかと思っていたけれど
出だすと一気にスルンと出てきた

あぁぁもうもう身震いするほどの感動が



頭が出だしてからやけに時間がかかったのはヘその緒が巻いていたかららしい
自然分娩というのは赤ちゃんが自分で生まれてくるときにゆっくり時間をかけて
自分でへその緒を外すという話は耳にしたことがあるけれど
今回正しくそれだったのです!

胎盤が出たあと、助産師さんが剥離の部分を見つけて私たちに説明してくれた
胎盤はレバーのような物で赤みがあるけれど血腫の部分は赤黒かった
とてもラッキーだったのは胎盤の端ではなく中の方だったので
完全剥離しなかったのではないかということでした

そしてベビちゃんの酸素濃度は98%でした🎶


今回お世話になった助産師さんの介助を真横で見ていて余計な手を出さず
適切なアドバイスをされ自然のリズムに合わせて見守って下さる
本当にお母さんと赤ちゃんの真のサポーターなんだと感動しました




弟が可愛くて可愛くて既にメロメロ

一時は帝王切開も受け入れる覚悟を大人たちはしていたけれど
この長女ちゃんは誕生する数日前に夢を見たらしく

『あのね○○ねちゃんと頭から出てきたよ賢いで♪父ちゃんもおったし
みんなもおったよ~~』って

その通りになって本当に良かった





あたくし、7人目の孫を無事にこの手に抱くことができ感無量です

今回妊娠中に部分胎盤剥離という怖い体験をしました、どんなにケアーをしていても
妊娠出産は何が起こるかわからないということを痛切に感じました
それでも結果対応できる術を持っていたことにも救われました
お産はやはり命懸けです






木のぬくもりのある静かで居心地の良い助産院

またまた感動したことが食事や食材にこだわっていることは知っていましたが
まさかオルターの食材を購入されていたとはこの日まで知りませんでした
こんな助産院が増えてくれたらなぁと願います

後日nahoから聞いたのだけど分娩中一度も胎児ちゃんの心拍が下がることなく
ずっと元気なのには驚いたと助産師さんが言っていたそうな♪





この溶解型酸素の原液には産前産後どれほど助けてもらったことか
胎児ちゃんが衰弱して入院したあとの2週間どんどん元気になっていってるのが
嘱託医や助産師さんも驚かれていたのは正しくこの酸素のおかげでしかありません

陣痛中頻繁に飲んでいたので胎児ちゃんがずっと元気でおれたのですから♪

特に問題もなかったので15日に出産して17日に自宅に戻りました
帰ってすぐに父ちゃんと自宅温泉を満喫
体内にいる時にずっと聴いてたジェットの音はとても落ち着くみたいで
孫7人全員このお風呂が大好きです^^




妊娠後期に色々あったのにあまりにも理想的な出産に助産師さんと
あれはなんやったんやろ?とみんなで顔を合わせていました
とにもかくにも無事に生まれてくれてばぁちゃんは肩の荷が下りたのでした

日本の神託カードで引いた弁才天様
何度も登場されるので、これはいよいよお詣りに行かなくっちゃ
と、大阪で弁財天を祀っている神社を検索していたら
なんと!凄く近い所にあることが判明♪




真言宗犬鳴派七宝瀧寺

犬鳴山の中腹に建つ真言宗犬鳴派の本山
斉明天皇7年(661)に役行者によって開山されたとされる

本尊の木造立像・俱利伽不動明王剣に龍が巻きついていることから
「運もらい不動」などと呼ばれ、運勢向上、願望成就の守護神として信仰が厚い

淳和天皇の時代(823∼833)この寺で雨乞いの祈祷をしたところ
念願の雨が降ったため、山中にある著名な七つの滝(両界、塔、弁財天、小槻、奥、千丈、布引)
を金銀などの七宝にたとえて七宝瀧寺の名称となった

日本最古の霊場犬鳴山









交通安全を祈念する赤い炎を背に、難切り大不動明王が祀られている。



































 諸縁吉祥、願望成就、家業繁盛に御利益があるといわれる
 宇賀耶白長弁財天(うがやはくながべんざいてん)

 修験道祖である役の行者尊が開山に当たり、
 弁財天を弁天の滝に祭祀されていたが、
 一般参拝者の利便を考慮して現在の場所に安置して奉り、
 ご供養することになった。



























身代わり不動明王の迫力が凄い!


























鐘声や撞くことに様々な功徳があると云われる鐘楼
3度撞いた、鐘の音が好きだ










弘法大師が七飛瀑に七福神を祭祀された七福神堂












 犬鳴山は利剣に龍が巻きついた形像の倶利伽羅不動明王を本尊としている。
 
倶利伽羅不動明王は、悉地明王といわれ、古来より願望成就の守護神であり、
生命乞いの不動明王として霊験あらたかである。
 
倶利伽羅不動明王の御真言をお唱えするのは、眼、耳、鼻、舌、身、意の六根、
即ち、身体と心の一切の悩みと願いを成就せしめ給うという意味がある。




















犬鳴山七宝滝寺内にある「行者の滝」は「霊力ある御滝」として
全国各地から禊ぎに訪れる人々が後を絶たないそうだ。
 
なかでも大寒に入る頃の季節になっても、百日寒行を行う修行者の方も

 歴史上に名を残された役の行者、弘法大師、当山先師一眼上人など、
 我が国仏教に多大な功績を残された方々も、この滝で修行されたそうです


十二支守り本尊



↓このように記載されていた

 生まれ年により各人持って生まれた先天的な性質、
宿命的な運勢のあることは争いのない事実である。
 
弘法大師は各人の個性に合わせて、生涯信仰のできるお守りご本尊を、
あまたの如来菩薩のうちから選ばれたことは、本当に各人の幸せである。
 
日頃信仰している神仏と、この干支守り本尊とを併せて念持されれば、
心に安定が生じ、おのずから自信と勇気が湧き、
ひいては知らず知らず幸福と開運の恵まれた生活に入るといわれている。


    子年生まれ守り本尊     千手観世音菩薩 (祈 産生)   
    丑 寅 年生まれ守り本尊   虚空蔵菩薩 (祈 記憶力、知恵増強)
    卯   年生まれ守り本尊   文殊菩薩  (祈 知恵)
    辰 己 年生まれ守り本尊   普賢菩薩  (祈 滅罪) 
    午   年生まれ守り本尊   勢至菩薩  (祈 滅罪)  
    未 申 年生まれ守り本尊   大日如来  (祈 息災)
    酉   年生まれ守り本尊   不動明王  (祈 除災招福) 
    戌 亥 年生まれ守り本尊   阿弥陀如来 (祈 減罪往生) 
  

毎日とはいかないが、できる限り
祝詞、大祓、六根清浄を奏上しているからか
こちらに導かれたのかも。
般若心経も唱えたいな

追記

このブログをアップして夜にカードを引いた
私へのメッセージを一枚引き。

な、な、なんとぉぉぉぉぉ!

また弁才天様が!!





情報をシェアします

低体温と熱中症

低体温の人は日常生活の中でさまざまな症状を抱えます。
疲れがなかなかとれなかったり、イライラしたり、肩こり・頭痛もちであったり、
肌荒れ、風邪などを引き起こしやすくなります。

今年の夏はとても暑い日が続いていますが、
低体温の方は特に屋外での活動には注意が必要です。
なぜなら、低体温の人は熱中症になりやすいからです。

熱中症にかかりやすい年齢層は一般的に高齢者ですが、
低体温の場合は年齢層に関わらず注意が必要です。
通常、汗をかくことで、汗の蒸発により周囲から熱を奪う気化熱を発生させ、
その気化熱で体を冷やします。こうして汗によって体温調節することで、
人間は体を正常に維持しています。

しかし、高齢とともに汗をかきにくくなるため、
暑い中でもなかなか体温を下げることができません。
そうなると、体内に熱がこもり、体温上昇によって障害が起きてしまいます。

このとき特に影響を受けやすいのは脳です。
こうして意識障害などが起こきてしまいます。
低体温の人も高齢者と同様に体温を下げる機能がうまく働きません。

低体温の場合、自律神経がうまく働かず、あまり発汗できないため、
体内に熱がこもってしまい、熱中症になりやすくなってしまいます。
低体温の原因はさまざまありますが、主には食事です。

タンパク質不足、ビタミン・ミネラル不足などの栄養失調や、糖質の過剰摂取などが原因です。
普段から食事などによりしっかりと平熱を上げ、暑い日中は無理をせず
避暑しておくのが望ましいと言えるでしょう。
また、定期的な水分補給と塩分補給も忘れずに。

転載終了

予防のためにも身体が最も喜ぶ水の摂取をお勧めします

お得なセットを企画しています

1,5リットル入り1本630円
1箱12本入り
8本で5040円で4本をプレゼントします

710㎖入り1本420円
1箱24本入り
15本で6300円で9本プレゼントします

送料はどちらも120円です 北海道や沖縄も120円です

定期宅配と酸素サーバーのレンタルをされますと
1,5ℓ1本が315円になるので大変お得です
500㎖に換算するとハワイ島コナから自宅までの送料を加算しても
1本あたり135円になるので決して高額な商品ではありません


お買い上げいただいた方には別便で月刊誌などをお送りします

お問い合わせは
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします
情報をシェアします

「親ばか」でなければならない理由

三つ子の魂百までということわざがあるように、
ほぼ3歳の幼児期までにあらゆる発達や、
多くの体質が決まってきます。

私は今までに世界の先住民や伝統社会を見てまわりました(まだまだ周ります)が、
モンゴル遊牧民、タンザニアの狩猟採集民ハッザ族、マサイ族、
ダドガ族、ニューギニアのダニ族、モニ族、ヤリ族、センタニ族、
どの民族を見ても、子どもを持つ親は、ほぼ「親ばか」でした。

ここで言う「親ばか」とは、自分の子どもを認め、
たっぷりの愛情でばかのようにかわいがることです。
かわいがるだけではなく、その子のことを誰よりも褒め、
認めてあげるのです。

他人が見ればそんなにかわいくなくても、
その子の親が自分の子を一番だと思うだけでいいのです。
それが子どもに伝わることが重要です。

彼らは頻繁な抱っこやおんぶ、そして添い寝やスキンシップを密にしています。
ところが、アメリカで数十年前に出版された『スポック博士の育児書』で、
子どもは放って育てる、親から隔離するなどという子育て法が流行し、
これにて一挙に子育てが崩れていったという声もあります。

ヒトでも動物実験でもこうした母子分離実験は今までに結構されていますが、
ほとんどが良い結果をもたらしていません。
それどころか、攻撃的な性格になったり、親になったら育児放棄したり、
愛情ホルモンであるオキシトシンの分泌が減少したり、
さまざまなネガティブな報告がされています。

基本的に、どの哺乳類でもスキンシップによる皮膚への刺激がないと生きていけません。
皮膚刺激によって、循環器系、泌尿器、免疫系、神経系、呼吸器官、
胃や腸の消化器官をすべて刺激します。

人間以外の哺乳類では、赤ん坊の前身をきれいになめる行為や
撫でる行為がそれにあたるといわれています。
このときオキシトシンが分泌されます。
生まれる前の赤ちゃんは、体温と同じ温かい羊水と、
お母さんの子宮の壁にべったりすることで皮膚感覚を刺激しているといわれています。

オキシトシンが分泌されやすくなる体質は幼児期に決まると言われています。
腸内細菌のバランスもだいたい幼児期に決まってくると言われていますね。
正常なオキシトシンやセロトニンが出やすい体質になれば、
ストレスにも強く(ストレスと感じないポジティブさ)、健康で優しい子どもに育ちます。

一般では当然のように赤ちゃんや幼児はよく泣くものと考えがちですが、
私が伝統社会で見たものは、赤ちゃんは無駄には泣かなかったことです。
お腹が空いている、何か異常を感じているというようなときに初めて泣きます。
また、奇声を上げることもなければ、落ち着きのないこともほとんどありませんでした。

「親ばか」は子どもの才能を引きだし、子どもを強く優しい子に育てます。
私たち哺乳類はいつまでも親ばかでなければならないのです。

転載終了

特に子供は父親よりも母親との関係がものすごく
インナーチャイルドに影響するなと最近色々勉強していて感じています
親ばか最高!


体はマグネシウムをいつも欲しています

地球が誕生してから、始めて生命が生まれたのは海の中です。

海の中で誕生した生命は、海水に溶け込んでいるマグネシウムを利用することで、
体の代謝を維持する仕組みを構築してきました。

実はマグネシウムは海の中ではカルシウム以上に多い元素です。

海の中にいた生命は、細胞の内外のバランスを上手に保つのにマグネシウムが必要でした。
この生命は進化とともにやがて陸に上がりますが、このマグネシウムを利用して
陸上でエネルギー産生を行うようになりました。

つまり、数十億年以上前に海生まれの私たちの祖先が、陸でうまく生活するためには、
海の中で使用していたマグネシウムがそのまま陸上でも必要だったのです。

陸上での生活を選んだ私たち哺乳類は、海藻や魚貝類のほか、
植物の種実からもマグネシウムをとるようになります。

長寿研究や先住民族の健康調査において、
「よく海産物を食べるところほど長寿であり健康である」
というデータが多いのもご存じでしょう。

実際に、マグネシウムが多く含まれる食品は、ダントツ海藻類であり、
次に小魚・貝類です。また、白米ではなく雑穀類を摂取する地域、
大豆食品(できれば発酵もの)を多く摂取する地域に長寿が多いのも、
やはりマグネシウムが多く含まれるからかもしれません。

しかし、現代はどうでしょう。たとえば白米のように穀物は精製され
マグネシウム含有量は落ち、海藻類や魚貝類を食べない人が多くなりました。
ミネラルを含んだ自然塩は稀となり、多くが精製塩です。

さらに、精製糖質の過剰摂取にるマグネシウム欠乏、
重金属曝露によるマグネシウム吸収効率の低下、
土壌疲弊による野菜のマグネシウム含有量低下など、
マグネシウム不足は深刻化しています。

マグネシウム不足は多くの慢性疾患の原因となります。
にもかかわらず、(医者でさえ)それがマグネシウム不足とはわからず、
医薬品で対処療法をする始末となり、根治に至らず、悪循環が生まれます。

私たちの体はマグネシウムを常に欲しています。生命の素であるマグネシウムを
上手に摂取していきたいものです。

しかし残念ながら残念ながら最近の食事では摂取しにくいのが現状です
そこで、ミネラル分がバランス良く入った水を飲むことによって
ミネラル不足を解消するのは良い方法だと思います

人間の手で作ることのできない海水の完全なミネラルが入った水を販売しています
この水は動物にも与えることができる貴重な水です

お得なセットを企画しています

1,5リットル入り1本630円
1箱12本入り
8本で5040円で4本をプレゼントします

710㎖入り1本420円
1箱24本入り
15本で6300円で9本プレゼントします

送料はどちらも120円です 北海道や沖縄も120円です

定期宅配と酸素サーバーのレンタルをされますと
1,5ℓ1本が315円になるので大変お得です
500㎖に換算するとハワイ島コナから自宅までの送料を加算しても
1本あたり135円になるので決して高額な商品ではありません


お買い上げいただいた方には別便で月刊誌などをお送りします

お問い合わせは
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします
たまたま見つけたイベントに次女たちもきっと好きだろうなと思い
誘って行ってきた♪

昭和30年代生まれの私にとっては懐かしい街並み、光景があり
その中に私もいるような感覚で見入ってしまった

終戦の混乱期の話は母から聞いていた
悲惨な日々が何年も続いたのに

人間はなんとたくましいのだ

ジオラマの中の人々は混乱の中にも笑顔があり
生き生きとしている

一番最後の言葉が今の自分にぐさりと入ってきた

『人間たちよ、決してあきらめてはいけない。

どんな事があっても生きなさい。

どんな事があっても生きつづけなさい。』


自分の悩みなんてちっぽけなんだ!

ジオラマ制作を体験できる日があるので
もう一度観に行こう♪
8歳の孫は自分を作りたいらしいから^^

















































































































プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり