冷え取りライフ

Entries

Category : ガンのこと

情報をシェアします

ありがとうが病気を治す

これは精神薬の断薬にも通じることですが、精神科の患者は手法ばかりにこだわり失敗します。
癌にありがとうといえば癌は治っていく。
こう言うと、ほとんどのニンゲンから呆れた顔が返ってくるでしょう。
しかし医学的に言ってもそう間違いとは言い切れず、個人レベルでいうなら
何千という体験が存在します。意識と体を分けてばかりでは病気は治ることなどありません。

笑いと感謝でNK細胞の増殖が促されるというのは聞いたことがあるでしょうが、
単にそれだけの問題ではなくさまざまなホルモンの働きが推測されています。
 
怒りはアドレナリンやドーパミンやコルチコイドが増えやすくなり、
それに応じて免疫も低下しかねません。アドレナリンは血糖値を上げ血圧、
脈拍も上昇、救急のときにはアドレナリンは必要ですが、慢性的に高いと
体は悪くなるのです。なので指導の時によく病気や症状に対して感謝しなさい、
あなたを良くするために働いてくれているのだから、と伝えます。
癌にありがとうと言えと伝えるのです。しかし、この時、一つのコツがあります。

このコツとはありがとうと感謝を述べる=ポジティブシンキングではない、ということです。
これを多くの病者や家族などは理解できません。つまり重要なことは「一度落ち切ること」であり、
感謝など生じないほどネガティブになり、徹頭徹尾自分や家族が「己の愚かさを悟る」
ということにあります。そこまでいって、愚かではないことを行動し愚かではない逆転した
発想をもつことで、初めてその感謝はすさまじいパワーを発揮し始めます。

「ありがとう」という感謝の言葉で、ガンが治るという奇跡的な生理現象は、
世界の医学界でも認知されています。心身一如という言葉は有名ですが、
厳密にいえば意識は肉体の上位層にあります。
ロンドン大学名誉教授のアイゼンク博士の研究では、「性格によってガン死亡率に
77倍も大差が生じる」、「性格を変えたら、ガンは10分の1以下になる」とまで述べています。
ワタクシの性格が変わるかどうかはさっぱりわかりません♪。
 
ヨガの教え――真理に生きるとは、まず「笑い」と「感謝」で生きることである――

転載終了
そうですよね、ただ単にありがとうだけではなく自分の愚かさに気づく
私もそうでした。私の場合はそこに物理的に応援してくれるアイテムがあったことが
ラッキーだったと思います

身体の一部を失うということ

 喉に悪性腫瘍ができる咽頭がんと喉頭がん。
昨年、音楽プロデューサーのつんく♂が、喉頭がんの手術を受け
声帯を摘出したことは記憶に新しい。

『がんで死ぬのはもったいない』や『何のために生きるか』など、
がん治療に関する著書も多い平岩正樹外科医が語る。

「たとえば、早期の咽頭がんの場合、手術ではなく放射線治療であれば、
声帯を摘出する必要がないので、声を失うこともありません。

人それぞれ状況が違うので、『どんな犠牲を払っても手術をしたほうがいい』
というのは早計です。その人の年齢や生活スタイル、価値観によって、
いろんな選択肢があってしかるべきです」

命と引き換えに声を失う――。生きるためとはいえ、手術の「代償」はあまりに大きい。

 しかも喉頭がんには、こんなデータもある。
昨年、アメリカのケースウエスタンリザーブ大学を中心とした研究グループが
「進行した声門上の喉頭がんは手術をしてもしなくても、生存率はほぼ変わらない」
という調査結果を発表した。

'90年から'13年までの喉頭がん患者のカルテを分析した結果、手術をした人の5年生存率が
約50%だったのに対し、手術をしなかった人(放射線や抗がん剤治療を選んだ人)も
約50%と同等だったことが明らかになったのである。

当然ながら発声機能については、手術をしなかった患者のほうがより維持されていた。

「がんになったらもう切るしかない」、「手術しか助かる道はない」と患者にすすめてくる
医者がいる。だが、一度立ち止まって考えてほしい。
がんの手術は、身体の一部分を永遠に失う、という負の側面に加えて、
手術をしても長生きするどころか、逆に健康寿命が縮まる危険性もあるのだ。

岡部漢方内科の岡部哲郎院長は、「若くて体力のあるうちであれば、
手術をして根治を目指すのもいいかもしれないが、高齢者の場合は
そうとは言い切れない」と語る。

「日本ではまだまだ『がんイコール手術』という考えが根強いですが、
アメリカでは安易にメスを入れずに、放射線での治療がメインになっている。

手術は全身麻酔や出血など身体にかなりの負担がかかります。
適応能力が低下した高齢者ならなおさら。そのため、手術することで
さらに調子が悪くなることが起こりうるのです。

がんを宣告されれば、皆不安になり、医者に言われるまま手術を受けてしまう。
『手術後どんな生活が待っているか』まで思いを巡らせられる人はなかなかいません。
でも特に高齢者の場合は、その後の人生のことを考え、できるだけ手術を避け、
他の治療法を探してほしい」

手術をしたことで寿命は少し延びるかもしれないが、人間本来の大切な機能を
失う可能性がある。ベッドから起き上がることもできず、そのまま人生を終えるか、
それとも人間らしい生活を続けて、人生を全うするか――。

少なくともそれは医師の言いなりで決めることではなく、自分で選択すべきことだろう。

転載終了
とは言え代替療法を持ちえない方々には選択肢が一つしかない
医師のいう方法。。。。。
一昨年冷え取り仲間のご主人が喉頭がんと診断され(70代)放射線治療を受け寛解され
現在は毎日冷え取りを実践されとても元気に暮らされています。
宣告、治療、寛解という良い結果でしたがその後の生活が大事であると思います

私の場合は卵巣がんだったので12年前に医師の勧めるまま手術を受けていたら
今のような生活ができていたかどうか。。。

私のお勧めする冷え取り健康法は自分で自分の健康管理ができます
ご興味のある方はいつでもご質問くださいませ

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします



情報をシェアします

ガンの自然退縮の時に何が起こるかといいますと、ガンが死ぬときに
腫瘍マーカーが上がるんですね。 腫瘍マーカーはガン細胞の抱えている、
膜とか細胞質の構成成分ですから、ガンが死ぬときに腫瘍マーカーが上がるときがあります。
 
ですから、体調さえよければ、腫瘍マーカーが上がると喜ぶくらいの感覚でないといけません。
あと、CT などで検査して、ガンのサイズが急に大きくなって、びっくりすることがあります。
このときは、ガンの中が壊死して治っている、ということも、長崎の田嶋先生が症例を
報告してらっしゃいます。
見かけが大きくなって、中が壊死する、線維が強いときはそのまま空洞化して治るし、
弱いときはそのあとで潰れるという形をとるんです。

だから、あんまり、腫瘍マーカーがあがったり、ガンのサイズが大きくなったといって怯えて、
せっかく体にいいことやって、さらに体調もいいのに、また体を痛める治療に引き込まれる人も
多いです。そこは、注意したほうがいいですね。
あと、京都研究所の福田先生は、転移したあとにいい結果が出るという症例をいっぱい
もってらっしゃいます。やはり、リンパ球が働き出すと、もとのガン原発巣は悲鳴を上げて、
ガンが散らばっていくんですね。そして、散らばったあとにスッと消えていく。

 意外と、肺転移・肝転移・骨髄転移したあとに消えていくことがある。
 転移をあまり気にすることはないですね。
あとひとつ、治るときに通る、知っておかないといけないことがあります。
温めて温めて、あるところまでは外から熱を加えて体温を上げているんですけれども、
さらに進むと自分の力で体温を上げる反応が起こり出す人が結構います。
実は、その時にリンパ球が最高の働きを示すわけです。
 
ただ、その時の発熱の注意というのは、熱は副交感神経の極限で起こるために
、熱が出たときにとてもだるいんですね。痛みも出ます。そうなると体もだるく、
痛みも出るとなると、また悪くなったんじゃないかと思ってしまいがちです。
せっかく今まで体にいいことを続けてきた人も、また慌てて抗がん剤治療に引き込まれる、
という流れもあるので、発熱もプラスになるということを知っておく必要があると思いますね。

転載終了

私も自分でがんを治している時にきっと腫瘍マーカーの数値が上がるだろうと
思っていたけれど、たった一か月で正常値になった時は驚きました。
私のパターンは森下敬一先生の「がん細胞が浄化されると赤血球に戻る」
の方だったんだろうなと思っています
血液浄化バンザイ♪
情報をシェアします

マンモグラフィ

マンモグラフィとは乳がんの早期発見のために、転移性がんの発生を減らすことが
目的であり、女性の乳房をX線撮影する検診のことです。X線は言わずもがな放射線の一種で、
レントゲン線とも言われています。
そして、乳がんは今や日本人女性において罹患率トップのがんですね。

しかし、アメリカではこのマンモグラフィ検診の疫学調査(30年間)が行われたところ、
マンモグラフィが無意味であることが示されました。(Archie Bleyer, N Engl J Med 2012)

マンモグラフィによる早期がん発見の件数が2倍になったにもかかわらず、
転移性の乳がんの発生数は一定だったのです。
また、この期間で130万人以上の女性が過剰診断であったという報告もありました。
米国予防医学専門委員は40歳代の女性に対しては推奨しないという結論をだし、
推奨度を下げることにしました。

また、スイスの医療委員会でもマンモグラフィは死亡率を低下させないことや、
治療する必要のない乳がんを発見するおそれがあること、50歳以上の検診でも意味がない
ことなどを理由に廃止を勧告しています。

カナダの疫学調査でも、マンモグラフィの検診経験者と、未経験者の比較研究が
行われた結果、マンモグラフィは死亡率を低下させないという発表がされました。

そもそも忘れないでほしいのが、乳がんは自分で発見できる唯一のがんということです。
(マンモグラフィによる検査でも自己触診でも同じ結果になる可能性が
高いことがわかっています。)

さて、日本はどうでしょうか。
日本はこれらの海外のデータは日本にあてはまるとは限らないとし
(日本乳がん検診学会)、あくまで推奨を継続することが妥当であるとしています。

アメリカで始まったピンクリボン運動は日本でも積極的に行われており、
乳がんの早期発見とその受診を推奨する啓蒙キャンペーンです。
これは単に乳がんの抗がん剤を販売したい製薬利権によって作られた運動
といってもいいでしょう。実際にマンモグラフィは儲かる治療法の一つです。
多くの医者や医療機関が勧めています。

ンモグラフィはむしろそのX線による被ばくの方を注意すべきかもしれません。
無害な人がこのエックス線で乳がんを発症することも当然ありうる話なのです。
原発の放射能を気にするわりには、検診による被ばくを気にしない、
滑稽な日本人が実に多いと感じています。検診は慎重にやるべきです。

アメリカのホルモン補充療法医であるジョン・R・リー博士によると、スパイン誌(2000年
)において、レントゲン撮影を多く受けた女性は、一般の女性よりも乳がんのリスクが
70%高いことが集積したデータでわかると発表しています。
また、イギリスのがんリサーチUKのサイトにおいて、乳がんリスク要因の中で、
一番リスクの高い分類にX線照射やガンマ線照射をあげています。
(ちなみに、他はアルコールやエストロゲン過剰など)

マンモグラフィで早期発見という謳い文句がありますが、実際にはマンモグラフィで
発見できるがん細胞はすでに約9年間成長してしまったがんであり、
この1年後には触診によって発見できる大きさになるようです。
この1~2年で乳がんの転移が起きることは確率としてはかなり低いのです。

乳がん細胞の成長過程を見ていきましょう。
1年目で約5個、2年目で約30~50個、7年目で約100万個足らず、
9~10年目で10億~100億個となり、この時ようやく1cm。
この大きさでようやくマンモグラフィがで発見できるぐらいです。

マンモグラフィが推奨されていたスウェーデンでは、疫学調査や再考察を行ったところ、
乳がんの死亡率が低下に影響を及ぼすことはなかったのです。
最近の研究では、マンモグラフィーの存在価値が疑われていること、
マンモグラフィーによる検査でも自己触診でも同じ結果になる可能性が
高いことがわかっています。

以上、私見も入っていますが、検査に力を入れるより、
まずは普段の食生活や生活習慣において予防に力を注ぐべきだと私は思います。
マンモグラフィの利点というのは私の中では見当たらず、あとはこれを受けるかどうかは、
みなさんの判断次第です。

転載終了






小林麻央さんが進行がんであるとのこと心が痛みます
海老蔵さんのブログにはたくさんの方々のコメントが寄せられている
私も情報をお伝えしたいところではあるが。。。。。
今はネットの中であらゆる情報がある中、抗がん剤治療を選ばれたことが
とても残念でなりません。。。仕方のないことですが
情報をシェアします

乳がんのリスク要因

日本人女性のがん罹患数で、いちばん多いのはどのがんでしょう。

圧倒的に乳がんです。

では、乳がんを誘発するリスク要因はどういうものがあるのでしょうか。

アメリカのホルモン補充療法医ジョン・R・リー博士は乳がんと関係のある
リスク要因はほとんどすべてといっていいぐらい「エストロゲン過剰」であるとしています。

専門的にエストロゲン優勢といわれているこのリスク要因は、エストロゲンとプロゲステロンの
バランスにおいて、エストロゲンが過剰になっている状態のことをいいます。
(※男性ではエストロゲン:テストステロン比)

エストロゲン優勢になる原因として可能性の高いものを挙げてみましょう。

◎環境ホルモン

環境ホルモンとは内分泌かく乱物質とも呼ばれ、人工的に生成された化学物質や
汚染物質が体内に入り込み、性ホルモンと似た作用をしてしまい、遺伝子DNAに
悪影響を及ぼしてしまう物質の作用のことです。
ダイオキシン、(一部の)植物油、輸入肉や輸入乳製品に含まれる成長ホルモン、
プラスチック、農薬、除草剤、排気ガス、石油由来の化粧品・マニキュア、溶剤・接着剤、
洗剤など。これらが悪性のエストロゲン様作用を引き起こす。

◎アルコール

多量のアルコールを摂取する女性は乳がんリスクが高い。
こうした理由は、一般に、肝臓における多量のアルコールの処理によって、
肝臓がエストロゲンの代謝にまで手が回らなくなってしまう。

◎砂糖や精製炭水化物

脂肪細胞はエストロゲンを生成する工場。女性は体脂肪が増加するほど
エストロゲンを多く生成してしまう。脂肪の原因は糖質の過剰摂取にあり、
特に砂糖や精製炭水化物には要注意。

◎経口避妊薬

経口避妊薬の使用経験のある未成年は、乳がんリスクが3倍であったという
統計がある。他にも相関データが多々ある。

◎ホルモン補充療法

一般のホルモン補充療法は乳がんのリスクを高めるという大規模な研究結果がある。
詳細はまた後日アップ予定。

◎放射線

先進国のほとんどでは、胸部のレントゲン撮影の経験により、放射線による損傷を
累積していく。ちなみに、広島原爆によって被ばくした少女たちの乳がんリスクは2倍であった。

◎リノール酸

リノール酸油の日頃からの摂取は、がんや動脈硬化を促進させます。
リノール酸には炎症作用があります。これは本来必要な働きなのですが、
日頃からの過剰摂取により慢性的な炎症を促進させ、発がん化や糖尿病などの
原因となってしてしまう。

◎食品添加物

添加物の種類にもよりますが、これらの多くが体内で活性酸素を発生させ、
さらに細胞内にこれらが残留していると発がんすることがあります。
もちろん用量依存によるため、正確な事が言えませんが、外食はできるだけ控え、
普段の食事には取り入れないことで、回避するのがよいでしょう。

他にもまだありますが、代表的な要因は以上です。

さて、さらに問題なのが、テレビやマスコミなどで著名人を広告塔にしたてあげ、
ピンクリボン運動やマンモグラフィ検査を誘導していることです。

しかし、多くの疫学調査ではマンモグラフィ検診ではそもそも死亡率を低下させないこと、
また国によっては推奨できないという報告があります。
なぜならマンモグラフィはむしろそのX線による被ばくの方を注意すべきかもしれません。
検診に躍起になるよりもまずは日頃の生活習慣を見直すことが肝心です。

転載終了

ワイドショーではしきりに早期発見を推奨しているけれど発見されたら即治療ではなく
自分に合った方法をお調べになることをお勧めします






内海医師の記事をシェアします

ガンが消えた

私の周囲(私が治療したではなく)ではガンが治った、ガンが消えた、
消えなくても末期のはずが何年も生きているなんてザラですが、
その人たちにはある共通点があります。

それは「癌に対して “ありがとう” と感謝をすると、癌が治っていく」というような、
ある種のオカルト信仰です。しかし事実だけを鑑みればオカルトだと言われようと、
人間の科学ごときにはまだわからない秘密があると思われます。

個人的に医者目線、科学目線、心理学目線を使って観察すると、
やはり共通点があります。まず過去の罪や自分の愚かさに直視するということを
やっています。正当化する人はやはりチャンスが少ないのでしょう。

そして小さいことへの執着が少なくなっています。
我々は社会で生きているとき、動物としては本来必要のないものに執着しています。
それを彼らはどんどん手放しています。

カルマとかそういう言葉は私は嫌いです。非常に宗教的ですからね。
それよりも現実と過去を直視すると言ったほうが、的確な表現の気がします。
思考法が変われば食事も変わり生活も具体的に変わります。

人にいわれて感謝しろと言われても、腑に落ちていなければ決して食事も生活も
変わりません。それが変わると人間関係さえも激変していくのです。

もうひとつそのような治った人たちを観察する時の特徴は、常識を捨てるということです。
これは執着を捨てるに近いのですが、具体的にいうなら病院に行かなくなるのです。
医者にも頼りません。多くの患者さんに接したとき、病気の意味や食事の悪さなどを省みて、
それを変えるまではよいのですが、結局病院に検査して確認に行ったり、
医者という嘘つきにやっぱり意見を聞きに行ったりしてしまうものです。

私も患者さんに対しては、検査行くなというより自分で決めろとは言いますが、
行って確認したり医者という詐欺師の意見を聞きに行ってる時点で、
自立は出来ていないし病気の本質は見えてないし、なにより病気にフォーカスして
とらわれているのでチャンスは少ないなと思ってしまいます。
治っている人は決して人にゆだねず、自分だけで選択し考え自分で治しているのです。

転載終了

私もがん宣告された日そう言えばガンに自分の身体に
「ありがとう」と「ごめんなさい」を言ったなぁ。。。
私には幸いなことに冷え取りの武器を持っていたので
冷え取りを強化することでがんを消し肉腫を無くすことができた
やはり自分で決める事が肝心だと思う


ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。
岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%がガンの三大療法
(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。その発見を論文にしようとしたが、
握りつぶされた。

年間のガン利権は15兆円、国防費の3倍

抗がん剤は0.1g 7万円

船瀬俊介氏の話「厚生労働省にガンの専門技官て(いうのが)いるんです。
技官ていうのは医師免許持ってるんです。要するにプロ中のプロですよ、日本の厚生行政の。
そこに聞いたんですよ。「ズバリ聞きます、抗がん剤はガン治せるんですか?」
そしたら「お答えします、抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ」ってはっきり言った。

効かないと知りながら平気で抗癌剤を使う癌の名医達 立花隆「がん生と死の謎に挑む」72p~

僕自身(立花隆)ががんになって癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。
それは朝日新聞の主催で開かれた、一般市民向けの大きなシンポジウムだった。
僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。
昼休みだったとき。控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。

いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。抗癌剤がどれほど効かないかの話を
一人がしだすと、皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、次から次にそれが
どれほど効かないかを争うかのように、話始めました。「結局、抗癌剤で治る癌なんて、
実際にはありゃせんのですよ」と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、
皆そのとおりだという表情でうなずきました。僕はそれまで効く抗癌剤が少しでもあるのでは
と思っていましたが。それじゃ「患者よがんと闘うなの著者の近藤誠さんの言っていたことが
正しかったと言う事になるじゃありませんか?」と問うと、

大御所の先生はあっさりと「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」と言いました。

1985年アメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長は「癌の化学療法は無力。
癌細胞は反抗癌遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する。」
と議会証言を行っている。さらに癌細胞は凶暴化し、悪性化してもう増殖を開始する。
「抗癌剤の多投与グループほど短命。」これはアメリカ東部の20の大学、医療機関が参加した、
最大級の抗がん剤効能判定研究の結論。

ではなぜ日本でも抗癌剤を勧め、かつ抗癌剤が効果があるようにのたまうのか。
大きな理由は金であり、他にも民族浄化なんとやら、いくつも理由はあるだろう。
しかしここでいいたいのはもっと簡単なこと。つまり抗がん剤研究の論文などは
捏造が主体なのである。ここでいう捏造というのが一般人にはほとんど見抜くことが
できないレベルである。

ものすごく単純に説明する。たとえばある抗がん剤を使って、癌が検査上半分に
なったとする。一般人はその薬は効く薬だと誤解するだろう。しかしその後癌は
前の倍のスピードで増殖するスピードを身につけ、その後どんな抗がん剤も効かなくなる。
結果的にどうなるかというと、何もしなかった人よりも抗がん剤を使った人々の方が
早く死ぬという事態になる。

おかしいではないか?と良心的な一般人は思う。
抗がん剤を使ったほうが早く死ぬのなら、なぜその薬が認可されるのだと。
なぜ医師たちはその抗がん剤を使うのだと。しかしその質問をすること自体が、
自分がカモだということに気付いていない。基本的に政府の認可というものは、
半分になったということが比較証明されれば通るわけで、ニンゲンが早く死のうが
遅く死のうが知ったことではない。

転載終了

憤りを感じずにはいられません。
あの時治療を拒否して本当に良かった!
手術をしていればリンパ節も切除され今頃は。。。
冷え取り健康法の手段を持っていて本当に良かったと
心から思います


プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫4匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり