冷え取りライフ

Entries

Category : 次女の妊娠記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部分胎盤剥離?の続き

37週になるまで安静にさせ、することは1日3回ジェットのお風呂に入り酸素と栄養を補給していた
その間私や長女が食事の世話をし、旦那さんが洗濯やお茶碗洗いをしてくれて
みんなでサポートしていました

おかげさまで37週も超えいよいよ本陣痛が起こったのが38週と4日目
夜の11時頃いつもの前駆陣痛とは違う痛みがありやはり母の感で本陣痛だと思ったようです
頻繁に前駆陣痛があったので本人も違いが判るかなぁと不安がっていたけれど

お盆だったので私は長女んちに泊まっていて宴会をしていました、呑気なもんだ^^

本来なら直ぐに行く必要はないのだけれど、なにぶん部分胎盤剥離があるので
監視分娩になるので陣痛が始まったら直ぐに来るように言われていた

朝4時頃目が覚めたのでlineで様子を聞いたら10時前には生まれそうと言うので
おにぎりを作って助産院へ
長女、長女の子達4人とnahoの長女ちゃんと総勢7人で






部分胎盤剥離があるので胎児ちゃんの心拍が急激に落ちたら速攻病院へ移動することになる

到着をしてnahoのいる部屋へ
とてもおとなしく陣痛に耐えている、私や長女はあーだこーだとやかましいタイプだが
次女はひたすら耐えるタイプなのでちょっと位騒いでもいいんやで声出して逃すこともあるし
と言っても静かにお産をしている次女

でも流石に陸でのお産は水中とは比べ物にならないくらい痛い!らしい
両方体験してるからわかることなのよね

そしていよいよその時が!
nahoの長女ちゃんは流石に怖くて出てくるところにはおれなくて
いとこ達と待合室で遊んでいた

頭が出だしてから少し時間が経ったので??長くない??と誰もが思っていた
そして。。。。。男の子なので肩で一旦止まるかと思っていたけれど
出だすと一気にスルンと出てきた

あぁぁもうもう身震いするほどの感動が



頭が出だしてからやけに時間がかかったのはヘその緒が巻いていたかららしい
自然分娩というのは赤ちゃんが自分で生まれてくるときにゆっくり時間をかけて
自分でへその緒を外すという話は耳にしたことがあるけれど
今回正しくそれだったのです!

胎盤が出たあと、助産師さんが剥離の部分を見つけて私たちに説明してくれた
胎盤はレバーのような物で赤みがあるけれど血腫の部分は赤黒かった
とてもラッキーだったのは胎盤の端ではなく中の方だったので
完全剥離しなかったのではないかということでした

そしてベビちゃんの酸素濃度は98%でした🎶


今回お世話になった助産師さんの介助を真横で見ていて余計な手を出さず
適切なアドバイスをされ自然のリズムに合わせて見守って下さる
本当にお母さんと赤ちゃんの真のサポーターなんだと感動しました




弟が可愛くて可愛くて既にメロメロ

一時は帝王切開も受け入れる覚悟を大人たちはしていたけれど
この長女ちゃんは誕生する数日前に夢を見たらしく

『あのね○○ねちゃんと頭から出てきたよ賢いで♪父ちゃんもおったし
みんなもおったよ~~』って

その通りになって本当に良かった





あたくし、7人目の孫を無事にこの手に抱くことができ感無量です

今回妊娠中に部分胎盤剥離という怖い体験をしました、どんなにケアーをしていても
妊娠出産は何が起こるかわからないということを痛切に感じました
それでも結果対応できる術を持っていたことにも救われました
お産はやはり命懸けです






木のぬくもりのある静かで居心地の良い助産院

またまた感動したことが食事や食材にこだわっていることは知っていましたが
まさかオルターの食材を購入されていたとはこの日まで知りませんでした
こんな助産院が増えてくれたらなぁと願います

後日nahoから聞いたのだけど分娩中一度も胎児ちゃんの心拍が下がることなく
ずっと元気なのには驚いたと助産師さんが言っていたそうな♪





この溶解型酸素の原液には産前産後どれほど助けてもらったことか
胎児ちゃんが衰弱して入院したあとの2週間どんどん元気になっていってるのが
嘱託医や助産師さんも驚かれていたのは正しくこの酸素のおかげでしかありません

陣痛中頻繁に飲んでいたので胎児ちゃんがずっと元気でおれたのですから♪

特に問題もなかったので15日に出産して17日に自宅に戻りました
帰ってすぐに父ちゃんと自宅温泉を満喫
体内にいる時にずっと聴いてたジェットの音はとても落ち着くみたいで
孫7人全員このお風呂が大好きです^^




妊娠後期に色々あったのにあまりにも理想的な出産に助産師さんと
あれはなんやったんやろ?とみんなで顔を合わせていました
とにもかくにも無事に生まれてくれてばぁちゃんは肩の荷が下りたのでした



スポンサーサイト
入院の続き

退院して二日後(36週)、助産院に検診に。
その時nahoが助産師さんに、既に痛みはなかったがこの部分が痛いと報告すると
指摘の部分をechoで見ていた助産師さんが絶句したそうで
胎盤に6cm×8cmの大きさの血腫があるらしく、ということはその部分が胎盤の役割を果たせていないことに

部分胎盤剥離?

長年助産師をされてきて今回の事は初めてらしく戸惑われていたらしい
ホメオパシーのレメディを処方してもらい帰宅

帰ってからその事をnahoから聞かされ冷え取りの考え方からだとそれ以上剥離しないように
細胞膜の強化を図るサプリを増やしジェットのお風呂に1日3回本人が決めて入り
それ以外は安静にさせていました

胎盤の機能が何十%か落ちるということは酸素や栄養の受け渡しが減るってことよね
今回超お世話になっている溶解型酸素の摂取と栄養素を摂ってどうか37週まで持ってくれることを
願うばかりでした

このことから自宅分娩はできなくなり、いや助産院での分娩もできなくなる可能性が高くなり
帝王切開の可能性も出てきて色々考えさせられました
頭の中でいろんな事柄がぐるぐる回り不安が増しどうしたものかと考えていた時

冷え取り仲間に産婦人科医がおられるのでメールで相談させて頂いたところ
早期胎盤剥離の可能性が無いこともないのに自宅にいること自体驚かれて
そうよねもし剥離してしまったら母子共の命が危なくなるのだから

それで入院した病院に直接連絡したところ助産師さんと相談することになり
結局先ず嘱託医での診察になった
なぜなら入院した病院に行くことはもうそこで出産することになるので

結果胎児はすごく元気でしかも血腫の大きさに変化がなかったので
これだと助産院で産んでいいですよと言ってもらえたのです♪

この日nahoを自宅に送り届けて自分の家が近づいた時思わずこみ上げてきて
泣いてしまいました

妊娠出産は病気ではないからという言葉を聞きますが、女性にとって妊娠出産は命懸けなんだと
改めて思いました。何が起こってもおかしくない
そして神の領域でもあるのだと

それでも妊娠中はケアーをする必要性は大いにあると思います

それから2週間後



ベビちゃんがやってきたの続き

妊娠35週のある日、3~4分間隔のわりかし強い張りが一日中続いたことがあり
前駆陣痛かな?と様子を見ていたら次の日も間隔は少し開いたけれどまだ張るので助産院へ

モニターするとベビちゃんが衰弱していると言われ一晩中様子を見るため日赤病院に入院することに
なってしまった。。。

私はその日イベントでどうしても休めないので長女luccaに様子を見に行ってもらった
仕事中に入院を知ったのでもう気が気ではありませんでしたよ
足湯器の持ち込みの確認を取って終わり次第色々冷えとりアイテムを持って飛んで行きました


部屋は個室しか空いていなくてこのお部屋1泊16200円!!どっひゃ~ですよ











モニター






nahoさんしっかり足湯をしました







廊下の壁に貼られていた献立表
毎日牛乳!牛乳!牛乳!おまけにマーガリン!!OH~NO~~~~ですよ

でも良かったことが
夕食も朝食も断ったらお咎めもなく「持ち込みですね」と言われたんだって
なんて素晴らしいこと♪

lucca病院に行く時ご飯とお漬物と煮物とデーツを持って行ってくれました







私が今回大きく後悔した事は最強の冷えとりグッズを持っていながら気がつくのが遅れたこと(涙)
これを張りのきつい時に最初から飲ませていたらベビちゃんにしんどい思いをさせずにできたのに

溶解型酸素は富山の助産師さんから陣痛がきつい時にお母さんに飲ませたら胎児の
心拍が強くなるということを
普段は命の水に酸素サーバーで溶解型酸素を溶かし込んで飲んでいるので、溶解型酸素の
原液は急場の時にしか使っていなかったのでうっかりしてしまったのです

nahoにはとにかくしっかり飲んでもらいました




結果次の日の午前中に
お産になりそうにないし、赤ちゃんも回復しているので絶対安静ができるなら退院していいと言われたのです♪
よっしゃ~ということでとっとと退院をしました

夜から次の日の午前中までの入院で!なんと!77500円の請求!!!。。。。。。。

そして二日後。。。



今回お世話になった助産院です。和歌山市内にあります
ここまではそこそこ距離があるのですが、大阪南部にはかかりたい産婦人科もなければ
助産院も皆無で和歌山の方が意識は高いなと思います

こちらは長女ちゃんの時にお世話になった助産師さんと初対面の時に利用させてもらいました

次女にとっての2回目のお産はどうしたいか、また長女ちゃんの時同様私も長女luccaも
口出しせず次女nahoが決めました
長女ちゃんがいるので自宅で産みたいこと、岡本先生にお願いしたいこと
只、水中出産は受けてもらえないので陸(おか)でのお産です
まぁ仕方ないわねぇ。。。

かかり始めて早々、妊婦健診や両親学級の時の資料や勉強内容に感動しました
ここまで私たちの考えと同じ助産師さんがおられたんだ!!!と



岡本助産院

それとまたまた驚いたのが問診の内容
旦那さんとnahoの誕生の状況や、病傷歴、予防接種の内容と受けた時期などはもちろんだけれど
お互いの両親や祖父母に至っての病歴や死因などなど多岐にわたって細かい細かい質問に
本当に驚きました。が私も『妊娠してからでは遅すぎる』の本をずいぶん昔に知って読んでいたので
すぐに理解ができました













岡本先生からいただいた資料
妊娠中の諸注意やお産や胎児・新生児に関してはどこも母親学級でするでしょうが
大きく違うのが母乳について・合成洗剤のこと・予防接種についてワクチンに含まれる成分
フッ素について遺伝子組み換え作物について・免疫のしくみ等等私のブログの記事とかなり重複
しているのが嬉しかったのと
もっと嬉しかったのがK2シロップの中身について
私たちの考えはK2シロップを絶対に飲ませたくないということ、病院では否応なしに与えられてしまう

助産院でも与えるところもあるんじゃないかな、長女ちゃんの時にお世話になった助産師さんは
断った時に困った表情をされていたので。
K2シロップにしろワクチンにしろ赤ちゃんにとってどれだけリスクがあるか。。。。。(怒)















私の足湯サロンに置いてる本と同じのがたくさん♪






岡本先生はホメオパシーでアプローチをされている、私ももし冷えとり健康法に出会ってなかったら
きっとホメオパシーを選択していただろうな



nahoの日常は最強のおかん(わたくし^^)に18年前から散々勉強させられているので
岡本先生のお話は全部理解できるし既に実行してるので先生もなんとなく判られたのか
nahoには全然注意はなかったそうです^^
先日サロンにこられた方のお嫁ちゃんが岡本先生にかなり注意されたと言われていました
一般的には日常あまり関心がなかったりテレビや雑誌での情報を鵜呑みにされていたら
先生のお勉強の内容は驚くことばかりでしょう。

愛知県の吉村先生も嘆かれていました。そして現代は自然分娩が難しくなってしまったとも
その原因を説かれる岡本先生のような助産師さんが増えることを願うばかりです

そして私も冷えとり健康法をアプローチしてどんどん情報を届けたいと思っています




次女が二人目を懐妊しました
二人目を切望するもなかなかやってきてくれず
半ば諦めていた時に。12月にふいに

長女ちゃんの時のように逐一記事を載せようかとも思ったのですが
何かと忙しさが増していたことと日常の流れがどうしたの?
と思うくらい早く過ぎていくのです

今回は長女ちゃんがいるので自宅出産をすることに
(前回は私んちで水中出産でした)只、水中出産は受けてもらえないので
陸(おか)で生むことになりました

初期はやはりつわりもなく長女ちゃんの時と同じような流れでした
あっという間に後期になっていました。大げさなようですが
本当に今回は時間の速さを実感しました

この日は34週
今回坐骨神経痛になって腰痛がきついので助産師さんに推薦してもらった治療院へ
仙骨の歪みがあるそうです






こちら和歌山市内にある助産院
また詳しく書きますがここの助産院超おススメです♪






検診の帰りは薬膳カフェへ
安心のお味でした






















助産師さんに処方してもらったレメディを買いにオーガニックマルシェへ






ホメオパシーでのアプローチ






ほとんど土地勘のない和歌山市内は慣れていないので
走るたびにどっと疲れたぁ







長女luccaに川の土手に山羊さんがいっぱい居てるねん
と聞かされていたのだけれどいつも見つけられず
今回やっと発見!長女ちゃんが動物好きなので寄り道を^^







何故こんな所に沢山の山羊さんたちがいるのか不思議
鎖重たいんちゃん!










草食べ放題やね〜しかも無料やし^^











次女妊娠中の一コマでした。次の週に。。。。。







昨日の8月15日和歌山県にある助産院で
午前9時47分に次女nahoが第二子長男を出産しました
旦那さん、長女luccaと私の3人で見守りとても感動的なお産でした
35週の時に少し心配する出来事があったので自然分娩できたことが感無量でした
また詳しくは改めて記事にしたいと思っています

2009_0731m0018.jpg
出産の日の  日の出前の空


nahoの
べびちゃんが予定日より12日早くこの手に来てくれました(感涙)
まっかっかな赤ちゃんです

7月29日 午後4時9分
  なんと!長男と同じ誕生日!!

身長 47・5センチ
体重 3060グラム

なかなかりりしい女の子*^^*

2009_0731m0034.jpg



29日12時過ぎから不規則だけど痛みが来てると
nahoから電話が入り、様子を聞いてると前駆陣痛ではなく
本当の陣痛のように思ったのでとりあえずこちらに来るように言う

1時半、助産師さんに電話を入れluccaにも連絡する

3分間隔になったらまた連絡くださいとのこと

そこからは初産婦であるのでかなり時間がかかるので
仮眠をとりに2回寝に行ったのだけどまったく眠れず
結局一睡もせずnahoに付き合っていた


いざお産になるとどういうタイプなのかそのときにならないと判らない
nahoは本当に冷静に自分の体の中で起こっている状況を
味わいながら陣痛を体験していた
何と言っても初めての事なので何もわからないまま
自分の感覚しかない
そんな中でベビちゃんが苦しくないように辛くないように
気遣ってるnahoがいじらしく涙が出そうだった

IMG_1159.jpg

お風呂場の窓を覆うべくダンボールを切る
IMG_1030.jpg

命の水を補給しつつかいがいしくそしてずっと寄り添うだんなさん
nahoは幸せ者だわ^^
IMG_1112.jpg


IMG_1050.jpg

水中と陸と交合に出入りをしながらその時を待つ

IMG_1051.jpg

そしてその時が 
もうもう感動しか言葉がみつからない
無事に生まれてきてくれてありがとう!!
IMG_1163.jpg


ずぅっと眠ってて無駄泣きをしないとっても穏やかなベビちゃん
よく来たね いっぱい遊ぼうね♪
2009_0803m60030.jpg

父ちゃんはオムツ洗いからお風呂入れから甲斐甲斐しく世話をしてくれる
よかったね^^

2009_0801m30011.jpg

この日に立ち会ったメンバー
長女と孫4人、私の姉夫婦と姪、婿さんのお母さん、長男、私と総勢12名
昔ながらの大家族のお産に近い風景
今時珍しいわね

生まれてくるのを待ってる孫達

IMG_1027.jpg

今回のお産体験は私達の常日頃の信念をもっと強固にする貴重な体験となりました
妊娠・出産と女性にとって命がけの体験
それが素晴らしいものであるようこれからも縁した人たちに活かしてもらえるべく
精進していきたい

感謝!!



プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。