冷え取りライフ

Entries

Category : 冷え取り

2008年6月12日の記事を再アップします
丸9年前の記事です
今にも通じると思うので良かったら読んでやってください






私には現在27歳 24歳 19歳の3人の子供がいます
3人が3人とも小さい時から身体が弱く 病院通いが欠かせませんでした
おまけに全員入院経験があります(涙)

21歳で一人目を産んだとき、何も判らないので
育児書の書いてある通りに子育てをしていました

日光浴をさせたり 3ヶ月で果汁を与えたり 4ヶ月で離乳食を始めたり 
それもきっちり手間ひまかけた手づくりで

そして赤ちゃんは体温が高いので熱を放出させるために
靴下ははかせてはいけないんだ!!
なんて思っていました

それでもしょっちゅう病気になる子供達に こんなにしっかりきっちり子育てを
しているのに何故私の子供達はこんなに身体が弱いんだろう
と何度も悲しくなりました

冷え取り健康法を始めた時からたくさん勉強したのだけど
勉強すればするほど私がしていたことはほとんど間違っていたことに気づかされました 
かえって子供達に申し訳ないことをしていたことが判明し 

「何も知らなかった事があなた達にしんどい思いをさせてしまって本当にごめんなさい」
と子供達に謝りました

なので私の経験したことを 自分のできの悪さをお話しするのは辛い面もあるのだけれど
そうすることによって一人でも多くのお母さんの参考になればな という思いで
ブログを書いています


先日、電車に乗ったときに昔の私がしていたであろう光景がありました

4人が向かい合わせになる席に座っていたら
斜め向かいに生後10ヶ月位の赤ちゃんを抱いた女の人が座ったので
何気なく見ると、赤ちゃんの着せられている服が半そでのつなぎの服で
太ももから下は生足 おまけに靴下もはかされていない

日中はさすがに暑いな と思う日も多くなったけれど
夕方になると肌寒くなる
おまけに電車の中はエアコンがかかっていてブワーっと
冷たい風がかかりとっても寒かった

もうその赤ちゃんの姿を見れなくて…  気の毒で…
目をつむり心の中で

『ううぅぅ 寒いやろな~~!!透明の鼻水流れてるし 皮膚はまだらになってるし 
顔や体中湿疹がいっぱい…!
お母さんまで真夏じゃないのに短パンはいて生足…
(このお母さん便秘だったり生理痛きついんちゃん!!)
赤ちゃんにズボンはかせて靴下はかせてあげて~
そしてバスタオルかなにか巻いたってほしいよぉ!!あ~~~』

などと悩みながら目を開けると
その赤ちゃんが私をじーっとみつめてニコニコ笑ってくれた

『おばちゃんの心の叫びが聞こえたんやね^^』と心の中で話し掛けた


あんまりみているとお母さんがいぶかしい表情になったので
車窓に目をやったり、また目をつぶったり

すると赤ちゃんが大きなくしゃみをして、ズルッと大量の鼻水が垂れたんだけど
荷物はドアの所に立っている旦那さんが持ってるらしく
仕方なく指で取ってたので ティッシュを差し出したら
無言で受け取り拭いていた
 (おもいっきりお節介なおばちゃんしてしまった…)

相変わらず赤ちゃんは私を見てニコニコしてくれた
あ~この赤ちゃんは近いうちに下痢になるか風邪をひいて熱が出て
当然病院に連れて行かれ、点滴を受けるか抗生物質を飲まされることになる可能性が高いな~
肺炎になることもありえるし…
(私の経験したことです)

どうぞそんな苦痛を味わうことになりませんように!!と願わずにおれませんでした
この子のお母さんはエアコンが、そして急激な温度変化が
どれだけ我が子の身体に悪いのか
きっと知らないんだろうな… と思います

その他にも いつもエアコンのおもいっきりきいたスーパーなどで
すっごい薄着でバギーに乗せられてる赤ちゃんを見かけるたびに
心が痛みます…。


私は12歳のときクーラーのタイマーが壊れていて、目覚めたとき震えるほど寒くて
それが原因で風邪を引き1年間治らず 結果急性腎炎になり
何年も病院通いを余儀なくされました
大好きだったスポーツも停められ、そこからもっと身体の不調が続いたのです

今回の事も仕方のないことなんだけど
それがどれだけ赤ちゃんの身体に良くないのか
 電車で出会ったお母さんには言えなかったけど
せめてこのブログを目にした方には知ってもらいたくて記事を書こうと思いました


自然でないエアコンの冷たい風は
大人には心地いい涼しさであっても
赤ちゃんや子供には苦痛でしかないのです
冷蔵庫の中にいるような


その冷気は暑さで開いている毛穴から体内に入り、おもいっきり冷えてしまう
当然内臓機能低下や自律神経が乱れるよね
(大人にも当てはまる)

下痢したり・便秘したり・しょっちゅう風邪引いたり・熱が出たり・
アトピーになったり・何をしても泣き止まなかったり
まだまだ色々

薄着で育てるのは賛成だけど

(頑なに靴下を絶対にはかせてとは言いません
レッグウォーマーで調整してあげてほしいです)

体温調節の未熟な赤ちゃんや小さい子にはおもいっきり負担がかかることを
知ってもらいたいです


以前にも書いたのだけど

人間の皮膚には汗の出る穴(汗腺)があります 通常200~500万 
かなりの差があるよね その数の違いは小さい時にできるだけ自然に沿った
生活をさせてもらい(いわゆる昔ながらの生活)
いっぱい汗をかいた子供にたくさんの汗腺が発達するそうです

汗腺の数が少ない人は熱中症になりやすいんだって


汗腺の役割って何?
体温調節 汗による毒だしなど

汗腺の数は2~3歳くらいで決まるそうです
(ただし冷えとりをしていると汗腺の少ない人でも汗腺が増えるように思います
私は冷え取りをするまで汗がだらだらと流れた記憶がないのだけど 
冷え取りをしてからたくさん汗をかけるようになりました)

赤ちゃんの時から 暑いのはかわいそうだ あせもができたらかわいそうだ などで
常にエアコンのきいた生活をさせていると汗腺が発達しにくいそうです
その結果身体の弱い子になって先々色んな病気でその子が
苦しむことになる可能性の方が大きいので我が子が大人になった時
健康であるように小さい時期の生活がとっても大事であることを知ってもらいたいです


それと夏の真っ盛りあせももできずきれいな肌のほうが不自然なんじゃないか
目先のきれいな肌よりきちんと毒だしのできる体作りをしてあげてほしいです

ただ一つだけ昔と違うことがあって 最近異常気象で気温が35度や38度
なんていうありえない高温の日があるので家の中にいて
熱中症になったりする大変な時代になってしまったので
そんな時はエアコンを上手に利用するほうがいい場合がでてきたと
残念だけど思います
そんな時はエアコンの設定温度を28度~30度位におさえて扇風機を
駆使したらいいようです



冷え取り健康法の武器を持っていると外出時、エアコンの影響で身体が冷えても
家に帰れば足湯器で足湯をさせたり、自宅温泉に入れたりと
冷えた身体を温めてやることができるので 赤ちゃん・子供と
お母さんの苦痛が軽減され子育てにもゆとりができて大助かりなんです

(現在2017年 2番目の孫は中学2年になりました)
20070903192339.jpg



20070902150104.jpg


冷え取りアイテムのカタログを無料でお送りします
ご希望の方は
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 

常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら
折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします
情報をシェアします
私の実践している冷え取り健康美容法は
またの名を『排毒健康美容法』です

入ってくるあらゆる毒素を冷え取りアイテムで体外に出しましょう


制汗剤のアルミニウムに注意

蒸し暑くなると、脇が汗ばむ季節です。
この時期は、店頭にたくさんの制汗剤が売られています。
そして、脇の臭いを消臭しようと、多くの人が制汗剤を使用していることでしょう。

制汗剤の多くは、デオドラントという薬剤が配合されます。
これには、汗の分泌を抑制する塩化アルミニウムが配合されることがあります。
塩化アルミニウムは、脇やその周りから経皮吸収されやすい物質の一つです。

ある研究では、4年間制汗剤を使用している女性の多くに高アルミニウム血症
が認められたことが報告されています(Am J Med. 2004;117:956-959)。
制汗剤の使用をストップしたところ、その後、高アルミニウム血症は
ほとんどなくなったそうです。

塩化アルミニウムは、汗管内に一時的なプラグを形成して皮膚表面への
汗の流れを止める作用があるため、デオドラントに配合されます。
ところが、いくつかの研究では、乳房近くの皮膚に残留した塩化アルミニウムは、
皮膚から吸収され、そのあとエストロゲン様の内分泌かく乱作用を
引き起こすことがわかっています(J Inorg Biochem. 2005 Sep;1912-9.)。
エストロゲン作用は乳がん細胞の増殖を促進してしまいます。

こうして、過剰なアルミニウムは、DNAの傷害やミトコンドリア機能を低下させ
(TCA回路での阻害や電子伝達系の酵素の阻害など)、
さらにエストロゲン様作用もあり、特に若い女性の使用においては
乳がんとの相関も指摘されています(Eur J Cancer Prev. 2003;12:479-485)。

基本的にアルミニウムを吸収した場合、生体にはそのデトックス(排泄)
機構がありますが、現代人がアルミニウムを曝露する機会はあまりにも
多くなってしまったため(アルミ缶、調理器具、化粧品、制酸剤、イーストフード、
ワクチン、添加物など)、各組織に蓄積してしまっています。

さらに、アルミニウムは胎盤や母乳を介して、胎児や乳幼児に移行しやすい
成分でもあります。幼児は大人のようにアルミニウムのデトックス機構が
確立されていませんので、大きく悪影響を及ぼしてしまいます。

アルミニウムはそもそも肝臓に蓄積しやすい金属とされていましたが、
胎児の場合、肝臓よりも脳の方に移行しやすいことが近年の研究でわかっています。
そのため、曝露した胎児は、神経毒性を引き起こし、成長の過程で、
発達障害や多動性などの症状が見られます。

以上のように、制汗剤をはじめアルミニウムの過剰な曝露はとても危険です。
そもそも制汗剤を使用しなければならないほど、脇の体臭がきつい方は、
まずその根本原因を正していくのが得策かと思われます。
アルミニウムを含んだ製品の安易な使用は避けた方がいいでしょう。

転載終了

日々あらゆる物が不可抗力で入ってきますね
減らすことはできても完全にシャットアウトすることはできない
だったら出しましょう

冷え取りアイテムのカタログを無料でお送りします
ご希望の方は
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 

常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら
折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします
冷え取り健康美容法を開始するにあたって、
今までの習慣を少し?変えました。

冬の高温浴と夏のシャワーのみを止めて、
湯温を38~39度に、そしてできる限り朝と夜入浴すること。

湯温に関しては入浴剤で体感温度が上がるのでクリア。
ただ、朝入浴するのは習慣化するまでは時間がかかったかな。
2009・3・25の記事を再掲します


3日前から熱が出ています。
その前日喉に違和感があり、体が普段よりだるかったのだけれど
無視しておりました。厳密に言えば関係ないのだけれど。

目覚めたときから喉が塞がったようになっていて
頭や節々が痛い
これはきたかな?

昼頃まで布団でごろごろしてたけど
手当てをしなくっちゃと降りていく

普段私達家族は熱があっても計りません
温度を知ってしまうと「わっ!39度もある!!大変!!!」
ってことで余計にしんどさが倍増したりすることもあるので



季節の変わり目
特に春が1番毒出しが活発な季節
寒い冬は代謝が落ちて溜め込む季節

汗をかく機会も少ないし

運動不足になりやすかったり(寒いから外に出ないで炬燵で過ごす)

空気が乾燥しているので体内も水分不足になりやすい
 (寒さで喉の渇きが鈍くなって生水を飲む量が少ない)

ご馳走を食べる機会が多い(クリスマスにお正月、忘年会に新年会)


代謝が鈍い分毒素の解毒がおっつかず
毒素を排出してくれる役目のお水も少なく

身体を冷やしていた方は特に毒素が溜まりやすい


そして春
花粉が飛び交い、あくの強い野菜も登場
これらは排毒を促してくれる物、きっかけなのです。

肝臓に溜まった毒素は湿疹やアトピーや鼻水やくしゃみなどの症状で排出するので
せっかく出してくれてるので薬などで止めて
また無理やり毒素を体内に戻さないでね

違った形になって(病気)出てこられるとかえって大変

花粉がいっぱい飛んでるのに
何故全員が花粉症にならないのでしょう
色んな理由はあるでしょうけれど

毒素の排泄力の違い 食生活の違い 免疫力の違い(腸)

よく風邪は目の敵にされるけれど
これも一つの拝毒手段

身体に溜まった毒を出したい為に、わざと身体がウイルスに感染して
毒素を出そうとする
骨折も捻挫も
そう思えば身体って凄いなって思う


さて今回の私の発熱
貧血がきつい私は高熱を出す力がなくて(前回高熱が出たのっていつだったか覚えていない)
微熱程度でだらだらと毒だしをしてたのに
今回はなんと38度も出せたんです。面白いので計ってみた
欲を言えばもう少し出て欲しい

体質の良い元気な孫たちは、年に1~2回
39度近い熱をカッ!!と出してスッと下がってはいスッキリ
なんですもの

もしかして38度出せたということは若干若返ったんじゃぁ
な~んてちょい根拠があって言っとります^^

手当てとして
○もちろん温泉になる入浴剤をたっぷり入れジェットのお風呂に2回入り
   (冷え取りされていない方は真似をしないで下さいね
   ただ、風邪を引いたらお風呂に入らないのが当たり前なのだけれど
   そうすると血流が悪くなるので治るのに時間がかかる
   なので上はシャツを着て湯温は40度位で、腰湯をされることは
   おすすめします。あまりの高熱の時はどうかと思うけれど)
   熱がある時は深部がなかなか温まりにくくすぐに寒くなるので
○寝た状態での足湯を何回もする
   (お陰で昨日は足湯をしながらWBCの観戦がゆっくりできた^^
   元気だったら仕事でできなかった)
○排毒効果の高い水を沢山飲んで
○血液を強化してくれるサプリを飲み
○痛みを和らげてくれるクリームを塗り


お陰で今日はずいぶんスッキリしました
もちろん薬は一切飲みません

冷え取り健康法を実践していても病気にはなったりします
生きてるので当然といえば当然

でも苦痛の時間をショートカットできるのはありがたい
かく言う私 たった3日ほどで
「あ~んもう しんどいの飽きた!!」
とほざいております。
なんだかんだ言っても長患いはつらいですものね

さぁ!冷えとりで本来人間に備わった治るしくみを発動させましょう!





私が21年間、ライフワークに取り入れ仕事にもなっている「冷え取り健康法」を
改めてご紹介していきたいと思っています。

先ずはきっかけです

冷えとりという言葉を知ったのが平成8年。
当時3歳上の姉が自律神経失調症でキツい薬を8種類も飲んでいて、
副作用でムーンフェイスになり、排尿時激痛が起こっていた。

見かねた姉の友人が、自分が2年前から冷えとりをしていて
肝臓がんが良くなったのでと教えてくれ、方法を姉二人が聞きに行った。

冷えとりの方法を聞きに行った2日後、上の姉が腎盂腎炎を発症。
何度も繰り返していて、入院して点滴等行っても1週間は熱が引かず、
最低でも1ヶ月は毎回入院が必要なので薬を貰って帰宅。

冷えとりを試してみようと販売してる方に来てもらう。
寝ながら足湯をして全身にジェルを塗ってもらいすっぽんの全卵のサプリを飲むと!

2時間ほど経つと熱が下がりだしたようで、お腹がすいたと言い出した。
結果、39度の高熱だったのが2日後には完全に平熱に下がり、
4日後に病院に行くと、医者は薬がよく効きましたね!と喜んでいたが、
薬は吐いたので一切飲んでおらず驚きでした。

腎盂腎炎が回復したその後水を沢山飲み尿道に内視鏡を入れ
立って排尿をする大変な検査を受け一匹でも菌が逆流していたら
腎臓を摘出すると言われていたのがなんと!

一匹もなく手術を免れました。この姉の体験により家族全員が冷え取り健康法を開始しました

2007・5・6の私のブログの記事です↓
冷え取りをしたきっかけ


Facebookをしていると過去記事を思い出させるがごとく
何年前の今日ということで記事が蘇る。
今日も3年前にアップした記事が出てきて懐かしく思った

55歳の私が微笑んでいるわ~~

ビューティスプリングパーティーにご招待いただき
プロの方にメイクと髪をセットしてもらった

当時の記事に載せた私の感想

岐阜から帰宅~。
代理店になって丸16年。会社へセミナーだったりお風呂体験ツアーだったり
講演会だったりと数百回参加してきていつも思うことは

社長はじめトップの方々の会員への思いの深さにいつも感動させられる。
冷え取り健康法を提唱してるのでやはり病気の方だらけ。
その方々が元気になり周りの方たちを助けていく姿を数限りなく見たり
この会社の姿勢を見続けてきた。とにかくほんまもんの商品を追求し続け
こだわってきてこそ大勢の方に結果が出て助けられている。

かくいう私や私の家族もだ。
人の喜びが自分の喜びという会社の方々の姿を見て私も見習いたいと
いつもエネルギーをもらってる。ここに縁ができて本当に良かった。
ただ。。。あたくし目が半開きなんですけどぉ。。。

あれから3年。今も冷え取り普及したいおばさんは燃えております♪


【風呂は食器洗い洗浄機ではない!!
入浴を“体を洗う”と勘違いしている人があまりにも多い!!】
 
入浴の目的を体の『洗浄』と思っている人があまりにも多いです。
洗浄はあくまで目的の一つです。
入浴の最大の目的は、体に水圧をかけること、そして体温を上昇させて
末梢循環をあげること及び免疫力をあげること、そして浮力で体重を軽くすることです。
 
西洋医学では、体の末梢循環を下げることはできても、末梢循環を上げることは
不可能です。ロキソニンやボルタレン、市販のセデス,バファリンなど
NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬、解熱鎮痛剤)は、全て末梢循環を悪くします。

女性が生理痛でNSAIDsを飲めば飲むほど、子宮内膜の血液循環が悪化しますので、
生理痛はどんどん悪化し、まさに悪循環になります。
 
また、ステロイドもNSAIDs以上に血液循環を悪化させますので、
アトピー性皮膚炎などは、使えば使うほど皮膚症状は悪化して
汗腺が減少して皮膚からのデトックスもできなくなってしまいます。
末梢循環が悪化すれば、末梢の体温まで下がり、冷え性にもなってしまいます。
 
しかし、漢方薬であれば、末梢循環を改善することが可能である事に加え、
西洋医学では不可能な(西洋医学の医師には想定外の事実ですが)、
体温上昇をすることが可能です。八綱弁証により証を立ててから投薬しますが、
たとえば十全大補湯などは平熱を37度ちかくまで上げることが可能です。
体温が1℃さがると、白血球機能(免疫)はなんと37%も低下、
基礎代謝は12%も低下、体内酵素の働きは50%も低下します。
当然、癌やアレルギーを発症しやすくなります。
 
入浴不良の生活習慣の患者様は、当クリニックにも沢山きています。
たとえば、4~5年シャワーしかあびないでいたら、30代で乳がんを2回も再発
(つまり、3回癌になっている)、20年以上風呂につからず、洗うだけという方が
多発性萎縮症に罹患している60代の方、10年以上シャワーだけで直腸癌になり
末期でなくなった方、仕事がおわったらキンキンに冷えたビールを冬でものんで
入浴しないでそのまま寝て胃がんで亡くなった方など沢山います。
 
入浴の目的は、末梢の血液・リンパ系の循環をよくして体温も上昇させ、
癌の予防やアレルギーの予防をすることです。ですから、低温の風呂に長く入っても
リラックスすることはあっても、深部体温が上昇しなければ無意味です。
 
むかしの銭湯などは、みな43℃くらいという、高温でした。40年以上まえは、
こんなに癌やアレルギーや自己免疫疾患はありませんでした。
HSP(Heat Shock Protein)というものがあります。熱ショックタンパクと言い、
大やけどや大けがをしたときに分泌され、場所や組織を問わずに修復する
タンパク質です。掌蹠膿疱症などでは、このHSPの異常修復が手のひら足の裏に
でることが知られていますし、重度の歯周病でも掌蹠膿疱症になることがわかっています。
 
このHSPを産生するのが、じつは熱い風呂に入ることなのです。
熱い風呂にはいると3日目にHSPがピークになります。
正しい入浴は、これらの疾患の予防や治療にすらなるのです。
 
入浴のもう一つの目的は体に水圧をかけること。
水圧がかかることで、むくんだ下肢(ふくらはぎなど)に貯まった疲労物質を体内にもどし、
腎臓で濾過して排泄を促します。水圧がかかることで、腎臓にも膀胱にも圧力がかかるので、
おしっこが出やすくなるからです。
 
よく、小さな子供がお風呂に入れるとおしっこをするのがこの理屈です。
最後は、浮力によって重力から解放されることです。アルキメデスの原理で、
風呂に入ると体重は十分の一に減ります。浮力がかかると造血能があがり、
新しい血液がうまれます。当然、免疫力もあがりますし、貧血にも対応可能です。
 
貧血の女性が、ぬるい風呂で半身浴をして上半身の体温をわざわざ下げ、
浮力もかけないで造血をせず、むしろ乳房の温度をさげて乳がんを発症させるような
生活習慣をしている方を当クリニックでも散見します。
 
風呂は熱い温度で顎までつかり、浮力をうませて水圧をかけてはいるのがよいのです。
低体温はうつ病にも関与すると言われています。
末梢循環を改善し、体温を上昇させてうつやアレルギーや癌、
自己免疫疾患などにならない、36.5℃以上の平熱にする習慣を、
正しい入浴は作ります。

転載終了

そうなんです、入浴の目的はHSPを出すことなんです
ただ、けっこう大変で水銀の体温計を舌下に咥えて体温が38度に上がるまで
高温浴をして、上がってからは冷めないようにお布団に入ります
それを三日続けてその後はぬるめのお風呂に入ります

このローテーションを自分で管理します
たとえ自分はできても子供さんやご主人やおじいちゃんおばぁちゃんはどうでしょうか?
私の冷え取りは超音波気泡浴を取り入れているので、赤ちゃんも妊婦さんも
動物もみんな只々温度管理せずお風呂に入っているだけで済むので
ここが冷え取りを21年続けられています
とにかく理屈無く気持ちがいいのです♪

ご興味のある方はご連絡ください。
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします



このジェットため息が漏れるほどほんと気持ちがいいのです~~♪

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり