冷え取りライフ

Entries

Category : 情報

病院が高血圧治療を始めて30年、血管障害が減りガンが増えた理由

温泉に浸かるとゆったりした気分になり、血の巡りが良くなり、
ハッキリと元気が戻ってくることを感じます。
なぜ、温泉に浸かると「良かった!」と思うのでしょうか?
それは、体温が上がり、血液の粘度が上がって血流が多くなり、
同時に体の表面が暖まるので代謝が盛んになり、
人間の生体反応が順調になるからに他なりません。

現在はすでにエアコンが普及していて、夏も冬も同じような生活が
できるようになっていますが、ちょっと前まではものすごく暑い夏と、
厳しい寒さの冬が人間を痛めつけたのですが、その中でも老人や
赤ちゃんなどの体力が弱い人にとって「夏は楽だが、冬を越すのは厳しい」
というのが現実でした。

真夏の暑い日の昼、老人がよく外に出て庭仕事などをしていましたが、
熱中症で亡くなる人などほとんど居なかったのですが、「冬は越せない」
というのは普通でした。動物の多くも春に出産をしますが、これも
「厳しい冬を目前にした秋、まして冬にはお産はできない」ということだったからです。

これら全ては「動物にとって血流と代謝が大切」であることを示しています。
その血流と代謝を盛んにするのが「高い血圧」です。水道水を送ろうとすると
強力なポンプが要るように、液体を輸送するには「ポンプで高い圧力を作る」
ことが大切です。人間ではポンプは心臓で、圧力は血圧で示されます。

血液は全身の毛細血管にくまなく送る必要があり、そのためには水銀柱で
140mmHg程度(普通は単位を使わずに単に140という)は必要です。
一気圧は760mmHgで、水で言えば10メートルの高さまで上げることができます。

人間の体は大きい人で180cmぐらいですから、計算上は760*180/1000=136.8mmHg
が必要な圧力となります。
現実には心臓が胸についていること、人間は多くの動物と違い二足歩行であること、
女性は普通は身長が低いことなどから、いろいろ相殺して結局140ぐらいになるということです。

ところが歳をとってくると、体の全ての場所が「固く」なります
赤ちゃんの時には皮膚も関節も本当に柔らかく、全身がお餅のような感じですが、
老人になりますと枯れ木のように固くなるのも仕方が無いことです。
血管も同じで、若い頃の柔らかい血管が硬くなり、血液をスムーズに送ることが
できなくなります。

でも、血は必要なので、心臓は仕方なく血圧をあげて血の巡りを良くしようとします。
人間が誕生してからずっと、自然の摂理、歳をとったら体が固くなるのは仕方が無い
とあきらめて、血圧を上げてきました。日本人の場合、1年歳をとると血圧が1.0あがるので、
50歳で140としますと、60歳では150、70歳では160と上がってきます。それが当たり前でした。

ところが、血管障害を防ぐことだけに熱心な医師が増えて、血の巡りはどうでもよいから
血管障害だけを防ぎたいということになり、さらに降圧剤(血圧を下げる薬、
別の説明をすれば血流を悪くする薬)が儲かることもあって、血圧を130にするのが
当たり前になりました。ここ30年ぐらいのことです。

そうなると、血の巡りが悪くなり、酸素不足(すぐ息切れがする)、栄養不足
(元気が無い、疲れやすい)、白血球不足(病気になりやすい)、免疫物質不足
(ガンになりやすい、カゼを引きやすい)になって、血管障害は減りましたが、
ガンや認知症などがものすごい勢いで増えてきました。

血圧の関係する脳血管障害が最も多かった昭和45年頃、10万人あたり
180人が脳の血管が破れて亡くなったのですが、その後、血圧を下げてきたので、
脳血管障害で無くなる人は100人に減りました。その代わり、ガンが100人から280人、
肺炎が100人と増え、血圧を下げたことで病気が減ったのではなく、
病気の種類が変わっただけという結果になりました

血圧は本当に低下させていいのか。認知症や寝たきり老人が増える要因にも


血圧を下げれば血流が悪くなり、血管は破れないけれど、ガンや肺炎が増えるのは
普通のことで、医学的に難しい問題ではありません。ただ「縦割り医療」で、
血圧の医者は血圧のことだけを考えた結果、人間というものがどういうものか
を忘れていたのです。

また、血圧と食塩はあまり強い関係性はないのですが減塩食があたかも
血圧を下げる万能の方法だという間違った情報を蔓延させたのも大きな問題でした

塩(塩化ナトリウム)は海から陸に上がってきた人間にはとても大切なものなのです。

生き物は血が巡り「温かく生きているもの」で、冷たい体の「冷血動物」は
死んでいる状態です。
ガンや肺炎のほかに「認知症」や「寝たきり老人」も日本人に特に多いのですが、
これも血圧に強く関係しています。人間の脳は激しく活動していて、
体積は小さいのに全身を巡る血の4分の1も使っています。だから、血流が悪くなると
脳の働きもダメになり、物忘れ、記憶力の低下、さらにそれが進んで新しいことを
覚える意欲の低下、そして最後は気力を失って寝たきりになるということです


命の源になる血の巡り、それを低下させた医療行政の間違いはとても
大きいことがわかります。
むしろ、血管を強くする生活や食事、
血管の破れを防止する方法や薬剤など、血流を減らすのではなく、
維持しながら血管が破れることを防ぐのが本当の医療というものです。

転載終了

以前は年齢に90を足した数字が正常な血圧と言われていたのに。。。
冷え取り健康美容法はつくづく理にかなっているなと思います


【消臭スプレーを使うと老化が進む】

CMでおなじみの消臭スプレー。身体の中に除菌剤が侵入すると、

白血球が除菌剤と戦う為に、活性酸素が生じて老化が進み、

結果的には皮膚も傷めます。

さらに、頻繁に使う人には頭痛持ちが多く、

子供も守るどころか反対にアレルギー体質化を促進させてしまいます。
興味深い記事を見つけたのでシェアします

日本人の死因と日本食生活史年表
 
 縄文時代 大陸より稲作技術渡来
  奈良時代 一部の貴族階級では白米常食となる
  平安時代 貴族に脚気流行
  江戸時代 江戸、大阪で庶民の間にも白米常食による脚気流行
  明治5年 明治天皇、肉食奨励のため初めて牛肉を食べる
  明治10年 西南戦争で脚気患者多数発生
  明治27年 日清戦争で脚気患者多数発生
  明治34年 ベルツ、人力車の車夫の食物と労働耐久力について発表
  明治37年 日露戦争で脚気患者25万人
  明治41年 「味の素」発売
  明治43年 村井玄斎夫人、脚気に炒り糠入り味噌の常食が効用有と説く
  大正2年 遠山椿吉、脚気予防に5分づき米を推奨
  大正3年 玄米食が推奨される
  大正7年 空前の米騒動始まる
       原内閣、高い米の代替にパンの代用食運動を推進
  大正8年 脚気予防に玄米パン、糠入りパンが発売
  大正12年 脚気死亡者2万6796名
  昭和6年 二木謙三、玄米普及食堂を開き、講習会を行う
  昭和18年 配給米が五分づき米となる
  昭和19年 六大都市の国民学校の給食、パン食のみとなる
  昭和25年 「タンパク質を摂りましょう」運動
       「ビタミンを摂りましょう」運動
       池田隼人大蔵大臣「貧乏人は麦飯を」発言、問題化
  昭和27年 完全給食を全国小学校に拡大実施
 ※昭和29年 アメリカでPL480法案(通称、余剰農産物処理法)成立
  昭和29年 農林省、アメリカ余剰農産物購入協定調印
       学校給食法制定
  昭和30年 粉食指導に全栄養士参加
  昭和31年 キッチンカー活動開始(5年間で2万会場200万人動員)
       小麦粉と大豆油の料理を栄養改善運動と称し大キャンペーンを行う
       コーラ発売
  昭和33年 厚生省、国民栄養調査4人に1人が栄養欠陥
       インスタントラーメン登場
       厚生省「六つの基礎食品」普及活動開始
  昭和35年 大豆の輸入自由
  昭和36年 「1日1回フライパン運動」を普及
  昭和38年 文部省「義務教育学校給食諸学校ミルク給食推進本部」設置
       「タンパク質が足りないよ」のコマーシャルが大流行
  昭和55年 スポーツドリンク盛況
  昭和56年 「過食時代の栄養失調の子供増加傾向」と警告
  昭和60年 政府食生活指針で「1日30品目」提唱
  平成9年 厚生省、糖尿病実態調査で患者数は予備軍を含め1,370万人
       減反政策強まる


日本人の食事は1956年(昭和31年)から西洋食が普及し、と日本人の死因が変わりました。
1947年の死因は結核、呼吸器感染、胃腸炎、脳血管疾患、老衰でした。
現在、悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、肺炎、不慮の事故1958年(昭和33年)から癌、
心臓病、脳卒中と死因が変わりました。

現在、老衰でなくなる方は2,8%200人にたった5人?特に1970年以降からは
食生活の欧米化と化学物質(添加物、医薬品)で、腸内細菌がダメージを受けて、
アレルギー等自己免疫疾患が増加しています。

情報元内海医師

面白い♪と思ったのでシェアします


子どもの野菜嫌いは天才の証拠

幼児の多くが野菜を嫌います。
今日はその理由を科学的に検証していきましょう。

ウエスタン・シドニー大学の2002年の研究で、子どもは成人に比べると、
味蕾(みらい)の密度がより高いことがわかりました。
味蕾とは、舌にある、食べ物の味を感じる小さな器官のことです。

一般に、私たちの舌には約10,000個の味蕾があると言われていますが、
幼児期にはこれよりももっと数多くあり、一方、大人になるにつれこの味蕾の数が
減少するそうです。ひどい人は半減するとも言われています。

医学にスーパーテイスターという専門用語があります。
これは簡単に言えば味蕾の密度が高い舌をもつ遺伝性です。
味の善し悪しや特徴を判断できる、プロのソムリエさんや一流の料理人には
このスーパーテイスターの遺伝をもった人が多いそうです。
そして、幼児期の頃は誰もがスーパーテイスターであるという専門家もいます。

スーパーテイスターである幼児は、野菜がもつアルカロイドなどの
フィトケミカル成分にとても敏感です。フィトケミカルはもともと植物がもつ
必須成分であり、これは外敵(動物や菌)から身を守るための抗酸化物質や
生物毒なのです。この生物毒を、動物はスーパーテイスター遺伝によって、
とっさに察知し、苦みなどの不快感を感じます。
こうして、スーパーテイスターである幼児は野菜を嫌うわけです。

実際に皆さんも覚えがあるかもしれませんが、子どもの頃苦手だった食べ物や
飲み物が、大人になるにつれ、いつの間にか平気になってくることがあります。
これはまさに味蕾が減少したり、スーパーテイスターが衰えるからです。
また、大人になるにつれ酸化力の方が優位になるため、体が欲するのでしょう。

さらに、幼児のエネルギー代謝は解糖系が主軸であるという声もあります。
幼児期の解糖系優位では、ミトコンドリア系がまだ成熟していないために、
肝臓での解毒機構はまだ上手には働きません。
よって、鼻における臭いや口の味蕾でフィトケミカル成分を避けているのかもしれません。

以上のように、ある意味、子どもの野菜嫌いはスーパーテイスターという
天才の証しでもあるのです。そう考えると、野菜を嫌っている子どもに
無理やり食べさせるのはやはりよくないかもしれません。
しかし、たまに野菜好きの子どもも結構いますので何とも言えませんが(笑)。
特に昔の子どもたちは野菜でも何でも食べていたとか・・。
ホメオパスの比嘉さんの記事をシェアします

【赤ちゃんや、子どもの鼻水が垂れると、鼻の下が赤くなる?
ならない?あなたの子どもはどっち?】

まず最初に。

ガンの方は大抵が酸性体質になってます。
体液が弱アルカリに寄らないとガンは消えません。
(だからと言ってアルカリ性のものをグビグビ飲んだりしちゃダメダメよ。

胃は強い酸で、ばい菌やウイルスを殺菌したり、食べたものを消化吸収
しやすいようにドロドロにする役目があるからね。
野菜だってアルカリ性じゃないからね。

アルカリ性機能食品と言われ、身体に入るとアルカリになる訳で、
最初からアルカリじゃないんだよ〜。
だから、アルカリ水なども飲み過ぎはダメダメよ)

なんと言っても【血液が重要】
血液は毎日の食事から出来上がります。
酸性になる、、と聞いて、大抵の人は【肉食がガンにさせる】と思われるでしょう。
しかし!

本当の犯人は【砂糖】です。

甘いものは身体を酸性体質にします。
だから、虫歯も出来ます。
酸で歯を溶かしてしまいます。

よーく観察してみて下さい。
鼻水で赤くなる子ども、ヨダレで口の周りが荒れる子どもがいれば、
同じように鼻水垂れていても、赤くならない子どももいます。

硬いティッシュで拭くからかな〜、、なんて思って、天使の柔らかティッシュ
みたいなのを使っても【結果は一緒】です(笑)
赤くなる子どもは、
みんな体液が酸性に傾いているからなんですよ。

鼻水が酸性になり、肌を焼くのです。
だから赤くなる。
お母さんが甘いものを食べ過ぎ、そのおっぱいを飲む。
または、子どもに甘いお菓子を与える。

それから、、、
【抗生物質の乱用】や【麻酔などの投与】

これも身体を酸性体質にします。
ですから、ヨダレにかぶれたようになっている赤ちゃんの相談会では、
必ず【麻酔をしたか?抗生物質などの薬剤を投与したか?】などを聞きます。

もし投与していれば、それらの影響をレメディを使い取り除きます。
投与していなければ、お母さんの食事内容を聞きます。
みなさん、ビクビクしてお答えになられます(笑)

比嘉さんに怒られるー、、とか、何と思われるかなー、、とか(笑)
いや、ただ赤ちゃんに影響あるものを探しての質問ですからね(⌒▽⌒)(笑)
そこでも良く言われるのが【お肉を食べちゃうんですぅ、、】ってコト。

いやいや、食べて下さい(⌒▽⌒)
って言うと『え⁉︎良いんですか?』となります。
はい、良いんです。
わたしは食べれる方には、ガッツリ食べて頂きます。

しかし、甘いものはしばらく禁止にします。
本当はずっと要らないんだけどね。
で❗️
大切なのは身体の中を弱アルカリにすること。
だから、お勧めは【酢の物】や梅干し❗️
思いっきり酸性食品やん(笑)

そう、、
こうして見てみると、アルカリ水やアルカリ性のものを飲んだりするのって違うやん!
って分かるよね(⌒▽⌒)

あとは【活きた食べ物】を食べること。
これは加工食品には【イノチ】がないってコトです。
活きた食べ物は小腸で【水素発生】します。

これ、火を通したものばかり食べては、【酵素不足】になるってコト

自然乾燥やお日様で乾燥させたものなら酵素は死んでない。
酵素は低温なら活きています。
だから、市販の野菜ジュースは野菜にあらず❗️
何故なら、140度以上の熱で殺菌しちゃうから。

だから、市販の野菜ジュースより、ニンジンやトマトを自然乾燥させたものの方が、
エネルギーは高いってコトです。
実際の栄養価も干した野菜の方が高いという結果も出ています。

さて、話は長くなりましたが、、、
要するに、鼻水やヨダレでかぶれたら、甘いお菓子や料理は控えてみて下さい。
それだけでかなり改善しちゃいますよってコトです(⌒▽⌒)

転載終了

活きた食べ物は小腸で【水素発生】します。=だから水素水は私は飲む
必要はないと思っています。


情報をシェアします

インフルエンザとビタミンD

インフルエンザ感染が流行る時期となりました。
冬になるとどうしても乾燥してきますので、私たちの粘膜組織も乾いてしまいます。
この粘膜組織には生体防御をする免疫システムが待ち構えていますが、
いつも湿っている状態でないと、簡単にウイルスや病原菌が侵入してくるのです。

6~15歳を対象にした、インフルエンザ感染とビタミンDの関係の面白い報告があります。
6~15歳の子どもたちに12月~3月の間、毎日1,200IUのビタミンD3を投与した群と、
プラセボ(偽薬)を投与した群に分けて調査しところ、ビタミンD3を投与した群の方が
インフルエンザ罹患率が低かったのでした。

粘膜組織を正常化する代表的な栄養素はビタミンD、ビタミンA、マグネシウム、亜鉛です。
特にビタミンDは粘膜の再生や、細胞間の結合を接着させるタイトジャンクションに
密接に関係しています(Tissue Barriers. 2013 Jan 1; 1(1))。

また、ビタミンDは感染予防の役割として、自然免疫であるマクロファージを活性化することが
明らかになっています(Blood 82 : 1300-1307,1993)。
病原体がマクロファージにあるTLRと呼ばれる免疫スイッチを刺激すると、
マクロファージ細胞内でビタミンD受容体(VDR)の発現が上昇します。
そしてこの細胞内で同時にビタミンDを活性型にし、これがVDRと結合することで
抗菌活性が発揮されます。

この抗菌活性によりマクロファージは取り込んだ病原体をオートファジーによって
分解するのです。
冬は夏に比べてどうしても肌の露出が少なく紫外線量も少ないため、
ビタミンD不足・欠乏の状態になりやすくなります。
しかし、冬こそビタミンDを充足して、自然免疫を活性化することにより、
インフルエンザなどの感染症の罹患リスクを低減させることが大切です。

転載終了

情報をシェアしますリンク

癌は「化学物質を使用している国」だけに発生している

 そもそも、世界の実地を見れば分かりますが、癌が発生しているのは
「化学物質」を使用している国だけです。
 先進国では「化学物質」が様々な分野で使用されており、発展途上国では
「化学物質」が使用されておりません。

 癌が多発生している国というのは「化学物質」を使用している先進国だけであり、
「化学物質」を使用していない発展途上国には今も癌はほとんど発生していない‥、
これが世界に現われている実地的事実なのです。
 
この「化学物質を使用している国でなければ、癌は発生していない」という
世界の実地が示しているのは、やはり『化学物質が癌を生み出す「最大の根本原因」
である』という「答え」なのではないでしょうか‥。

現代の日本人が暮らす日本社会をよくご覧ください。
もはや、取り返しがつかないくらいに、この「化学物質」によって生活環境が汚染
されまくっています。

食品への「化学物質」の汚染は、農薬・化学肥料・化学飼料・食品化学添加物・
加工食品・人口食品・人工甘味料など、あまりにも酷い有り様です。
これらの「化学物質」は確実に「癌の原因」となります。
 
現代医療で乱用され続けている 化学医薬・抗生物質・点滴などもそうです。
これも「癌の原因」となります。
プラスチックの容器から溶け出している 環境化学物質、これも「癌の原因」となるようです。
 
ダイオキシンなどの「化学物質」や、鉛や水銀などの「重金属」も「癌の原因」となります。
今の海は「重金属」の汚染が激しく、魚介食を通して「重金属」が人体に蓄積して
「癌の原因」となります。
建築関連の「化学物質」も数多くあり、当然、これも「癌の原因」となります。
その他、日本社会を汚染している「化学物質」を挙げればキリがないのは、
みなさんも周知の通りです。

日本では、戦後、「化学物質」の社会汚染が、全国津々浦々、日本社会の隅々まで
拡大・浸透し、「化学物質」の汚染が日本社会にどんどん増えていきました。
日本で「化学物質」の汚染が増えれば増えるほど、それに比例して、癌患者も
増加の一途をたどっていったはずです。
 
戦後に起こった「化学物質の社会汚染の増加の割合」と、戦後以降の「癌患者の
増加の割合」は、ピッタリと一致していることでしょう。「化学物質」による社会汚染が
激しくなればなるほど、癌患者も激増しているはずです。

この「化学物質」の社会汚染に加え、電化製品・パソコン・タブレット・Wi-Fi・携帯電話・
送電線などから発生している「人工電磁波」による人体の「酸化」も、癌の大量発生に
加担しているはずです。

また『癌細胞の発生・増殖を促進する作用』のある肉製品・乳製品の大量消費も、
癌の大量発生に加担しており、そして『癌細胞の唯一にして最大のエサ』である
「ブドウ糖」の過剰摂取‥、特に 精白穀物(白米・白パン・麺類・パスタなど)や
精白糖(白砂糖など)も、当然ながら、癌の大量発生に加担しているはずです。

◆ アメリカが「癌患者を激減させる」ために遂行した政策

 かつて、アメリカは「癌大国」でした。
しかし、今では「癌患者を激減させる」ことに成功し、「癌大国」を返上しています。

アメリカは、なぜ「癌患者を激減させる」ことに成功したのか‥。
それは、アメリカがある政策を徹底して遂行したからです。

そのアメリカが取った政策とは、簡潔には次の通りです。

   ● 法による「化学物質」の規制を強化
     〔「癌の根本原因」を排除する政策 〕

   ● 肉製品などの動物性食品の過剰摂取を諫める
     〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:肉製品・乳製品は
「発癌」に関与しています 〕
     〔「癌の発生・増大・悪性化・転移を促進する原因」を排除する政策 〕

   ● 全粒穀物・豆類・野菜・果物などの植物性食品をたくさん摂取する
     〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:上記の植物性食品には
「抗がん作用」があります 〕
     〔「癌を改善する要素(栄養改善・代謝改善・免疫改善・抗酸化など)」
を取り入れる政策 〕

 アメリカの癌学界の最高権威である「アメリカ・大統領がん諮問委員会」は
「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を提出し、「現状を直視し、
化学物質にもっと厳しい規制をかけるべきである」と求めました。
特に、妊娠中に「化学物質」に暴露しないことを強調しています。
アメリカは「化学物質」に対する見方を変えて、「化学物質」への法の規制を強めて
厳しくしましたが、これが、アメリカが「癌患者を激減させる」ための決定的な土台となったのです。

転載終了

こういった現状を把握してできる限り取り込まない努力をしていますが
全く入れないということは不可能なので、私は私の冷え取りで入ってきたものを
排出しています

冷え取り健康法=排毒健康法

身体を温めて出せる体にし、排出を補助してくれるアイテムで出しています
今の世の中を生きて行くにはサバイバルだなぁと感じています

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり