冷え取りライフ

Entries

Category : 納得した言葉など

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報をシェアします

「親ばか」でなければならない理由

三つ子の魂百までということわざがあるように、
ほぼ3歳の幼児期までにあらゆる発達や、
多くの体質が決まってきます。

私は今までに世界の先住民や伝統社会を見てまわりました(まだまだ周ります)が、
モンゴル遊牧民、タンザニアの狩猟採集民ハッザ族、マサイ族、
ダドガ族、ニューギニアのダニ族、モニ族、ヤリ族、センタニ族、
どの民族を見ても、子どもを持つ親は、ほぼ「親ばか」でした。

ここで言う「親ばか」とは、自分の子どもを認め、
たっぷりの愛情でばかのようにかわいがることです。
かわいがるだけではなく、その子のことを誰よりも褒め、
認めてあげるのです。

他人が見ればそんなにかわいくなくても、
その子の親が自分の子を一番だと思うだけでいいのです。
それが子どもに伝わることが重要です。

彼らは頻繁な抱っこやおんぶ、そして添い寝やスキンシップを密にしています。
ところが、アメリカで数十年前に出版された『スポック博士の育児書』で、
子どもは放って育てる、親から隔離するなどという子育て法が流行し、
これにて一挙に子育てが崩れていったという声もあります。

ヒトでも動物実験でもこうした母子分離実験は今までに結構されていますが、
ほとんどが良い結果をもたらしていません。
それどころか、攻撃的な性格になったり、親になったら育児放棄したり、
愛情ホルモンであるオキシトシンの分泌が減少したり、
さまざまなネガティブな報告がされています。

基本的に、どの哺乳類でもスキンシップによる皮膚への刺激がないと生きていけません。
皮膚刺激によって、循環器系、泌尿器、免疫系、神経系、呼吸器官、
胃や腸の消化器官をすべて刺激します。

人間以外の哺乳類では、赤ん坊の前身をきれいになめる行為や
撫でる行為がそれにあたるといわれています。
このときオキシトシンが分泌されます。
生まれる前の赤ちゃんは、体温と同じ温かい羊水と、
お母さんの子宮の壁にべったりすることで皮膚感覚を刺激しているといわれています。

オキシトシンが分泌されやすくなる体質は幼児期に決まると言われています。
腸内細菌のバランスもだいたい幼児期に決まってくると言われていますね。
正常なオキシトシンやセロトニンが出やすい体質になれば、
ストレスにも強く(ストレスと感じないポジティブさ)、健康で優しい子どもに育ちます。

一般では当然のように赤ちゃんや幼児はよく泣くものと考えがちですが、
私が伝統社会で見たものは、赤ちゃんは無駄には泣かなかったことです。
お腹が空いている、何か異常を感じているというようなときに初めて泣きます。
また、奇声を上げることもなければ、落ち着きのないこともほとんどありませんでした。

「親ばか」は子どもの才能を引きだし、子どもを強く優しい子に育てます。
私たち哺乳類はいつまでも親ばかでなければならないのです。

転載終了

特に子供は父親よりも母親との関係がものすごく
インナーチャイルドに影響するなと最近色々勉強していて感じています
親ばか最高!


スポンサーサイト
心屋仁之助さんの呟き


僕たちが唯一罪を抱えているとしたら

自分には何の罪も欠点もなく、
自分は素晴らしい存在であり

何をしてもしなくても
何ができてもできなくても

愛され守られているのだということを
「知らないこと」だけなのだと思う。

そして、それを知った時、
罪は許され、安心と幸福が心を満たす。

そう
許される以前に、
そもそも罪はない、と「知る」ことが
自分を許すということ、そして他人を許すことになる。

そして、自分の周りには
それを教えてくれる人だらけであるということ。

あなたが「それ」を罪だと思っているから
「そのひと」を責めたくなるだけの話で。


え?
自分で罪をつくって
それを責めて
許していく
ひとりSMゲーム?(笑)

転載終了

まさしく常に自分を責めてしまう性格に飽き飽きしてるのだけれど。。。
「知る」か。。。だよねぇぇ
深イイ話と思ったので転載します


何年か前の小欄で、作家の井上ひさしさんが少年時代に辞書を万引きして本屋のおばあさんに
つかまった話を紹介したことがある。
その時書けなかったおばあさんの井上少年への説教がある

盗んだ辞書を手に取りながらおばあさんは言う。「これを売ると百円のもうけ。坊やに持って行かれて
しまうと、もうけはフイになって定価の五百円の損が出る。その五百円をかせぐには同じ定価の本を
五冊売らなければならない」。井上少年はこわごわうなずいた

「うちは六人家族だから、こういう本をひと月に百冊も二百冊も売らなければならない。でも坊やの
ような人が三十人もいてごらん。六人は餓死しなければならない。坊やのやったことは人殺しに
近いんだよ」。少年は薪割りを命じられた(「ふふふ」講談社文庫)

そして今日、書店が次々に街から消える背景には目に余る万引きの横行がある。そんななか東京の
古物商「まんだらけ」がアンティーク玩具を万引きしたとされる人物の画像をネット公開すると警告
した騒動である。喝采する向きが多かったのも不思議ではあるまい

結局のところ警察の要請を受けて公開が中止されたのは、私的制裁が許されない法治国家の原則
からみて妥当だろう。罪の意識の薄い万引き犯には「緩慢な殺人」というおばあさんの見方を
そのまま投げかけたい。では井上少年の薪割りは私的な罰ではなかったのか

薪割りが片付くと、おばあさんは少年に辞書を渡し。「代は薪割りの手間賃から差っ引いておくよ」。
少年は欲しい物は働いて買うのだと教えてくれた人生の恩人を大作家となった後も忘れなかった

性格リフォーム心理カウンセラー心屋仁之助公式ブログより

人を助ける前に
先ずは自分を助けよう。

結果として
それが人を助けることになるから。


困って苦しんでいる人に
自分を犠牲にして助けられても
困るから・・・。


そして


自分を助ける前に
まずは自分がすでに
助けられていると知ろう。



...
そして、

すでに、そしてこれからも
助けようとしなくても
大丈夫なのだと知ろう。
自分も、あのひとも。





人を輝かせたいなら、
先ずはじぶんが輝くこと。


輝いてない人から
アドバイスもらっても
聴きたくないから。


そして

自分が輝くには、
自分はすでに輝く存在なのだと知ること。


ただ、
それだけでいい。


かんたん。




自分が
思えなくても

あなたが
輝いているというのは

生まれたときから
決まっていることだから。


だから

「輝き続けないと」と
がんばる必要さえないのです。



ただ、

輝いていると燃えないのは

そういう扱いを
受けてこなかっただけかもしれないし


思ってたのと
違う扱いだったのかもしれない。


でも

あなたが
輝いていることは

決定事項なのだから。


「あのひと」から
愛されてないとしても

愛される存在であることは
変わらないのだから。



*****

「あのひと」にも
事情があるのよ。
内海聡医師の記事に感動したのでシェアします

妊娠は決して偶然で成立するものではなく、偶然で成立しないことが生き物の摂理です。
それは決して科学的な問題ではなく簡単なココロの問題なのです。
ママやパパが子供ができたとわかった時にどんな反応を示しますか。
偶然で生き物の摂理に従ってない人はもしかしたら嫌がるかもしれません。
しかしあなたが生き物の摂理に従っていればママは喜んで涙を流すかもしれません。
パパは知らぬそぶりをしているあとで感慨にふけっているかもしれません。

最近のママやパパは子どもができないそうですが、子どもを産む前から元気な子供を作れる
体つくりが重要です。そうやって生まれてきた子供はなによりもママやパパの宝となるでしょう。
ママやパパはその子どもにきっとありがとうというでしょう。
本当にありがとうと思えたらおカネなんて遊びなんてどうでもよくなります。
おなかの子どもに常に声をかけてあげてください。

そんな子どももおなかの中から生まれる日がやってきます。
生き物の摂理に従って生むことが大事でしょうが、そうでなくても無事生まれればその時は良いでしょう。
あなたの家を生まれてよかったと泣きあえる家にしてください。すべてはそうやって生まれてきます。
花が咲き種を生まれること、種が芽吹きまた新たな種を生むこと、人が子どもを産み社会を形成して
いくこと、子どもがいなければこの社会は消えてなくなること、それらはすべて同じであり例外はありません。

人は生きる意味を常に求めます。それは人間が人間であるために必要ですが、
意味がなくてもいいのです。生まれてきて生きているだけでそれは非常に重要なことであり、
その産まれてきていること自体に深い意味があるのです。子どもができたことを意味づけしているのは
ママやパパであり、それはママやパパが変わるきっかけになるでしょう。
それを与えただけでも子どもには深い意味があり、社会にとっても深い意味があります。
人は生き人は死にますがそれらにはちゃんとした意味があります。

今日も自分の子どもにありがとうといいましょう。

本当にうまれてきてくれてありがとう。
自然栽培家岡本よりたかさんの日記より


「生きている」

生きているのか死んでいるのか、時々分からなくなる。

生きているということは、何かをすることであると思っていた。だけど、サティシュ・クマールは
生きていることは、「何かをすることではなく、そこにいること」と言った。

僕は指導者でも宗教家でもないので、日々投稿している内容は、自分へのエールでしかない。
僕が実現できていることを書いているわけではない。

何かをしようとしてもがいているに過ぎないのだけど、サティシュの言葉を聞いて、その思いが
いい意味で断ち切られた。何かをしようとする必要はないのだろう。

僕は小麦を栽培しているが、昨日、雨が降りしきる畑と、ハウスに干された小麦をジッと見ていて
気づいた。

大地は、小麦は、何もしようとしていない。

大地はそこにあるだけである。その中に無数の微生物がいる。微生物は、降りしきる雨と
潜り込んでくる空気と、差し込んでくる太陽光に反応して、ただそこで「生きている」だけである。

小麦は、蒔かれた大地で、やはり光と水と空気と微生物が作り出すミネラルで、
ただ遺伝子に刻まれた記憶のままに成長しているだけである。

人間はどうだろうか。人間だけはただ成長しているということでは満足しない。
必ず何かを「しようと」する。何もしない奴は人間ではなく、生きている意味がないとすら思ってきた。

だが、人間が何かをしようするたびに、地球環境を壊しているではないか。
誰かを傷つけ、誰かを憎み、誰かを壊しているではないか。

日々の苦しみは、「何かをしようとした」結果から生まれてきているではないか。

人は、そこにいるだけでいい。人がそこにいるだけであれば、誰も傷つかず、悩むこともなく、
苦しむこともなく、そして地球環境を壊すこともない。

ヴァンダナ・シヴァも言っている。経済成長こそが全てを解決することだと思ってきたが、経済成長は
大量殺戮でしかなかったと。人は、そこにあるもので満足し、足るを知り、支えあえば幸福に生きられる。

この二人の言葉を聞いて、僕は確信した。僕は生きたい。そのためには、何かをしようとしては
してはいけない。生きていることに感謝するだけでいいのである。

そうすれば、自分は生きていると実感できるようになる。

「する」のではなく「いる」ことが生きる証である。

転載終了

日々葛藤し自分に叱咤激励し、ねばならないと生きてきて疲れを感じていたのでこの言葉に
気づきをいただきました。いれることに感謝です

平和の申し子たちへ!
泣きながら抵抗を始めよう

二〇一四年七月一日火曜日
集団的自衛権が閣議決定された
この日 日本の誇るべき
たった一つの宝物
平和憲法は粉砕された
つまり君たち若者もまた
圧殺されたのである
こんな憲法違反にたいして
最高裁はなんの文句も言わない
かくして君たちの日本は
その長い歴史の中の
どんな時代よりも禍々しい(まがまがしい)
暗黒時代へともどっていく
そしてまたあの
醜悪と愚劣 残酷と恐怖の
戦争が始まるだろう
ああ、若き友たちよ!
巨大な歯車がひとたびぐらっと
回りはじめたら最後
君もその中に巻き込まれる
いやがおうでも巻き込まれる
しかし君に戦う理由などあるのか
国のため?大義のため?
そんなもののために
君は銃で人を狙えるのか
君は銃剣で人を刺せるのか
君は人々の上に爆弾を落とせるのか
若き友たちよ!
君は戦場に行ってはならない
なぜなら君は戦争にむいていないからだ
世界史上類例のない
六十九年間も平和がつづいた
理想の国に生まれたんだもの
平和しか知らないんだ
平和の申し子なんだ
平和こそが君の故郷であり
生活であり存在理由なんだ
平和ぼけ?なんとでも言わしておけ戦争なんか真っ平ごめんだ
人殺しどころか喧嘩もしたくない
たとえ国家といえども
俺の人生にかまわないでくれ
俺は臆病なんだ
俺は弱虫なんだ
卑怯者?そうかもしれない
しかし俺は平和が好きなんだ
それのどこが悪い?
弱くあることも
勇気のいることなんだぜ
そう言って胸をはれば
なにか清々しい風が吹くじゃないか
怖れるものはなにもない
愛する平和の申し子たちよ
この世に生まれでた時
君は命の歓喜の産声を上げた
君の命より大切なものはない
生き抜かなければならない
死んではならない
が 殺してもいけない
だから今こそ!
もっともか弱きものとして
産声を上げる赤児のように
泣きながら抵抗を始めよう
泣きながら抵抗をしつづけるのだ
泣くことを一生やめてはならない
平和のために!

なかにし礼さんの詩

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。