冷え取りライフ

Entries

Category : 予防接種・ワクチン・薬について

ワクチンを作るためには、ウィルスを培養する必要がありますよね。
それを培養する必要があります。
そのために、卵、トリ、カエル、ウシなど、時には何かの胎児を使います。

しかし、ここで考えてみてくださいね。

健康な組織ではウィルスや病原体の増殖には適しません。
ですから不健康な組織、培養するウィルスだけではなく
雑多な病原体が溢れているのです。

ウィルスに関していえば、技術的な限界があり、ほかのウィルス汚染を
完全に回避できないのです。
このことは、FDA(米国食品医薬局)も認めています。

動物由来のワクチンには、様々なウィルスが混入していると思ったほうがいいでしょうね。
ラウンドアップの主成分であるグリホサートの影響
これは、考えれば当然だともいえるでしょう。

ワクチンを作るさいに、使われる媒体 豚などの細胞を使います。
ですから、当然豚のえさの影響も出てくるのは当然ですよね。
豚がどのようなエサを食べているのか。 見えていない部分も考慮してみてください。

そうすれば自ずと理解できるのではないでしょうか?
ワクチンから、モンサント社が開発した除草剤ラウンドアップの主成分である
グリホサートが5つの検体全てから検出された.

ウィルス汚染で有名なポリオワクチンは、1955年に米国のソーク医師(Dr.Jonas Salk)
が開発しました。
このワクチンは、アカゲザルの腎臓が使われました。
きちんと精製されていなかったために、サルの腎臓細胞の成分や
その中に含まれる様々な病原体がワクチンに混入する結果となったのです。
情報をシェアします


肩や腰が痛い。関節をひねった。筋肉痛でつらい……。
そんなとき、寝る前にとりあえず湿布薬を貼って様子をみるなんて人も多いはず。
この行為、実は危ない。

患部に手軽にペタリと貼り付ける湿布薬、誰しも使った経験があるだろう。
薬局に行けば多種多様なタイプが市販されているし、通っている病院で
「腰が痛い」といえば、簡単に処方してくれる。そのため、「薬」だと意識することなく、
「痛いからとりあえず貼っておこう」などと安易に使っている人は多い。

だが、湿布薬はれっきとした「薬」で、かなり強力な有効成分が含まれているタイプもある。
その分、強い副作用があるから甘く見てはいけないのだ。

 日本薬剤師会常務理事で医学博士の藤原英憲氏は言う。

「湿布薬には、インドメタシンやジクロフェナクナトリウムといった強力な痛み止めの
成分が含まれています。強い副作用で知られるアスピリンやイブプロフェンなどの
鎮痛剤と同じもの。湿布薬を貼り付けた皮膚から血液中に取り込まれ、全身に回ります。
つまり、飲み薬を飲んだのと同じ状態になるのです。はがき大の湿布薬を10枚貼ると、
鎮痛成分の血中濃度が1日分の飲み薬と同じ程度になるというデータもあります。
当然、副作用も飲み薬と同程度に注意する必要があるのです


■鎮痛成分が原因で命にかかわるアレルギー発症も

ぜんそく患者や妊婦への使用が禁止されているほど強い副作用もいくつかある。
まず注意したいのは、アレルギーだ。

ケトプロフェンなどの鎮痛成分には、「光線過敏症」という副作用がある。
湿布薬を貼ったまま紫外線を浴びると、貼った場所に発疹、腫れ、かゆみ、
水ぶくれなどの症状が表れる。
患部がパンパンに腫れ上がったり、全身に広がる場合もある。

「湿布を貼ったまま紫外線を浴びないようにするのが基本的な対策ですが、
剥がした後も皮膚に成分が残っていて、1週間近くたってから症状が表れるケースもあります。
最初は問題なくても、何度も繰り返すうちにアレルギー反応が強くなって
重症化する人もいるので、注意が必要です」(藤原氏)

鎮痛成分が原因で、命に関わるアレルギーが発症する危険もある。
「スティーブンス・ジョンソン症候群」(皮膚粘膜眼症候群)と呼ばれるもので、
高熱を伴いながら、全身の皮膚や粘膜にやけどのような発疹や水ぶくれなどの症状が表れる。


「口の中や目といった粘膜にも炎症を起こすので、手遅れになると失明の危険がある。
臓器障害の合併症を引き起こして死亡した例も報告されています。
原因ははっきり特定されていませんが、鎮痛剤もそのひとつだと考えられています」
(藤原氏)

 胃腸、肺、腎臓、肝臓といった臓器障害の副作用にも気を付けたい。

インドメタシンやジクロフェナクナトリウムなどの鎮痛剤は、体内の「プロスタグランジン」
という成分の合成を阻害する効果がある。プロスタグランジンは、痛み、熱、腫れといった
炎症を引き起こすため、それが作られないようにして炎症を抑えている。

「その一方で、プロスタグランジンは胃壁や腸壁を消化液から保護する粘液の分泌にも
関わっています。また、胃腸を蠕動させたり、排尿のために膀胱の筋肉を収縮させる
働きもある。湿布薬の鎮痛成分によって、プロスタグランジンのプラスの働きも抑えられて
しまうため、胃腸に炎症や潰瘍を起こしたり、腎機能障害によるむくみが表れるケースも
あります」(藤原氏)

湿布薬を背中や腰に大量に貼って寝たら、翌日、急性胃潰瘍になって病院に運ばれた例も
あるという。お手軽に長時間にわたって使っていい薬ではないのだ。

転載終了

内海医の情報をシェアします

ホルモン剤がなぜダメなのか?(けっこう重要)

インスリン、ステロイド、甲状腺ホルモン剤、ピル、抗ガン剤の一部および
マイナーなホルモン剤など、多くの人が有害なホルモン剤を使っています。
これらのホルモン剤はなぜダメなのでしょうか?脱ステはなぜ起こるのでしょうか?

ホルモン剤をいったん飲んだりインスリンを使いだすと、なぜやめづらいのでしょうか?
これにはアップレギュレーション及びダウンレギュレーションが関係しています。
結局はマッチポンプでヤク中を作るのが目的なだけなんですが、
抗ガン剤は拒否するけどホルモン剤は違うなんて思っている人が多いですね。

これらの薬物はたとえ使うにしても、緊急時の対症療法以外使ってはいけないのです。
たとえば前立腺がんはテストステロン、乳がんであればエストロゲンなどが大きく
関与するといわれています。ステロイドは免疫を抑制する作用がありながら、
血液系の癌などに使われることも多いです。

ダウンレギュレーションとはなんなのか?
これはどのホルモン剤でも似たようなものと考えていいですが、ホルモン剤
もしくはそれを刺激する薬物の場合、最初は分泌が増大したり作用が増強したりします。
しかし継続的に投与することで、受け皿である受容体がお腹いっぱいになってしまい、
受容体の数が減ってしまいます。これにより今度はホルモンの分泌量が低下します。

そうすると今度はそのホルモン剤を打たない限り、ずっと調子が悪いという状態になります。
さらにいえばそのホルモン剤を打っていても調子が悪かったり、禁断症状が出たり、
後遺症が出たり、頭や体が悪くなっていきます。
何かに似ていると思った人は鋭く、これは麻薬や覚せい剤や精神薬を投与するのと
同じです。病気を治すとは元をただし薬物などいらない状態のことを指すのです。

違ういい方をすれば、クスリが悪いとかクセになるとかいう前に、反動があるとか
禁断症状や脱ステロイド症状がある事を知り、何がその病気を作ったのかについて
検討することが重要です。そしてそれを正していきながらレギュレーションを調整して、
クスリをやめていくことが望まれます。入院施設があればいきなりやめることも
不可能ではありませんが、基本は漸減法でやることが重要です。


痛み止めの根本的問題

痛み止めなどとしてよく使われている解熱鎮痛薬ですが、根本的な問題は
あまり知られていません。対症療法だ、精神薬に匹敵するほど常習性がある!だ、
解熱作用があるので免疫力が低下する!だ、胃潰瘍の副作用がある!だ、
腎障害の副作用がある!だ、いろいろ言われます。

しかしそれさえも根本的な問題ではないかもしれません。
確かにこれらも問題ですがもっと問題は、対症療法以前に治るのを妨げているということです。
整形外科に行ってもよくならないというのは、だれでも一度は経験したことがあるでしょう。
ただ痛み止めを出された、ただシップを出された、ただ注射を打った、
ちょっと気が効いてもテーピング、マッサージ程度のものです。
それは彼らが治せないからですが、彼らが治せない最も大きな理由は
痛み止めを使ってしまうからです。
痛み止めで痛みが収まった、治っているという方はは対症療法からまず
勉強しないといけませんが、本質はそこではありません。
 
飲むからこそ痛みはひどくなるのです。
それを理解するには痛み止めの薬理学を知る必要があります。
代表的な痛み止めのメカニズムは、プロスタグランジンの生成抑制作用であり、
これは血流の低下をもたらします。また長期使用により交感神経の異常を生じ、
より血流がせき止められたような状態になります。そうすると真にその疾病部位を
治すための有効成分は届けられませんし、飲むのをやめると体は血流を再開させる
血管拡張作用により、治癒疼痛が起こります。

これを一般人は薬は効いていると錯覚します。
ようするに痛み止めがなくなった時に出てくる痛みとは、ドラッグの禁断症状と同じであり、
前よりも痛くなるくらいにできているわけです。さらにいえば痛み止めは全身の血流低下
を招くので、様々な病気を作ります。胃潰瘍などもその一つに過ぎませんが、
痛み止めの長期使用サイクルが続くと発ガンなども起こしうります。
痛み止めは体温も下げるわけですから当たり前ですね。

さまざまな痛みは当然嫌なものだと思います。
しかし残念ながら痛み止めはヘロインで痛みを感じなくさせているのと同じ、
本質的には食事を変え、姿勢を変え、根本的原因を解決するしかありません。
それは歪みの時もあり筋膜の問題の時もあり、骨の問題の時もあり
精神的問題の時もあります。それらを区別して治癒させることのできる人こそ、
いい整体師やいいカイロプラクターであって、整形外科であれ整体やカイロであれ、
通い続けている段階でろくな治療ではないことを知っておくことが重要です。

転載終了
流石に内海医師、言葉が乱暴ですが私は内容重視で転載しています
ただ、患者の側も痛み止めを出してというのでといった理由もあるだろうし
痛み止めを飲まざるを得ないほどの状況もあるだろうし
ただこれを読むと逆に痛み止めを飲むのは勇気のいる事なんだと思いますねぇ
飲まないといけない状況をできるだけ日頃の身体ケアで回避したらいいと思います



子どもへのワクチンからモンサントの農薬、グリホサートが検出された。
遺伝子組み換え食品に反対する運動を行っているMoms Across Americaが
研究機関に依頼して検査したところ、検査した5つのワクチンすべてから
グリホサートの成分が検出された。
 
なぜワクチンからグリホサートが検出されるのかというと、ワクチンを作る
ウイルスを培養するのに豚の靱帯から作ったゼラチンを使っており、
その豚に遺伝子組み換えを飼料としていればその靱帯にもグリホサートが残留し、
それがワクチンにも微量ながら入ってしまう可能性があるという。
ビタミン剤の原料が遺伝子組み換えトウモロコシだったりすると当然ながら、
そのビタミン剤にもそうした問題が考えられる。
 
5つのワクチンすべてから検出されたというのがやはり深刻だ。
どのメーカーもワクチンを作るための原料はすべてNon-GMOに
しなければならないということになると思うのだが、そうした変更に
応じるメーカーは出てくるだろうか?
 
Moms Across Americaは食を変えることで子どものアレルギーや
自閉症などの症状が改善したことを経験したお母さんたちが
その活動の原動力になっている。研究者の協力のもとに、
そのデータの収集にも力を入れている。現実は変えられる、
事態は改善できる、そんな強いメッセージを感じる。その活動は注目したい。


リンク

転載終了

こんな物を孫の体内に入れたくありません!


情報をシェアします

風邪薬を飲む前に

風邪の90~95%はウイルス性であり、ウイルス性上気道炎であることが多いです。
そもそもウイルスは細胞を持ちませんので非生物と考えることができ、
この理由から細菌のように抗生剤は効かないのです。

よって、風邪薬を飲むとかえって風邪が治りにくくなることがあります。

ウイルスが体内に入ると、白血球とマクロファージがウイルスに攻撃を開始します。
ここで激しい戦いが繰り広げられますが、白血球の一部が伝達物質である
サイトカインを生成します。

熱でウイルスを弱らせるために、このサイトカインは血流にのって脳まで到着し、
脳内の体温中枢を刺激して全身の体温を上げる伝達物質を生成するよう指示します。

この指示により、全身の皮膚の血管は収縮しはじめ、汗腺が閉じ、まず体から
熱を逃がさないようにします。ここで筋肉をふるわせ、熱のさらなる産生を促します。
体温が上がるとウイルスを弱らせるばかりか、私たちの免疫の働きをする白血球の
攻撃力は高まります。

つまり、風邪をひくと体温があがるのは、ウイルスを撃退するために行っていることなのです。

ここで、高熱や症状を和らげようと、風邪薬(解熱剤)を飲んでしまうとどうなるでしょうか。

せっかく体が作り出した熱を解熱剤により下げてしまうと、ウイルスの味方をしてしまい、
さらに白血球の攻撃力が下がります。つまり風邪が治りにくくなります。
抗生物質を飲んでも、細菌を抹消する効果はあっても、肝心のウイルスは退治できません。

次に高熱の体温についてです。
(ここは個人差があり、デリケートな部分ですので参考程度にしてください。詳しくは
専門家に聞いてください)

通常、発熱だけなら42度でも意識障害や生命の危険はありません。
普通の病気では43度以上は上昇しないとされていますので、仮にそれ以上になった時は、
体温を調節する中枢に異常を来たしている脳炎などの疾患や熱中症のような
高度の全身の異常の可能性があります。(その状況では意識状態が悪化したり、
場合によっては生命の危険があるとはいえます。)

ウイルス性の風邪(感染症)は基本的に重症化するものが少ないので、
水分をよく補給し、暖かい恰好をしてから食わず動かず寝てるのが一番なのです。

以上のように、風邪が治るのは、風邪薬を飲んだからではありません。
体の治癒力がウイルスを撃退してくれているのです。

転載終了

ウイルスを撃退するのは自分の血液がしてくれるのですよね♪
なので私は血液たちを強くする天然のサプリを補って応援しています^^


情報をシェアします

ーーー 赤ちゃんの予防接種とかは今だと2ヶ月とかで打つじゃないですか、
それは打つ意味あるんですか?

免疫がちゃんとつくのかって言う問題があります。
アメリカもそうなんだけど、二歳以降のほうが安全で確実だって言われてますよね。

安全で効果が出やすい時期は二歳以降ですよって。日本も昔はそうだったみたいです。

ところが打つワクチンが増えてきたから前倒しにすると、2歳よりもどんどん早くなって
生後二ヶ月からになってしまったんですよね。

ーーー ではやっぱり2ヶ月で打つのは良くないって事ですね?

どう思いますか? 4~5kgですよ。首もやっと座ったくらいです。

ーーー ワクチンは意味はなくはないんですか?

そもそも四種混合である必要はないですよね?

ジフテリアとポリオは日本での自然発症例は無いし、接種するなら破傷風だけでいいですよね。


私が救急外来にいたとき、多発外傷で泥まみれの人が運ばれてくると
先輩から破傷風のワクチンを打て! って言われましたから。で、打ってました。

そのときのことを思い出すと、接種はその時でいいじゃんって思いますよね。

感染症の大家もその時でいいって言ってたので、本の中でね。
それは理論的にも間違ってないよなって思ったわけです。
わざわざ赤ん坊に打つ必要はないよねって事です。

ーーー 事前に打ってどのくらい効き目は持つものなんですか?

それは分からないです。
人によりけりですけど、10人ワクチンを打ったら1人は免疫がつかないのは
確率的にあるんですよね。10年経つと2割の人の抗体価が下がるとか。

これはワクチンでは前提事項です。

ワクチン接種で抗体価を一生持っている人もいるかも知れないけど、
大半は途中で消えると思った方がいい。

添付文書読んでも何年持てばいいみたいなのが書いてあるのもあるんで、
ちなみに風疹はね、17年って書いてあるんです。

かなり長く17年も持ちますよって書いてある。

この文章はワクチン業界の中で判断すると17年はものすごく長いことを表している
ってことですよね。

なので20歳過ぎて抗体価が残っていたらラッキーって事です。

ワクチンは長く持ったらラッキー、途中で消えて当たり前、
感染した場合は一生持って当たり前、途中で消えたらあら残念。

ーーー 感染したらずっと持ってるって事ですか?


生涯免疫って言うじゃないですか、実際に抗体価は高いですよ。
要するに特定の菌、ウィルスに対する抗体ですから、先鋭部隊みたいなもんです。

ーーー 根本の免疫力を上げれば、全部の菌に対抗はできるんですよね?

そういうことになります。インド行って生水飲んでも平気な人がいる
ってのはそういうことなんですね。

聞いた話ですけどね、外務省がインドに苦情を申し入れたらしいです。
お宅(インド)の衛生環境は問題があるって。

そしたら反論がきて下痢するのは日本人しかいませんよって。
だからあなたたちが単に弱いだけなんじゃないの?って言われてしまったんだそうですよ。

まあ、そうですよね。

転載終了

免疫を上げれば良いのよね~~♪
うちの孫7人全員予防接種は受けていません
日々の冷え取りで免疫力を上げています。

受けるかどうかは任意ですもんね


プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫4匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり