冷え取りライフ

Entries

Category : トランス脂肪酸について

トランス脂肪酸の危険性

 トランス脂肪酸には牛乳や牛肉のように天然に微量に含まれているものと、油脂を加工・精製する
工程でできるものの2種類あります。一般的にはマーガリンやショートニングといった加工油脂や、
これらを原料として製造されるパンに多く含まれています。ショートニングとはラードの代用品として
アメリカで開発された人工油脂です。用途としてはクッキーやビスケットといった焼き菓子、パン、
アイスクリーム、フライ用の揚げ油などに用いられています。

マーガリンやショートニングはその化学構造が人工的であるという点だけが問題なのではありません。
もっと問題なのは、トランス脂肪酸が極めて大量に含まれているのです。トランス脂肪酸は、
摂り過ぎると血液中の悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールを減らす働きがあるため、
動脈硬化や心臓疾患の原因となるといわれています。WHO(世界保健機関)も、トランス脂肪酸の
摂取を抑えるべきだとして、1日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とすることを勧告している。
しかし、日本ではいまだに食品への表示が義務付けられていません。
 
そこで、世界的にはトランス脂肪酸の規制が広がっています。米国政府のFDA(米食品医薬品局)は、
昨年11月にトランス脂肪酸を含む硬化油を食品添加物から外す決定をした。スイス(08年)、
オーストリア(09年)などでは、100g当たり2g以上のトランス脂肪酸を含んだ油脂の国内流通を禁止。
米国、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、韓国、香港、中国では、食品含有量表示を義務付けている。
 
また、米国のニューヨーク市では2008年7月から、すべてのメニューに含まれるトランス脂肪酸の量を
一食当たり0.5グラム未満に抑えるよう義務付ける。昨年7月、ファストフード店を含む全レストラン
に対し、調理油やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸の量を一食あたり0.5グラム未満に抑える条例を施行した。
 
 トランス脂肪酸危険 
それにも関わらず、現在トランス脂肪酸の表示義務や上限値の設定はありません。日本政対応は、
無規制で民間任せの状態である。世界的に広がっている表示義務化も日本では行われていない。
消費者庁は、11年2月21日に「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針について」を策定したが、
それは表示の義務化ではなく、食品事業者に情報開示するかどうかを任せるというものである。
使用規制がないために、食品事業者の中には前述のようにトランス脂肪酸が含まれている
ショートニングを平気で使っている事業者がいるし、市販のマーガリンの中でも、毎朝パンに塗る
だけで平均摂取量の2倍近く取ってしまうほどトランス脂肪酸の含有量が高いものが流通している。


日本人の通常の食生活も絶えず変化をしており、外食産業、コンビニや冷凍加工食品への依存度が
高くなりつつあり、トランス脂肪酸を多く食べる危険にさらされているのです。ところで、日本の食品
でもトランス脂肪酸の表示の義務がある海外で販売されているものもある。例えば、香港・
シンガポールで売られている日本の商品の原材料表示ラベルを調べると、トランス脂肪酸の量が
わかるのです。この表示義務がある香港ではL社の「コ?ラのマーチ(いちご)」に含まれるトランス
脂肪酸の量は、たった1箱でWHOの1日あたり推奨上限値相当の2gになることがわかった。
このように日本ではトランス脂肪酸の表示の義務がなく、危険を放置している状態である。
 
さて、私たちはトランス脂肪酸が多く含まれている食品を日常的に摂取しているのでしょうか? 
ワースト5の食品グループをチェックしてみましょう
(1)ぬりもの・オイル系:マーガリン、ピーナツバター、マヨネーズ、コーヒーのクリームなど
(2)お菓子系:ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、
   ポテトチップス、ドーナツなど
(3)インスタント・レトルト系:カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど
(4)ファーストフードやファミリーレストラン系:チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど
(5)冷凍食品系:から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなどである。

色々なものにトランス脂肪酸は含まれているのです。どう対処すればいいのかと言うと、
マーガリンやお菓子やインスタント麺は食べない。食べるなら、自然食品店などので安全
なものを捜す。それからファーストフードやファミレスや中食になるべく行かずに、家で手作りの
食事をすれば、トランス脂肪酸の被害から逃げられると思います。
それにしても、日本の官庁の対応はひどいですね。
 以上、武蔵小杉徒歩2分の内科クリニック、一般内科、糖尿病内科の院長の布施純郎のお話でした。

転載終了

一個のお菓子でこれなんだから、何種類も一度に食べたらどうなることやら
情報をシェアします


香港・シンガポールで売られている日本の商品の原材料表示ラベルを調べると、日本国内の
表示では分からない有用な情報が分かる。たとえば心疾患のリスクが上がることからWHОが
1日2g以下の摂取を推奨するトランス脂肪酸。その表示義務がある香港では、ロッテ「コアラの
マーチ(いちご)」に含まれるトランス脂肪酸の量は、たった1箱でWHOの1日あたり推奨上限値
相当の量になることがわかった。

また、日本の表示では商品に使用される添加物「カラメル色素」に発がん物質「4-МI」が含まれる
かどうかは見分けられないが、香港の表示ではそれが可能。「コアラのマーチ」で着色料として
使用されているカラメル色素は発がん物質入りで、同じカラメル色素でもハウス「とんがりコーン」は
発がん物質なしのものを使っていた。さらに、S&B「おでんの素」の中身は「味の素」だらけで、
鰹節や昆布エキスよりも、味の素の量のほうが多いことも判明した。海外の消費者には情報提供
するのに、自国の消費者には隠すのが、消費者の健康より企業利益を優先する“食品表示後進国”
日本の寒い実態である。

子どもたちや若い女性の間でも人気のロッテ「コアラのマーチ」だが、たった一箱食べただけで、
トランス脂肪酸の1日の摂取上限値に達してしまうことが、香港で売られている同じ商品の表示から分かった。

日本ではトランス脂肪酸量の表示は義務化されていないため、どの商品にどれくらい含まれるのか
は不明だ。その一方で外国では表示義務化されている国も多い。

8月18日に開催された全国農業協同組合連合会(JA全農)主催の「食品表示に関する記者説明会」
の中で、日本製の加工食品の、国内での表示と、香港とシンガポールでの表示の違いが、展示された

香港で販売されているコアラのマーチの食品表示が、上記写真だ。香港ではトランス脂肪酸の
表示が義務化されている。コアラのマーチ(イチゴ)の場合、トランス脂肪酸含有量は、商品100g
当たり4.8g。一箱の商品量は41gなので、一箱食べると1.968g、ほぼ2gのトランス脂肪酸を摂取することになる。

この量は、世界保健機関(WHO)が推奨するトランス脂肪酸の1日当たりの摂取上限値である2gに、ほぼ相当する。

日本では、日本人全体のトランス脂肪酸の平均摂取量は0.6gなので健康への影響は小さいと
考えられるとして、表示は義務化されていない。一部パンメーカーだけが、ホームページで情報提供しているだけだ。

その時、日本の菓子パンで一番多かったのが、PASCOの「サンドロールチョコレート」で、商品重量
94g中2.6gのトランス脂肪酸が含まれていた。100g当たりでは2.8gとなる。コアラのマーチは、実に、
その2倍以上のトランス脂肪酸を含んでいることになる。

コアラのマーチはビスケットの中にチョコレートを注入した商品だが、ビスケットもチョコレートも
トランス脂肪酸含有量は多くなりがちなので、菓子パンよりも高濃度になってしまうのだと推測される。

菓子パンの記事に対しては、「菓子パンを、健康にいいと考えて食ってないと思うよ。毎日食ってたら
ヤバいかもしれないけど、普通はある程度配慮するだろうし、そこはもう個人の裁量だろ」なんていうコメントも寄せられた

しかし「コアラのマーチ」はどうだろうか?一箱41gなので、一度にぺろりと食べてしまえる。
チョコ好きの女性や子どもで同製品のファンなら、毎日一箱以上食べ続ける人もいるのではないか?

トランス脂肪酸は欧米諸国で追放の動きがあるのに、日本では一切禁じる動きがありません。
トランス脂肪酸は、動脈硬化、心臓疾患、ガン、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどを
誘発する原因物質です。

日本人はマーガリンとして大量のトランス脂肪酸を消費していますが、
マーガリンの原料とプラスチックの原料は同じものです。

日本がトランス脂肪酸を禁止しないのは、食品業者を助けるためです。
他にトランス脂肪酸に変わる安価な原材料が無いためです。ただ、それだけの理由です。


【特別寄稿】ゴキブリも近寄らないトランス脂肪酸の「恐怖」
http://outlaws.air-nifty.com/news/2008/12/post-0857.html より(転載開始)
2008年12月26日 (金) 東京アウトローズWEB速報版

Shibou「トランス脂肪酸」(別名・狂った脂肪酸)は、
構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸である。トランス脂肪酸含有の植物油を原料にして、
水素添加して造るマーガリンやショートニング(味付けのないマーガリン)は危険食品である。

トランス脂肪酸の摂取は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、認知症、不妊、アレルギー、
アトピーなどを誘発する。マーガリンなどは鼠も食べずゴキブリも近寄らない。

植物油、植物油脂、植物性油脂、加工油脂などは、ほとんどがトランス脂肪酸を含んでいる。
ちなみに、食品中のトランス脂肪酸含有量(100g当たり)を以下に表示する。

「明治コーンソフト」9・04g、
「ラーマバターの風味」8・10g、
「日清とっても便利なショートニング」14・7g、
「マクドナルドのフライドポテト」3.37g、
「スジャータP褐色の恋人」6・47g。


トランス脂肪酸は米カリフォルニア州では禁止されている。
ニューヨーク市も全レストランで使用禁止だ。アメリカのケンタッキーフライドチキンは、
「トランス脂肪酸を含む調理油の使用は来年4月までに全店舗で止め、
以後は同脂肪酸を含まない大豆油を使用する」と発表している。

一方、日本は、ダスキンが12月末から、「ミスタードーナツ」全店で低トランス脂肪酸油を
導入しただけでお茶を濁している。

花王の「エコナ」は、厚生労働省の特定保健用食品認可を受け、トランス脂肪酸を多く
含んでいるにもかかわらず、「健康」を前面に掲げて、ヘルシークッキングオイルとして売っている。

明治乳業は、「重要なこととして認識しているが、今はまだ対応できない。
食品安全委員会の動向には注目している」としている。

とくに、マクドナルドのフライドポテトは危険で注意を要する。
厚生労働省は速やかにトランス脂肪酸の健康に対する害を公表し、国民に告知すべきだ。
同時に全面禁止にすべきだ。国民の健康と安全を守るためにも。


                                                        以 上


トランス脂肪酸、米が使用禁止 「心臓発作を予防」
2013/11/8 9:54

共有

 米食品医薬品局(FDA)は7日、一部の菓子類やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸の使用を
段階的に禁止すると発表した。この措置により「年間2万件の心臓発作を予防でき、心臓疾患による死者を
7千人減らせる」としている。

 FDAはトランス脂肪酸を「食用として安全と認められない」と暫定的に判断した。
60日間の意見聴取期間を経てこの判断が最終的に確定すれば、許可を受けた場合を除き使用を
原則禁止する。食品業界には激変緩和措置として一定の猶予期間を与える。

 FDAによると、トランス脂肪酸は血中の悪玉コレステロールを増加させ、
心臓疾患のリスクを高めるという。
米国の食品業界や飲食店ではすでに使用をやめる動きが広がっており、
米国民のトランス脂肪酸摂取量は2003年の1日当たり4.6グラムから12年には1グラムに減った。
(ワシントン=芦塚智子)

■トランス脂肪酸の過剰摂取が心配される食事例
朝食:パンにマーガリンや菓子パン、クリーム入りコーヒー
昼食:ファーストフード、又は冷凍食品を利用したお弁当
おやつ:クッキー、クラッカー、
夕食:インスタント・レトルト食品を利用したもの

上記のような食べ方をしている人は要注意です。特に、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、
ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどで悩んでいる人は、
食事内容を見直してみるべきかもしれません。




プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり