冷え取りライフ

Entries

Category : 食べるな危険

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報をシェアします

パーム油って気づいてないだけで実はものすごく身近な油・・・

ジャンクなものやファストフード、お菓子に使われてるから、
食べる人ならきっと毎日摂取してるのは間違いないですよね。
何が危険なのか調べてみた。

①製造過程で繰り返し高温処理されていれば、トランス脂肪酸や
ヒドロキシノネナールが発生してしまってる可能性がある

②原材料のアブラヤシは遺伝子組み換えの心配はないそうだが、農薬は例外とのこと。

③特にパーム油には有毒物質の酸化防止剤BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
を添加されている。

唯一、なぜかパーム油への添加は厚生労働省が認めているため。

この「BHA」という酸化防止剤は、非常に高い発がん性を持っていると言われています


なのに加工食品やお菓子に広く使われているという現実。

ちなみに最近ではBHAではなく、没食子酸が使用されるようになってきているそうです。

没食子酸(プロピル)とは、

用途:油脂・バターの酸化防止剤として使用されるそうです。

症状:動物実験では成長阻害・腎臓障害がみられ、染色体異常・変異原性の報告もあるそうだ。



パーム油の主成分

主成分はパルミチン酸という酸化しにくい飽和脂肪酸を多く含んでるため、
常温で固まる性質を持ち、使い勝手が良いから多くの加工食品に使われているそうです。

しかし加工食品の表記上は「植物油脂」や「植物油」と表記されることが多く、
加工食品をよく食べる人は、知らずにたくさんのパーム油を摂取している可能性もあります。

「植物性油脂、植物油」

動物性がよくないんだよね?だったら植物性ってあるから安心・安全!
なんて思っている人 大間違いですよ。

パーム油が主に使われてる食品

ポテトチップス
スナック菓子全般
インスタントラーメン
カップ麺
チョコレート
アイスクリーム
植物性生クリーム
冷凍食品
お惣菜の揚げ油
マーガリン、ショートニングの一部原料
など、ほとんどの人はたっぷりと食べているんじゃないでしょうか?

スポンサーサイト
パレオドクター崎谷医師の情報をシェアします
やはりね~~って思いましたよ。その食事じゃぁねぇ。。。
そこにブドウ糖の点滴を入れてた日にゃぁ糖尿になって当然ですよね

『入院していると体調が悪くなる理由は?』

昨日も病棟のご家族を入れたカンファレンスで改めて考えさせられたことがありました。

糖尿病の患者さんで、退院にあたってインシュリンをオフにすることができないか
というご質問に対してよくよく考えると。。。

病院に入院するたびに血糖値が異常に高くなるために、インシュリンを使用せざるを
得なくなっていたということでした。

それもそのはず。

病院や学校給食は「長鎖不飽和脂肪酸」の塊のような食事です。
(米国の戦後の食糧戦略が見事に成功しています)

これは給食を作る方々にも大変な労苦なんです。

フライ、天ぷらはもちろん炒めものなど、揮発する植物油脂由来の過酸化脂質を
肺や粘膜から吸い込んでいます。これで体調が悪くならないはずがありません。

この「長鎖不飽和脂肪酸」が糖尿病の最大の原因であるということを2015年の
パレオ総会のときからさまざまなセミナーでお伝えしてきました
(日本ではまだ誰もこのことを指摘していません。不思議です・・・・)。

給食を作る方、食べる方双方(そして環境)にとってマイナスになる現在の食品行政。

病院に入院している限り高血糖は免れません。

おそらく健康体のひとでも長期間病院や施設に入院・入所していて、その給食だけを
食べているとほとんどが糖尿病になるはずです。

そのメカニズムまでは一般の方に短時間で詳しくお伝えできないので、回答に窮しました。。。。

いままで健康状態を測る指標として食事量をその一つとしてきました。

しかし、健康体であれば病院や学校の給食(もちろんコンビニ弁当も)
は食べられないはずです。

つまり、入院している場合は、(給食の)食事量が低下していく方が正常の体の
反応になります。

食事量が低下しているとエネルギー代謝が高くなって元気になるという
パラドックスが起こるのです。

もちろん、エネルギー源になる糖、果糖やタンパク質は他のところ
(家からの持ち込み)から補わなければなりません。

昨日ご紹介したマイケルムーアの映画でもあったように、米国の食事は、
ヨーロッパの人が見ると吐き気を催すような代物です。

日本はその「米国の食事+魚」ですから、さらに健康状態は極めて悪いはずです。

日本の寿命が長いのも、拙著でも触れましたが、不必要な延命治療や新生児・
乳児死亡率が低いことが大きな原因です。

決して現代の日本人が健康で長生きしているのではありません。

転載終了


情報をシェアします


はちみつ

みなさんは、ハチミツ使ってますか??

今日はハチミツについてまとめます。

ハチミツは、体に良さそう!
生だからいい!

なんて意見もあるかもしれませんね。

では、ハチミツの実態はどんなものなのでしょうか??

今、流通しているハチミツのほとんどは輸入品で、その9割が中国産です。
その他には、アルゼンチンやブラジルなどもありますね。

ミツバチの疫病予防のために、抗生物質が使用されハチミツに残留する恐れもあります。

実際に、抗生物質が検出された国産のハチミツに、抗生物質が非検出の輸入ハチミツを
混ぜて抗生物質濃度を検出限界値以下に薄めて国産のハチミツとして販売する

という産地偽装の事件も発生しているそうです。

日頃から薬はとらないようにしていても、食品から入ってくることもありますので
注意が必要です。

また、私がはちみつで一番懸念しているのはネオニコチノイドの問題です。

実際に、はちみつでアナフィキラシーを起こした話も耳にしましたが、
このネオニコチノイドなどの残留の問題ではないかと思っています、

実際に、ミツバチが大量死している原因は、ネオニコチノイドなどの農薬の問題だ
ということも否定はできません。

日本は世界の中でも農薬使用率は一番高く、ネオニコチノイド系の人への毒性は
有機リン系と同等とされています。

ここでは、あまり詳しくは書きませんが、中枢神経や自律神経、脈の異常や指の震え、
発熱や腹痛、頭痛や胸痛。。。。。。などなどに影響すると言われております。

また
子供の脳神経に影響すると言われており、現在、発達障害が増えてきた原因の
一つだとも言われています。

1歳未満に与えてはいけない。
と言われているのは、食中毒を引き起こす可能性のあるボツリヌス菌の胞子が
含まれていることがある為です。

この菌が毒素を作ることはなく、ハチミツの中で菌が繁殖することもありませんが、
まれに1歳未満の体内で繁殖することがあるため、注意書きがしてあるそうです。

スーパーなどで売られているハチミツは
コストダウンのために、水アメやブドウ糖果糖液糖などで薄めていることもあります。

ハチミツを選ぶときは、抗生物質の検査をしている生産者の混ぜ物や食品添加物のない
純粋なハチミツをお勧めします。

転載終了


ドリンク1杯で砂糖小さじ25杯を飲み干している――。
そんな調査結果が大きな話題になっている。

イギリスの研究グループ「アクション・オン・シュガー」が、同国内のコーヒーチェーンや
ファストフード店のホットドリンク類の砂糖含有量を分析したところ、
最も多かったのはスターバックス コーヒーの「グレープ・マルド・フルーツ」で、
特大サイズ(590ミリリットル)の中に約100グラム(小さじ約25杯)の砂糖が
入っていたという。

さらに、「ホワイト・チョコレート・モカ」(特大サイズ)が73.8グラム(同約18杯)、「バニララテ」や「キャラメルマキアート」(470ミリリットル)も31グラム(同約8杯)という結果だった。

 世界保健機関(WHO)が公表している糖類摂取基準は、成人の場合で1日25グラム
(同約6杯)だ。しかし、今回の調査では、98%に1杯で同基準の半分を超える13.5グラム
の砂糖が含まれていたという。また、そのうち35%は50グラム(同十数杯分)にも
達していたようだ。

これはあくまでイギリスでの調査であり、そのまま日本のコーヒーチェーンや
ファストフード店に当てはまるものではないだろう。しかし、缶コーヒーや清涼飲料水には
意外に多くの砂糖が使用されており、無意識のうちに大量の砂糖を摂取している人も
少なくない。

砂糖の過剰摂取には、どのような危険性があるのだろうか。
以下、フードプロデューサーで一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事の
南清貴氏が解説する。

砂糖の依存性が製糖会社の売り上げを伸ばす

砂糖の問題は、非常に根深いものがあります。
それは、砂糖には依存性があるからです。アメリカのプリンストン大学で行われた
ラットを用いた実験では、砂糖を過剰摂取することによって、明らかに依存性が認められた上、
砂糖の投与をやめて再び与えた際には、以前よりも摂取量が増加したそうです。

さらに、砂糖の供給を絶たれたラットはアルコールの摂取量が増え、脳機能に変化が
起きていることもわかりました。空腹時に多量の砂糖を摂取するラットの脳内では、
コカイン、モルヒネ、ニコチンなどの依存性薬物による変化と同様の神経化学的な
変化が起こることもわかっています。

ラットの実験がそのまま人間に当てはまるわけではありませんが、まったく無視する
というわけにもいかないでしょう。こういったことを鑑みると、仕事の合間や息抜きに
砂糖たっぷりの缶コーヒーや、缶ジュース、スポーツドリンクなどを飲み干す習慣は
やめるべき、というのは自明の理です。しかし、そう簡単にいかないのは、
依存性があるからです。


サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬けらしい。
上位50位の農薬中20種類に男性ホルモンを阻害する作用が見つかったらしい。
そのうちなんと日本では食品添加物として認可されているものもある。
>少子化の元凶は化学汚染。大学生の97%が不妊レベルまで精子激減
:リンク

農薬汚染が化学汚染の元凶なのだ。そして既に人類にも深刻な影響がでている。
マイニュースジャパンより以下引用です
リンク

サンキストの輸入レモンは環境ホルモン農薬漬け――欧州調査で4割がNG、
日本ではなぜか農薬が「食品添加物」として認可
サンキストのレモン。4種類の農薬が「防かび剤」として使用されている。
そのうち2種類は、環境ホルモン作用がある。妊娠中は特に要注意だ。

環境ホルモン研究の世界的権威であるコルテンカンプ博士が、11月16日に開催された
国際セミナーで、「欧州で使用されている農薬の4割に男性ホルモンを阻害する作用が
見つかった」と報告した。それら農薬を妊娠中に摂取することで、生まれてくる男の子の
生殖器の異常や、成長後の不妊・精巣がんのリスクが高まると指摘されている。

そこで、日本で使用される農薬と比較したところ、生産量がダントツだったのが、
住友化学の殺虫剤「フェニトロチオン」と殺菌剤「プロシミドン」で、これらはイチゴ等の
農薬として使用されている。環境ホルモン農薬の多くは、海外ではポストハーベスト農薬
として使用され(日本はポストハーベスト農薬は禁止)、

本来なら輸入禁止のはずが、アメリカの圧力で厚労省はこれら農薬を「食品添加物」
として無理やり認めた結果、レモンやオレンジなど輸入かんきつ類の表皮に残留している
リスクが高い(食品添加物表示を読めば避けられる)。
そのほか、輸入ジャガイモの芽止剤として「クロロプロファム」が使用されている。
環境ホルモン農薬の避け方を伝授する。
(環境ホルモン農薬回避消費行動マニュアルはPDFダウンロード可)

【Digest】
◇欧州で農薬使用量上位50成分中4割に環境ホルモン作用
◇日本多いのは住友化学の「フェニトロチオン」「プロシミドン」
◇食品添加物の防かび剤7物質中4物質が環境ホルモン
◇米サンキストのレモンは環境ホルモンだらけ
◇輸入ジャガイモのポテトチップも要注意
◇欧州で農薬使用量上位50成分中4割に環境ホルモン作用

 11月15日と16日に東京大学医学部講堂で開催された環境ホルモン問題に
ついての国際市民セミナーでのこと。
コルテンカンプ博士の講演資料より。欧州でよく使用される農薬の
環境ホルモン作用を調べたもの。
講演の中で、環境ホルモン研究の世界的権威であるイギリス・ブルネル大学の
アンドレアス・コルテンカンプ博士は、欧州で広く使用されている農薬の多くから、

男性ホルモンの働きを阻害する作用があることが分かった、との報告がなされた。
北欧諸国では1970年から2003年にかけて、精巣がんの発生率が4倍に増え、
ホルモンが関与する乳がんや前立腺がんも増加していること、また男の子での
生殖器の異常や精子数の減少なども増加している、との報告があった。

短期間で精巣がんをはじめとする疾病が増加した原因の一つとして、
胎児期の男性生殖器官が作られる時期の男性ホルモンのかく乱が考えられており、
そのかく乱物質として、農薬以外にも、塩化ビニルなどプラスチックの可塑剤
(フタル酸エステル)や、カーテンや建材に使用される難燃剤、食品や医薬品の
保存料として使われるパラベン、香水などに使われる合成ムスク、などが指摘されている。

環境ホルモンの複合作用を示した研究。個別の摂取量では無害でも、
複合作用で影響が出る。平成24年の環境省のセミナーでの井口泰泉博士の講演資料
より抜粋
 
厄介なことに、環境ホルモン作用の場合、一つ一つの化学物質の摂取量は少なくて
有害影響が見られなくても、同時に複数の物質を摂取した場合には、
それぞれの摂取量が加算されて、有害影響が出てくるという。こうした複合影響は、
動物実験では既に確認されているが、農薬などの残留基準といった規制には、
全く活かされていない。

EUでは、こうした環境ホルモン作用による有害性を重視し、農薬や家庭用殺虫剤への
規制制度を強化して、環境ホルモン作用のある成分は使用禁止にすることを決定している。
また、一般の化学物質でも、販売前の事前承認を課すなど厳しい管理措置を
義務付けることが決まっている。

農薬での禁止を決めたのが2009年の「植物保護製品の上市に関する規則」で、
家庭用殺虫剤は2012年の「生物致死製品の上市に関する規則」。
一般化学品での規制は2006年の「化学物質の登録、評価、承認に関する規制
(REACH)」で定められている。ただ、個別の化学物質が環境ホルモンであるかどうか
の判定基準の設定が、農薬業界や化学物質業界の猛烈なロビー活動により
遅れているのが現状だ。詳しくは、今年8月にフランスで放送されたドキュメンタリー番組の
日本語訳を作成しているのでぜひ見てもらいたい。 

コルテンカンプ博士の報告の元になっている2011年に発表された研究論文を
読んでみると、欧州で使用量が多く、ばく露する機会の多い農薬を、
ピックアップして調べた結果、上位50位の農薬中20種類に男性ホルモンを
阻害する作用が見つかった。

「予想以上に多くの農薬から男性ホルモン阻害作用がみつかって正直びっくりした。
人での影響がないと言えるのか緊急に調べる必要がある」とコルテンカンプ博士は語った。

転載終了

うちでは輸入の果物は買わないが、産直市場などで買う農薬のかかった野菜や果物は
ある水を使って無毒にしています

情報をシェアします

「異性化糖」もしくは「異性化液糖」

スーパーで食品の成分表示を見ると、実に広範な食品に「異性化液糖」というものが
入っています。純粋な直接糖が危険なのはあたりまえのことですが、さて、
これはどうなのでしょう?

「異性化糖」 は、”isomerized sugar”もしくは、”HFCS(high-fructose corn syrup、
高フルクトース・コーン・シロップ)といい、シロップなので「異性化液糖」と
言われることの方が多いようです。異性化糖とは科学的に無理やり作り出した
ブドウ糖や果糖
だと思ってもらえばよいでしょう。

スポーツドリンクなどはかなり健康的で体に必要であるかのようにCMしていますが、
医学的に考えれば今のスポーツドリンクは、異性化液糖などの含有量が非常に多いうえ、
危険な人工甘味料なども加えられており、かなり体に悪い飲み物です。

また、異性化糖にはもう一つ別の問題があり、それはほとんどが遺伝子組み換えの
トウモロコシを原料として製造されているということです。このようなビジネス形態が
出来上がっているのにはすべて深い構造上の理由があります。

アメリカでは2009年より全米の公立小中学校で、自動販売機での糖分入りのソーダの
販売を禁止しています。子供の肥満増加を懸念する健康団体や各州の保険当局の
要求に応じたからですが、脂質よりも糖分のほうがよほど危険であることを示しています。

アメリカでは貧困層ほど砂糖の消費量が多いというデータがあり、アメリカでは
(日本でもその傾向がありますが、)、砂糖入りの清涼飲料水や食品が、
ミネラルウォーターや生鮮食料品よりも安く手に入ります。

その結果どんどん病気が増えることになります。日本でも全く同じ状況だと言えるでしょう。
実際にアメリカの研究では砂糖の摂取を減らしたグループと、普通食のグループの行動を
比べたときに、砂糖の摂取を減らしたグループは普通食のグループに比べ、
反社会的行動が46%低下したというのがあります。特に暴行が82%減、盗みは77%減、
と激減しました。

まさに精製糖類は麻薬であり覚醒剤なのです

転載終了


情報をシェアします

「加工デンプン」て何ですか?

スーパーで売っている、ラーメンやうどん、菓子類の、パッケージの
原材料表示に書いてある「加工デンプン」と言う名前の意味を知っていますか?

加工デンプン(うち粉)と言う表示ですから、まさか、体に害がある物とは思わないと思います。

「加工デンプン」は、天然のデンプンに、いろいろな化学薬品を加えて作ります。
①酸化デンプン②アセチル化デンプン③リン酸架橋デンプン
④リン酸モノエステルデンプン⑤ハイドロキシピル化デンプン他、6種類が主に使われている
加工デンプンです。

名前からも判るように、加工デンプンは、「化学デンプン」なのです。

「デンプン」は、本来、植物が光合成によって作り出す物質の事で、
炭水化物の一種です。
小麦粉からは、「小麦デンプン」、ジャガイモからは、「馬鈴薯デンプン」
とうもろこしからは、「コーンスターチ」が、作られます。

2011年3月迄は、自然なデンプンも化学合成したデンプンも
、「デンプン」と言う一括表示で認可されていました。

化学合成された「デンプン」を、区別する必要があるということで、
2011年4月から、「加工デンプン」と言う、表示をする事が義務付けられました。
「加工デンプン」の問題点は、加工デンプンの原料になる、
天然のデンプンに含まれるタンパク質に、加工デンプンを作る為に反応させる
化学物質が結合すると、天然には、存在しない「合成タンパク質」が生まれることになります。

加工デンプンの原材料には、非常に危険な物質である「オキシ塩化リン」や、
発ガン性があると言われている「プロピレンオキシド」等の物質が使われています。

このように問題点の多い「加工デンプン」なのですが、国は、「有害添加物」ではなく、
安全な原材料として認めているのです。

ここにも、企業を優先に決めてしまう、国の姿勢を感じるのは私だけでしょうか?

更に、ある種の「加工デンプン」は、「乳化剤」と言う表示でもOK.と言う、
抜け道すらあるのです。

私たち消費者は、本当の事を知らないと、メーカーの都合だけで作られた、
「食べてはいけない物」を口にしているのです。

何も考えず、知ろうとしない人達は、常に犠牲者になり続ける事になります。

「知ろうとする」事が大切です。「無知」は罪です。

転載終了
スーパーに行って写してきた。やはり普通に入っていたわ!
スーパーでは必ず原材料を確かめないとね
低価格のには必ず入っていた。安かろう。。。。。。。
信頼できる所で購入しましょう




プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。