冷え取りライフ

Entries

Date : 2010年05月

昨日、仕事中に携帯が鳴った

「今仕事場のトイレからやねんけど、突然目の前が真っ暗になって
 朝から生あくびばかり出てて、急に冷や汗が出てきて、トイレで
 吐いて下痢もした。職場の人たちも自分の顔色を見て、心配して声かけてる」

と冷え取り仲間が息も絶え絶えに電話をかけてきた


「え!! 私はどうしたらいい?」と聞くと

「迎えにきて欲しいのとサプリがとっくに切れてるので持って来て欲しい」と言うので
急遽サロンに来る予定の子に変更をお願いして、すっ飛んで行ったのです
何が原因なのかあれこれ考えながら


車に乗り込んできた本人は、顔面蒼白でかなりしんどそうで
おまけに爪の色も真っ白
かなり貧血になってるようだった


そして命の水は持っていたので、その中に溶解型酸素をたっぷり入れてやり
見繕って持っていったサプリを飲ませて
とにかく病院へ行った方がいいし、本人も怖いから行くと言うので
車を走らせた


車中、今日あった事を話してくれる
本人は頭が原因なんじゃないかと不安になっていた

というのも最近同僚が仕事中に倒れ緊急手術になったらしく
幸い対応が早かったので命に別状なかったらしいが
同い年ということもあり自分もかもと思ったそうな


病院に着き、受付をして待つことに
どれだけ待つか判らないし、もう病院なので付いていてもらうのも申し訳ない
ということで私は一旦帰宅して連絡を待つことに


受付をしたのが夕方の5時半

「終わった」という電話をもらったのがなんと9時!!
しかも名前を呼ばれるまで待った時間は2時間半!!!

そっかぁぁ、やっぱりそうなんや~~~

医者の前に座り、症状を説明すると
精神検査しましょう と言われ20項目程の質問に答えると

「異常はないですね」と

どうやら仕事のストレスが原因かと思われたみたい

医者:「それでは胸のレントゲンと心電図をとりましょう」と言われたので

「脳とか血管は大丈夫ですか?」と言っても無視されたって。

わざわざ脳神経外科もある病院に行ったのに
じゃぁ逆にその病気ではないと問診で判断されたのか?

そして二つの検査では異常はみつからなかったそうで

検査の結果を聞いてる時に

医者:「どうしますか?様子を見ますか?」
本人:「あのぉ血の検査はしなくていいんですか?」
医者:「それではしますか?」
本人:「あ はい怖いのでお願いします」

ということで採血をしてもらって、それで終わり。。。だったんだって

??????

で「薬を出しておきます」と言われ

もらった薬が『精神安定剤』

支払ったお金が5千何百円

受付でこちらから次にいつ来たらいいか訪ねたところ

「検査の結果が5~6日かかるのでそれくらいで」と。。。。。。

んんんんん

最近は特に通院歴がないので
今回の対応をどう受け取ればよいのやら

結局この日の症状の原因であるとか、どんな病気なのか何も解決できてなく
おまけになんの説明もなく、日常生活の注意も何も言ってくれず
本人としては不安が解消されない以上にどうしたらいいの?状態になる
と不満を言っていた


私は話を聞いている間にはっと思いつき
体温を測ってもらうと35度台

やっぱり。低体温の時の症状だ
こちらも急だったことも有り思いつくのが遅くなってしまった


最近の生活を聞くと
殆ど身体を温めることもせず、不規則な生活が続いていたそうな
折角ジェットも足湯器も持っているというのに
宝の持ち腐れだわ 

で、冷え取りを徹底するよう注意をして電話を切った

そして今朝の様子を尋ねると
夕べはしっかりお風呂に入って寝たらだいぶ元気になったと嬉しい報告を受けた

冷え取りグッズを持っていてもついサボって冷えを溜め込む生活を続けていると
身体が警告を発してくれる
そして、また気付いて冷え取りをする

まぁそれも毎日生きてるとしゃぁないわねぇなんて思う

でも、何か有ったときに私を頼りにしてくれてまたお世話をしてあげられる
有り難い事だ

ってもう冷えとり歴長いんだから!しかも冷え取りで結石も治した経験もあるんでしょ!Kさん!!
ここで書いてもPC持ってないから無理か
直接言うことにしよう(溜息)

今回の一件でまたあの先生の言葉が蘇ってきた

早川一光先生
京都府下美山町で「美山診療所」を開設し山間地域の医療を担っておられる先生の言葉

    本来の医療の目的は 

  人間の臓物を治してはい終わり!ではない
  人間を治す・人間の生活を治す・人間の暮らしを治す できたら心も

  近代医療は専門に分かれているから指1本横の臓器のことが解らない

  あなたたちは近代医療の漏れていく部分・隙間を埋めるお仕事をされている
  人間の環境を治し・人間を支えていこうとする仕事である
  どうぞ心の冷えを治してあげてくださいね  
  と

大したことは出来ないけれど、私にご縁を頂いた冷え取り仲間にずっと寄り添って
共に生きていきたいな

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり