冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  今日の空
  • >>  今日の夕日

安倍晋三氏は何故憲法を変えたがるのか。

  • 2013.05
  • 04

Edit1560

PB130044.jpg
薬石拾いツアーにニニギさんと行った時の写真
私の左にいるのがニニギ氏



マイミクのニニギさんの日記を転載します



安倍氏が憲法を変えるのに必死になっていることが海外からも日本の帝国主義復活を
心配されて批判を浴びています。

そこまでしてどうして彼が必死なのか、ニニギが明快にお教えしましょう。私のオリジナル解析です。

福島原発事故も政府はひたすら隠し続けておりますがだんだんその実態がばれてきました。

以前に書きましたとおり、日本の原発開発は核兵器製造のための隠れ蓑で、
その使用済み核燃料からプルトニウム爆弾を作るためだったのです。
だから使用済み燃料の処理の心配はなかったのです。全て核兵器に使用してしまう予定だからです。


日本の核兵器製造は今から30年前に東電が受け取って、アメリカからその技術と
プルトニウムを譲りうけたことが、アメリカの公文書公開で明らかになったのです。

そしてそれは電力会社の社員が持っていったと、はっきりと書かれているのです。
丁度その時期に福島第一原発が出来たのです。

だから福島第一原発の地下にはプルトニウム爆弾の製造工場があるのです。
(それで使用済み燃料が沢山貯蔵されている)

日本に30年前にプルトニウム爆弾の製造工場を電力会社が持ってきたことは事実ですから、
その時に出来た核施設は福島第一原発しかないのです。

アメリカの公文書に書いてあることですから間違いは無いのです。
「日本が核兵器を造りたがったので全てを渡した」と。


既に30年前から日本においてプルトニウムの核兵器は製造が始まっていたのです。

そもそもの発端は安倍晋三氏のお祖父さん(岸信介氏)が首相だった時から始まります。
公文書に写真入で書いてあります。
それで安倍氏はお母さんから父(岸信介氏)の核兵器製造をひたすらに隠すように
言われているのです。


間もなく福島での核兵器製造がばれるでしょう。

その時に日本の核兵器製造の言い訳を自衛隊では出来ないので「国防軍」が必要なのです。

安倍氏はただ祖父の言い訳を正当化するために自衛隊を国防軍に変えたいだけなのです。
日本の国を守るのでしたら自衛隊でもいいのですが、核兵器の所有となると
国防軍で無いとつじつまが合わないからです。

安倍氏はこんなくだらない理由で日本の平和憲法を変え、核廃絶どころか、
核装備を正当化しようとしてるのです。

それで国連の核軍縮に反対したのです。
「いかなる場合も核を使用してはならない」に反対したのです。
世界の国々は唯一の核被爆国が核廃絶反対と言う事態に唖然としたのです。日本の恥さらしです。


日本の核兵器は世界最先端ですよ。

アメリカのあとを継ぎ30年間の開発技術ですから。
アメリカは全てのプルトニウムを日本に渡したので、その後は開発して無いと思います。
核兵器開発をしていたのは最後は日本だけだったと。

安倍晋三。早く世界の平和のためにいなくなって頂きたい人物の一人です。

                              2013年5月3日 17:05 全体に公開


岸信介ですよ。
彼は名指しで核兵器導入の道筋をつけた張本人とアメリカの公文書にでてます。
それを安倍氏が継いだと。

岸信介氏です。悪の根元は。
核開発の責任は安倍氏なのです。


あの公文書はアメリカの核開発関連機関が日本の核開発について調べた調査報告書です。
日本の仁科研究所の原爆開発から書いてあります。

アメリカにとってはどうでもいいことかも知れませんが、日本にとっては驚異の事実です。
そして最後は責任逃れで「その後はどうなったか分からない」で締めくくってあります。
この文書を見つけ出してきたのはandyさんで、翻訳ソフトを通したらその内容に
ビックリしてニニギが日記で紹介しました。
よくぞこの様な物を見つけ出したものですね。
アメリカの公文書公開は秘密の山ですね




昨日は憲法記念日だったので、憲法論議が色々とされていました。
しかし中には(ほとんど)憲法の意義も知らずに話してる人が多かった。
今日の朝日新聞の記事で、憲法の改正賛成者全員が憲法の意義を全く知らない人の意見だった。
どうしてこんな無知な人の意見を取り上げるのでしょうか。

みんな日本の国がどうのと言っている。それは日本の国防の事ではないか。
憲法と反対の国のための意見でしょう。

憲法とは国民を戦争から守るためのもので、国のためのものではない。
ここが大事な憲法の意義です。

国民が平和に生活できる事を保証するために、国によって制限されることの無いように制定した
私達を戦争から守るためのものです。

「他国が攻めてきたらどうするのか」これは憲法とは直接関係ない国際問題ですので。
この区別が出来ない人がいます。

国によって戦争を起こし国民が犠牲にならないように世界初の平和憲法で、
まさに「神の国日本」を象徴するものです。

だから国防がどうのと言うことはそれによって国民が制約される(徴兵など)わけなので、
憲法違反になります。これを憲法の意見で言う事自体何も憲法がわかって無い証拠です。

憲法の決めている国民誰もが安心して生活できる社会。
それこそ「生命を育む会」の憲章と同じなのです。

憲法はまさに神が与えた日本人の心。
改正どころかその意義をじっくりと考える事にしましょう。

5月4日 16:30

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  今日の空
  • >>  今日の夕日

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり