冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  トランス脂肪酸:世界中で追放の動きが加速
  • >>  日経新聞「電力8社史上最大の赤字」報道で書かないこと

食品添加物リスト 特に危険なもの①

  • 2013.11
  • 14

Edit1662

ブログ記事のネタを調べている最中に気になった記事があったので投稿します。
このように、ある程度一覧化され、どう悪いか書いていると分かりやすく、気にかけやすいと感じました。
引用サイト:by fujinomiya_cityより
リンク
----------------------------------------------------------------
食品添加物を気にしていたら食べられる物が無くなってしまうよ、と思うのは当然のことです。

けれどここでもう一度、あらためて考えてみてください。

食事は毎日のことです。毎日体内に色々な食べ物を添加物と一緒に取り込んでいます。
そして当たり前の事ですがその食事によって身体は造られています、健康を維持しています。
単に肉体的なことだけでなく精神面も食事から影響を受けています。

じゃあどうすればいいの?と悩みますが、難しく考えないでちょっとだけ気にしてみましょう。

先ずは偏食をしないことです。
偏った食事は栄養だけでなく有害物質も偏ります。
偏食をなくすことは栄養バランスも良くなり、毒物のリスク分散になります。
よく考えてみれば食塩や砂糖だって取り過ぎたら身体に悪いですよね。

次にマイルールを作ること。
添加物は多すぎて覚えるのも大変なので、特に危険な物で多く摂ってしまいがちなものを避けるようにします。

例えば我が家の場合だとパンが大好きなので朝食は殆どパン、おやつに菓子パンを食べることもありました。
なのでパンの添加物の中でもこれだけは避けようという添加物を決めました。
イーストフード
(塩化アンモニウム、炭酸カルシウム、リン酸塩など13品目の合成添加物から4~5品目を
混ぜてつくられる化学物質)
や乳化剤、小麦粉改良剤の臭素酸カリウムが入っているパンは食べないようにしました。

あとソーセージやハムなどの加工品や清涼飲料水などはなるべく控えるようにしました。
必ず毒性の強い添加物を使っているからです。
「無塩せき」など添加物を減らした加工品も出ているので、それを選ぶのもいいと思います。

ソーセージは食べる時に湯でこぼしをすると水溶性の毒を軽減できます。
切り込みを入れるとより効果的。

着色料などは表示されているし見てわかりやすいので避けやすい添加物です。
無着色を売りにしている商品も時々見かけます。


できるだけ避けたい毒性の強い添加物にはどんなものがあるのか、
どのような食品に使われているか調べてリストアップしてみました。

追記:できるだけ避けたい毒性の強い添加物はこの他にもたくさんあります。
ここにあるのはほんの一部です。

・亜硝酸ナトリウム(発色剤)
ハム、ソーセージ、ベーコン、コンビーフ、いくら、すじこなどに使われる。
強い毒性があり、吐き気、下痢、貧血、中枢神経麻痺などの原因になる。遺伝子にキズをつける。
魚に含まれる第二級アミンと結合してニトロソアミンという強力な発ガン物質になる。
アメリカではベビーフードへの使用禁止。全面禁止も検討されている。

・アスパルテーム(合成甘味料
清涼飲料水、ガム、アイスクリーム、ゼリーなど。
ラットに経口投与して脳腫瘍、ウサギに経口投与して骨格異常が発生。

・EDTA2ナトリウム、EDTAカルシウム2(酸化防止剤)
マヨネーズ、缶詰など。
カルシウム不足を起こし、血圧低下や胃腸障害の原因になることがある。
毒性が強く、催奇形性が見られる。

・オルトフェニルフェノール(OPP)(保存料=防カビ剤)
レモン、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類。
睾丸肥大、肝障害等を引き起こす。ラットで膀胱がん、成長抑制。
繁殖能力への影響や、発ガン性などが動物実験で確認されている。
遺伝子にキズをつけることも認められている。アメリカでは使用禁止。

・過酸化水素(殺菌、漂白)
かまぼこなどの水産練り製品、数の子など。
粘膜のただれや一過性食中毒症状をおこしたりする。マウスで発がん、ラットで強い急性毒性。
染色体異常。
遺伝子にキズをつける性質も認められている。

・サッカリン、サッカリンナトリウム(合成甘味料)
清涼飲料水、ガム、練り製品、佃煮、漬物、アイス、菓子類など。
発ガン性物質であることが認められ危険性が高い。網膜に奇形を起こしたり、アレルギー(光過敏症)
の原因になることもある。
 遺伝子にキズをつける性質も認められている。
染色体異常。ラットで子宮がん、膀胱がん。カナダでは使用禁止。

・ジブチルドロキシトルエン(BHT)(酸化防止剤) 
乾燥魚介類、魚介塩蔵品、食用油脂、バター、チューインガムなど。
血清コレステロールの上昇や、異常行動の原因になることがある。遺伝子にキズをつける。
染色体異常。新生児に無眼症の例有り。妊娠したネズミに与えて目のない子が生まれる。

・臭素酸カリウム(小麦粉改良剤)
小麦粉、イーストフード、パンなど。昭和57年パン以外は使用禁止になった。
学校給食のパンに使われて問題になった。
これを使うと パンの焼き上がりが2時間位早く焼き上がるようになる。
毒性の強い添加物。
中枢神経麻痺。血球破壊。脾臓肥大。尿細管閉塞。下痢。嘔吐。遺伝子損傷。染色体異常。
ラットで腎臓がん。

・チアベンタゾール(保存料、防かび)
レモン、グレープフルーツ、バナナ、オレンジなど。
農薬として使われていたのが食品添加物として指定された。
めまい。嘔吐。貧血や肝障害の原因になる。
遺伝子損傷性や催奇形性も認められている。皮に残留し、洗ってもほとんど落ちない。

・ブチルヒドロキシニアソール(BHA)(酸化防止剤)
バター。マーガリン。食用油脂。
昭和57年からパーム油以外使用禁止になる。アメリカの圧力により全面的禁止を取り消した。
マウス、ラットで歩行失調、呼吸促迫して死亡。染色体異常。変異原性。
遺伝子にキズをつける性質が認められている。発ガン性もある。

続きは“食品添加物リスト 特に危険なもの②へ

以上転載終了

我が家の場合は極力添加物を避けていますが0は不可能なので体内を綺麗にしてくれる
海洋深層水を飲んでいます。お試しお得パックがありますので
興味のある方はブログフォームよりご連絡くださいませ

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  トランス脂肪酸:世界中で追放の動きが加速
  • >>  日経新聞「電力8社史上最大の赤字」報道で書かないこと

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり