冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  言い得て妙
  • >>  悪い豆腐の見分け方

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん治療について

  • 2014.03
  • 14

Edit1757

最近内海医師の記事をシェアすることが多くなりましたが、言い回しはきついけれど
本当のことを知らせてくれてるのが痛快でついつい載せてしまいます

私も中村先生の著書は読みましたし自分が医療行為を受けないで病気を治しているので
やはり余計なことをする必要はないなと実感しています
ただし私は死ぬまで冷え取りをし温め倒しますが

以下をシェアします

「抗がん剤や放射線をした場合の最期が、必ず痛むかどうかはわかりません。
しかし、治療をしなかった人は痛まなかったということだけは言えます」

大往生したいなら医療にかかるなの中村医師の言葉。
この人の言葉はクサイが、語っていることは私も結構同意している。この本は良著だよ。
医師がみんなこうなら、医療批判も減るのにね。

自然死とは餓死なんです。もう死に時がきているから欲しくない。おなかが空かない、
のどが渇かないから餓死なんだけど、全然本人にとっては、普通のことなんですね。自然の流れなんです。

しかも飢餓状態っていうのは、頭の中から「エンドルフィン」というモルヒネみたいな物質がでるらしい。
気持ちよくなるらしい。まどろみの中で、この世からあの世へ移っていくのが実は死ぬっていうこと。

人様には強要はしませんが繁殖を終えた人はもうそろそろ、考えた方がいいのではないかと。

中村医師は京都大学医学部を卒業後、内科医として京都の民間病院に勤務。
介護保険が始まった平成十二年から、京都にある社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所の常勤医となる。
「同和園」に来るまでは中村医師も「がんの末期の痛みをとるためには、麻薬を使うのが当たり前」
と考えていたという。

「病院に勤務している頃は、胃がん、直腸がん、肺がん、肝臓がんなど、色々ながんを診てきましたが、
大なり小なりの差こそあれ、患者さんはみなはっきりと痛みを訴えていました。
そして痛みを訴える人には必ず麻薬を使う。それが常識だったのです」
その常識が「同和園」に来て大きく覆されてゆく。

実際に「同和園」では、こんなことが起こっていた

◎52人全員が痛みがなかった

「このホームには麻薬をおいていなかったので、いくところまでいって、痛みが出たら病院に送ろうと
考えていました」
しかしそれは杞憂に終わった。病院でなんの治療もせずにホームに戻った山川さんは、痛みを訴えるどころか、
コールタールのような黒い便が普通の便に変わり、食事ももりもり食べるようになった。

血液検査をしたところ、貧血も改善し、正常の域に達していった。その後も痛みが出ず、外出するなど
普通の生活をすることができるまで回復したという。病院からは、余命はせいぜい二~三ヵ月と言われた
山川さんは結局、一年近くも普通の生活を続け、最後まで苦しむことなく安らかに亡くなったというのだ。

◎人間には“自然緩和力”がある

そうした事例を知るまでは、筆者も、がんに限らず死ぬときは苦しいものと考えていた。
だが、取材を続けていくと、「自然な最期」は驚くほど安らかなものであり、医療に頼らなくても
痛みを感じないという“事実”を知るようになった。
そんな例をいくつも見ていくうちに、筆者はある確信を得るようになる。

だが現在、この“自然緩和力”が使われることはほとんどない。中村医師が言う。
「病気ではない“死”に対して、医療が過度に介入するから、人間の本来持っている力が生かされてないのです。

人間の持っている自然な力を無駄な医療が邪魔しているのです。
医療の本来の役割とは、人間が持っている自然の力を最大限発揮させることなのです」

二人に一人ががんにかかり、三人に一人ががんで死ぬと言われている時代である。
治療法は進化し、多種多様になっている。どの治療法を選ぶか悩む人も多いことだろう。
だが、そんなときに、「何もしないで完全放置する」という選択肢もあるのではないだろうか。
これだけの多くの人が、全く苦しむこともなく、安らかに亡くなっているという“事実”があるのだから。

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  言い得て妙
  • >>  悪い豆腐の見分け方

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。