冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  抗がん剤は、実は増癌剤だった  
  • >>  孫が骨折

医学の本質、医療の本質とは

  • 2014.03
  • 26

Edit1765

内海医師の記事をシェアーします。なかなかハードな内容ですがこれが現実なんですね

私は体をケアーして大事にお手当できる方法を手中にできたことはラッキーとしか
言いようがありません。本当に良かったと思います

以下は転載です


医学の本質、医療の本質とはなんでしょう?何度も書いている気がしますがもう一度。
それは人を助けることでしょうか?人を癒すことでしょうか?何かを緩和すること?
リスクとベネフィットの関係でしょうか?医師患者相互関係でしょうか?いいえ、そうではありません。

医学や医療の本質は人間を悪くすることです。毒を盛り嘘をつき体を壊し更に医原病を作る。
人の話を聞いたところでそれは医学の本質でも仕事でもありません。診察室で一度も診察しなくても
話を一言も聞かなくても、治るものは治ります。いっぱい話を聞いてくれても治らないものは治りません。

というよりいっぱい話を聞いてくれる人ほど治せません。自然であること、医学や医療にぎりぎりまで
かからないこと、これが健康であることや死なないための最も重要な秘訣です。
たびたび救急医学と産科と外科くらいしか存在価値がないと述べていますが、医学とはかかればかかるほど
悪くなるのです。悪くしないと儲からないし死人がでないと医学は成り立ちません。
殺人するために医学は存在します。

実例を挙げていきましょう。

精神薬・・・覚せい剤や麻薬そのもの。すべてをドツボにはめます。

抗ガン剤・・・完治しないこと、一時的な縮小以外の効果がないこと、寿命が縮む事は厚生労働省さえ
        認める、意味のない猛毒薬です。

降圧薬、抗コレステロール薬・・・発がん率、感染症死亡率を増加させる薬です。
   確かに血圧やコレステロールは下がりますが、動脈硬化の危険度との比較はされません。
   飲んでいる人は意味がなく、自分の寿命を縮めています。
   それでも欲しがるのでどうしようもありませんが。

内服抗生剤・・・大した効果もなく、体内免疫は狂わせ、風邪の治りはむしろ悪くなります。
   腸内細菌は狂い善玉菌は死に耐性菌は作る。人々を感染症により死に至らしめるような薬です。
   点滴の抗生剤には一定の価値がありますが、内服などすべて無駄です。

ワクチン・・・人類削減計画と優生学思想の一環です。不妊、自閉症、神経障害、感染症の増加などを
   引き起こし、同じく免疫を狂わせます。罠が何重にもなっていて、かつ分かりにくい
   というのがミソです。

輸血剤・・・なかなか着目されませんが、無駄な使用でかなりの死人を出しています。
   輸血は失血を助けることはありません。一剤一剤がかなりの儲けをもたらしてくれるため、
   病院で使用されるのにことかきません。全く使わないことをポリシーとしている医師まで
存在します。

手術、放射線・・・どれだけ無駄な治療が日々おこなわれているか、まだまだ一般人は知らないと
思います。
   おそらく現行の9割は無駄な治療かむしろ悪くなる治療です。癌だから必ず手術という
   わけでもありません。放射線治療も同義です。

胃ろう、IVH・・・老人に対するこれらの処置は、もはや延命栽培と呼ぶに等しい状況になっています。
   多くの人が胃ろうして良かったかを悩むのは当然のことであり、当事者がやらないでくれ
   というのも当然のことです。しかし医学者にとってはお構いありません。その専門家の助言とやらは
   善意であんで包んだお金という誘惑でしかないのです。

胃薬・・・出血性の胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある時以外、胃酸抑制剤(ガスターなどなど)は意味を
   なしません。また胃薬だからと副作用を軽く見られておりますが、血小板減少などもみられますし、
   H2ブロッカー(ガスターなどなど)はヒスタミンに作用しますので、主ではありませんが
   精神作用があります。つまり胃薬を飲み続けているとうつになる可能性があります。

アレルギー薬(花粉症、じんましんなどなど)・・・同じく抗ヒスタミン薬といってヒスタミンに作用
   しますので、精神作用があります。アレルギーの薬で眠くなるのはこの結果です。
   つまり同じく飲み続けるとうつや精神病発症のリスクが高まります。

解熱鎮痛薬・・・忘れてはならない重要な医原病薬です。精神薬に匹敵するほど常習性があります。
   鎮痛剤中毒という有名な言葉がありますが、飲むほどに痛くなることがままあります。
   解熱作用もあるので免疫力も低下しますし、胃潰瘍の副作用、腎障害の副作用もよく表れます。
   精神薬と同じで麻痺させるだけの害ばかりの薬です。

感冒薬・・・解熱鎮痛薬に近いですが別成分が入っていることもあるので分けます。
   解熱成分だけでなく他の成分も、風邪の治りを悪くし最悪免疫錯乱状態を引き起こし、
   感染死を引き起こすことさえあります。他の副作用は解熱鎮痛薬に似ます。
   目先の利益を尊ぶ日本人の代名詞のような、体を悪くする薬です。

免疫抑制剤・・・ステロイドやリウマチの薬に代表されるものですが、非常に危険で発がん率も高く、
   内臓を弱めることもあまり知られていません。膠原病で重病の場合は免疫抑制剤が必要なことも
   ありますが、命にかかわらない病気にこれらを安易に使うと、体はどんどん弱くなっていきます。
   当たり前ですが感染症の発生率も著しく高まります。

脳循環改善薬・・・この薬は害は比較的少ないのですが、全く効かないことが大規模研究によって
   証明されています。それでも人はこの薬を飲みたいのだから困ったものです。

漢方薬・・・かつては私も重視してましたが(今でも使いはしますが)、決して危険でないわけでも
   何でもありません。数少ない間質性肺炎ばかり医学では取り上げられますが、
   麻黄(エフェドリン含有の興奮剤)や附子(トリカブトを加工したもの)のほうが問題です。
   なぜトリカブトが毒になるのか、皆さんは知らないでしょうが漢方でもそのような物質を
   使っているのです。安全性ばかり誇張されていますが、なぜ漢方を飲むのか、
飲む必要があるのか、常に考えてください。

転載終了

私の方法は温泉効果のある入浴剤を入れて自宅で湯治治療をし、体液・血液のミネラルバランスが
酷似している海洋深層水を飲み(輸血をしないでこのお水を飲むのが最良の方法♪)
ケミカルなサプリメントではない安全なサプリを飲み経皮毒の心配がないクリームなどでやけどや打撲や
傷などを治す。自分の独自の腸内細菌を活発にして治癒力を高める
ありがたや~~~~

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  抗がん剤は、実は増癌剤だった  
  • >>  孫が骨折

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり