冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  入道雲
  • >>  男性たちは、スマートフォンや携帯を前ポケットに入れるべきか

フッ素について

  • 2014.08
  • 07

Edit1908

情報元内海医師

フッ素というのは強力な猛毒であることが昔から指摘されてきましたが、現代人はそんなこともう
興味がないようです。フッ素やフッ化物には脳の松果体を石灰化させる作用があることが指摘されて
おり、酵素阻害作用により神経毒として作用し、歯のフッ素症を増やすなど様々な毒性があります。

厚生労働省も猛毒として認めている物質なのです。まず、私たちにできることは、フッ素を体の中に
入れないことです。これは、日々の生活の中で、意識するしかありません。
買い物をするときに、商品裏面にある成分表示を確認するようにしましょう。現在、必要以上に
フッ素の含有量が高いものは以下のとおりです。
 
  ・歯磨き粉(フッ素化合物を含むもの)
  ・水道水(アメリカなど水道水にフッ素が添加されている国や地域)
  ・乳幼児の食品(ベビーフードの一部)
  ・ジュース(農薬などから果実に吸収されているもの)
  ・炭酸飲料水、お茶、ワイン、ビール
  ・ファーストフードのフライドチキン(機械で骨をとっているもの)
  ・缶詰の魚
  ・魚貝類
  ・フッ素添加された塩
  ・たばこ
  ・麻酔(メチオキシフルレンなどフッ素化合物を含むガス)
  ・農薬(クリオライト・フッ素化合物をふくむもの)
  ・フッ素加工(テフロン)のフライパン
  ・フッ素入りのコーティングスプレー

フッ素支持派の筆頭でもあり、広島に投下した原子爆弾を開発した「マンハッタン・プロジェクト」の
科学者であるハロルド・ホッジ博士は、予期される核実験反対や訴訟に備え、あらかじめウランや
プルトニウムを人体に注射し、その毒性を測る実験を指揮していました。それと同時に核兵器の
製造時に大量に使用し、排出されるフッ素ガスの毒性を一般大衆に察知されないように安全性を
アピールしておく必要があった、という裏事情はご存知でしたか?。

このような事情を隠すためには「フッ素は安全なもの」として一般の人々のイメージに浸透させておく
必要がありました。
1950年代、アメリカで水道水へのフッ素化合物添加の是非をめぐる一大論争が科学者の間で
起きました。そのとき低濃度(1ppm=100万分の1)のフッ素の安全性を訴えたフッ素支持派の
筆頭者はハロルド・ホッジ博士でした。フッ素を人類史上、初めて水道水に導入したのはナチスであり、
強制収容所などでも使用していました。昔の畜産では牛などをおとなしくさせるためにフッ素を牛などに
飲ませていたのです。この流れはソビエトの強制収容所でも同じことが繰り返されました。
またフッ素は殺鼠剤の主原料としてよく用いられています。

そもそもフッ素の有効利用の始まりはアメリカにおけるアルミニウム産業でした。産業廃棄物である
フッ素の毒性と処理に手を焼いていたアルコア社の主任研者フランシス・フレイリーは、メロン産業
研究所の研究員ジェラルド・コックスにフッ素の歯に与える影響を研究して、その有効利用を提案
しました。そして、コックスは1939年に虫歯予防のために、公用の水道水にフッ素を添加することを
提唱します。また、このメロン産業研究所は、アルコア社の株主であるアンドリュー・メロンが設立
したもので、真の目的は、大企業が起こす大気汚染・土壌汚染などの公害に対して行われる訴訟
から産業を守るために有利なデータを作成することでした。同社はアスベスト産業を守るために
「アスベストは安全である」と長年主張し続けています。

つまりこの一連の流れで起こっていることは、「愚かな民衆たちにこの陰謀が分かるわけはない」
という大金持ちたちの思惑であり、「市民が大金持ちの奴隷なので、大金持ちが作った毒は市民の
体で処分しなさい」という扱いを受けているのと同じことです。現在の原発行政もこれとそっくりだと
思いませんか?ちなみに虫歯予防といえば、「フッ素が有効である」という大嘘を聞いたことが
あるでしょう。子供の虫歯予防のためのフッ素塗布を町の歯医者さんも推奨していますし、たいていの
歯磨き粉にもフッ素は入っています。まあ、まったく予防効果はありませんが。
興味ある方はこちらもデータの一部なので参考に。
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-262.html

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  入道雲
  • >>  男性たちは、スマートフォンや携帯を前ポケットに入れるべきか

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり