冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  子どもにとって夏はぼんやりすべき季節
  • >>  新聞の余録

地震警戒情報

  • 2014.08
  • 13

Edit1912

http://news.livedoor.com/article/detail/9107889/


1日放送の「してみるテレビ 教訓のススメ」(フジテレビ系)に、地震の専門家らが登場し、
「大地震は必ず来ます」「東京直下の前に、北海道で大きな地震がある」と語った。
番組では「大地震はほんとうに来る?」というテーマで、坂上忍が国民を代表して、地震の専門家に
一から聞いてみることに。

疑問に答えてくれる専門家は3名。
地震発生メカニズムの第一人者、濱嶌良吉氏
地震予知の第一人者、早川正士氏
防災・危機管理の第一人者、渡辺実氏
坂上が「近い将来、大きな地震がまたやってくるぞって、まことしやかに言われてますけども。
本当に、大きな地震は近々に来るんでしょうか?」と、単刀直入にたずねると、濱嶌氏「必ず
来ますね」と即答した。

それに合わせて早川氏が「中期予測によると、関東ではここ20~30年でマグネチュード7が来るのが7割と言われています

これは統計ですから、多分来るんだと思います」と持論を述べた。
あまりの即答ぶりに坂上は「そうなんだ…」と唖然とした表情に。
また、濱嶌氏はフリップを使い、日本海溝のプレートが限界状態に来ていることを説明
。「いつ大地震が来るんですかという質問ですが、400年くらいのサイクルで、それが連動して
起きる可能性が非常に高いんですね」
と言い、北海道でも1611年に大きな地震があったことを挙げた。

ではなぜ地震大国と言われる日本で、国民の耳に地震予知の情報が入らないのだろうか。
これについて濱嶌氏は「地震予知は基本的には禁止しているんですね。今、日本は。
これは阪神大震災直後に国土庁から、100%確実な情報意以外は発信してはいけないという
通達が出たんです」と、意外な事実を語る。

これまで、大地震の予知が正確にできなかったことから、政府は、日時などの断定的な表現を禁止し、
現在では長期スパンでの地震の発生確率でしか発信できないというのだ。


また、早川氏の地震研究によれば、地震の1週間前に発生する電気をとらえて、地震の規模や
場所を予測するという。
坂上が「何で国はそれを認可しないんですか」とたずねると、早川氏は「国は、予知をできないことを
結論としているので」と答え、
また「だから我々も国からお金をもらってませんので、自分たちで事業化をして、
国民の皆様の支持を得てお金をいただくと。そういうことしかないわけ、現時点では」と心中を語った。

さらに坂上が「次、(大地震が)どこ来ると思います?」と直球の質問を続けると、
濱嶌氏は「南海トラフよりも、まず東京直下の方が近いんですね。その前に、北海道で大きな地震が
あるんです」と答え、東京直下型の前にまず、北海道に大地震があると持論を述べた。

では、東京に首都直下型の地震が来た場合、東京はどのような状況に陥ってしまうのだろうか。
被害の想定については渡辺氏が「この間、内閣府が首都直下の被害想定を出しました。
この被害想定の中に、『国家存亡の危機』という言葉が出てくるんですよ」と語る。
内閣府によれば61万棟が倒壊・消失、2万3000人が死亡、経済損失は95兆円に登ると予想されるという。

これまで様々な地震の被害想定を我が国は行っているが、「国家存亡の危機」という言葉を使った
のは初めてだという。 また、坂上が「では、東京に直下型の地震が来たとして、来た時って何を
すればいいんですか? 死なないにはどうしたらいいんですか?」と対応策について質問した。

その問いについては濱嶌氏が「その前に逃げるしかないんですよ。避難先を早く決めておくということです。
私はマレーシアに移住しましたから」と告白した。これには坂上も「えっ!?」と驚く。
「もう、そういうことをやらなきゃいけない時期に来ているんですね。それほど日本は今、危ない
ということなんです」と、濱嶌氏自ら、すでに日本から脱出していることを認めた。

大地震に対応するには、まず、安全な避難先を用意しておくことが何より重要だという。
                               
                                               
                                                         以 上

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  子どもにとって夏はぼんやりすべき季節
  • >>  新聞の余録

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり