冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  インフルエンザかもしれないと不安に思う患者に思う事
  • >>  1995年1月17日

タミフルというバカなクスリ

  • 2015.01
  • 17

Edit1949

タミフルというバカなクスリ

抗ウイルス剤のタミフルはあまりにも有名だが、タミフルとは何かを人々は考えたことが
あるだろうか?この薬ほど日本が在庫処分場となり、子供にとって被害著しい薬はなかなかない。
まさに小児科業界と巨大製薬会社にとってカネのなる木だ。海外では、タミフルにインフルエンザ対策
として効果がないとして、専門家が製造元に対する訴訟を要求するにまで至っている。
2012年11月13日【Daily Mail】の邦訳記事から一部抜粋する。

英国一流の医学雑誌が製薬企業ロシュ社 (Roche) に対し、タミフルに関する全データを公開するよう
求めている。問題のタミフルがインフルエンザ・ウィルスに有効である証拠が実際のところはない、
というのだ。(中略)BMJ journalとつながりのある研究者がヨーロッパの各国政府に対しロシュ社を
告訴するよう求めた。「ロシュ社がタミフルに関する非公開のデータを公開するまでは、我々は
ロシュ社の製品の不買運動を行うべきです」と、コペンハーゲンにあるノルディック・コクラン・センター
の指導者Peter Gotzsche氏は記している。タミフルの備蓄のために「不必要に」費やした金額を
取り戻すために、各国政府はロシュ社に対し法的措置を取るべきである、と彼はいう。

2009年、BMJジャーナルおよびノルディック・コクラン・センターの研究員らはロシュ社に対し、
タミフルに関する全データを提示するよう求めた。当時コクラン・センターは、イギリス政府から
インフルエンザ治療薬の審査を行うよう委託されていたが、同センターは、タミフルが合併症を
起こしたインフルエンザ患者の数を低減させたという証拠を見つけることができなかった。

BMJ編集者Fiona Godlee氏は社説の中にこう書き留めている。「 (タミフル関連の) 裁判が行われる
度に、 (社内の報告書を) 公開すると公約しているにもかかわらず・・・ロシュ社は協力していません」
タミフルはアメリカ国内で約8万人に対し使用されていた。そのタミフルを含む製薬19商品が、
死亡すら引き起こしかねない副作用を有していることを適切に報告していなかったとし、ロシュ社は
また、欧州医薬品庁からも取り調べを受けている。

海外では、子どものインフルエンザに対して重篤な場合を除き、投薬しない親も多い。タミフルの
全世界の処方件数のうち、日本が75%を占めるというデータもある。
連日のように「インフルエンザで死亡」とニュースで流されているが、こんなに報道が必要なほど
重大なのか?インフルエンザが所詮は風邪と同じであることは、私に否定的な西洋医学者
であっても多くの人が認めることだろう。しかし人々は考えない。本当にインフルエンザで死亡
したのか? タミフルや解熱剤は関係ないのか? 

2007年6月16日、厚生労働省はタミフルについて次のような発表を行っている。
「日本でタミフル販売が行われて以来、1377人の害反応の報告を受けたという。そのうち567人は
重篤な精神神経症候、211人は異常行動を伴っていた。更にタミフル服用後の副作用死亡数は71人
であった。」もちろんこれらの数字を判断したうえで、厚生労働省はタミフルとの因果関係を否定している。

さて、この数字は正しいであろうか?おそらくそれは間違いである。もちろんそれは小児科界や
厚生労働省が正しいという意味ではない。例えばアメリカを例に出すと、あるアンケート調査では
アメリカの小児科は50人に1人程度しか副作用報告をしない、というものがある。
もちろんアメリカ全土にこれが適応されるわけではなく、また日本も数字は違うだろうが、私は
間違いなくこの数字より日本の小児科医は報告していないと思われる。そもそも今の医師なぞに
薬の副作用を見抜いたり、薬の害を直視できるような人間がいるわけもない。とすればこの数字の
何倍もの子供が被害にあっている可能性さえあるのだ。これもまたアメリカの医原病死の数字と
一致点が見いだせてくるではないか。タミフルなど使わなくてもウイルス性疾患は滋養、休息、
発熱、排毒で大半は良くなっていく。古典的人々であっても亡くなってしまっていたほんの一部の
人たちだけを、現代西洋医学の粋を結集して改善させればいいことである。

by内海医師

Comment

top

あい

subjectはじめまして!

私には生後3ヶ月の娘がいます。
私も県外から舌小帯のことでおかざきまりこクリニックを受診しようと思うんですが、診察は予約しないといけないんでしょうか?また診察当日手術していただけるんでしょうか?

のり

subjectあいさんへ

はじめまして^^
第1.4金曜日と第2火曜日に相談会があって診察を受けたり説明を聞いたりします
事前予約が必要です
うまい具合にその日の翌日に手術が受けれるなら2泊3日で一度に済みます
娘の時は相談会と手術日と離れていたので2回も行かなくては行けなかったので
大変でした
1週間後に診てもらわなければいけないのですが大阪に診てもらえる病院があるので
そちらは助かりました。お住まいの近くに診てもらえる病院がないかまりこクリニックに
聞いてみたらいいと思います

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  インフルエンザかもしれないと不安に思う患者に思う事
  • >>  1995年1月17日

プロフィール

のり

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり