冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  タロ子13歳
  • >>  次女の手作り弁当

ガンの手術は、猛烈な発ガン効果がある

  • 2014.10
  • 21

Edit1959


癌の摘出手術は猛烈な発癌作用があると述べているサイトがあります。

癌は活性酸素による体内の酸化に発生の原因があり、手術などの切開は身体の酸化を急激に
促進し、結果、癌の摘出後も新たに癌が発生する(転移と呼ばれる)という悪循環の基になっているとのことです。

また手術と並行して行われる抗がん剤の投与や放射線治療や輸血は、身体の免疫機能を低下
させるため、さらに癌の再発の可能性が高まるというカラクリになっているようです。

以下、リンクより引用します。

―――――――以下、引用――――――――――――――

手術は猛烈な発ガン効果がある
なぜ手術をするとガンは急速に悪化、増殖するのか
そのメカニズムは解明されている

手術は抗ガン剤や放射線が猛烈な発ガン剤であるのと同じく、猛烈な発がん術である。
切れば切るほどガンは勢いよく増殖する。どんなに広範囲に切ってもまったく効果が無いどころか、
広範囲に切るほどガンは勢いづく。
(中略)
 手術をするとなぜ癌が猛烈に悪化して再発しやすくなるのかというメカニズムは、彼ら自身の
研究によっても、すでにわかっているのである。外科医たち自身も、切ると急速にガンが悪化する
ことを経験上わかっている。外科医自身のそのような証言も多数ある。そのメカニズムと根拠は
だいたいわかっているのである。
(中略)

開腹することで空気に触れて体が酸化する

ガンは体内が酸化することで起きる。だから、逆に還元水や抗酸化物質がガンには効く。つまり、
ガンは体内を酸化させている多数の原因が重なって生じている。

 ところが、お腹を開けて、空気にさらしたり、体内に強い光を当てることによって、もろに組織を
空気に触れさせ、傷口をさらけ出すことで癌の発生原因である体の酸化という悪条件ますます
生じる。とくに切られた部分はもろに空気に触れることで一番酸化する。そこが弱くなってしまうから、
ガンができやすくなる。逸見さん(引用者注釈:ガンで亡くなったテレビアナウンサー)の場合、
最初に切られた周辺に猛烈にガンが増殖していたという。手術がなければ原因を改善しなければ
進行はしていったにしてももっとゆっくりだったはずである。最初の手術が爆発的な癌の増間質性肺炎を招いているのだ。

(中略)
私が聞き集めた 「医師の本音」を次に述べておこう。
「数多くの患者さんを治療してきたが、一年以内に半数近くが再発・転移をしている。どんなに努力を
してみても、一〇年以内に、一〇人中九人までが亡くなっているのが現実だ」「ガンが治ったのは、
軽かったか、運がよかったか、奇跡だったか以外は、とても考えられない」「私は勤務医だが、
早期ガンの患者を担当すると、すごく真剣にならざるをえないのです。なぜなら、マスコミの影響で
早期ガンは治ることにされてしまったので、もし少しでも悪くなると担当医の責任にされてしまうのです。
でも、初めから悪化した患者を担当するときは気が楽です。どうせ何をやっても死ぬんだから……」
「よくいわれている五年生存率が、ガン完治のバロメーターだなんて、とんでもないよ。いまの
ガン治療はね、五年間も受けつづけると、患者本人の自己免疫力がほとんどなくなり、データが
出なくなるから、五年で打ち切ってるだけだよ」

 多くの医師が「ガンは治せない」と思っているのだ。医師も患者さん同様、ガンを恐れている。

 しかし、患者さんは医師を頼りに病院に行くから、「私はガンは治せない。手術や抗痛剤などの
現代医療では限界があるから、ほかの方法を探しなさい」とはいえない。プライドや意地もあるだろうし、
西洋医学一辺倒の考え方だから、ほかの治療法があることさえ知らないのが現状ではなかろうか。
(中略)
手術は人体を切り開き、内臓器を空気にさらすことですから、必然的に体を酸化させ、また、
手術には酸化力の強い麻酔剤の投与が不可欠です。さらに手術後、これまた酸化力の強い
抗がん剤の投与や放射線の照射がなされます。

 その結果、人体はよりいっそう酸化し、いっそう発がんしやすい状況を体内につくり出して
しまいます。先にのべた毒物とは酸化物質であり、これによる人体の酸化こそが人体を発がんさせる張本人なのです。

――――――――――引用ここまで―――――――――――――
上記の事を既に知っていたのでどれだけ医師に脅されようとも手術を拒んだ
私が自分で癌を治せたのは、癌が嫌う温熱をしたことと徹底的に抗酸化に務めたためです。その手段を持っていたことは本当にラッキーだったと思います

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  タロ子13歳
  • >>  次女の手作り弁当

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり