冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  【なぜ、おかわり自由なのか?】
  • >>  日本で暮らす中国人が「日本にとどまる理由」を告白=「目で耳で感じたもの、それがすべて」

山本太郎氏の言葉より

  • 2014.11
  • 12

Edit1984

山本太郎氏の言葉より
希釈政策を、グイグイ押し進めているような人たちが、日本の政治を牛耳っているわけですよね。
事故後即刻、放射能を封じ込めもせず、逆にガレキ拡散させて、さらに「食べて応援」って、・・・
あり得ない人たちなんですよ。

そういう人たちが、絶対にやろうとするはずはないんですけれども(笑)、本来なら、すぐにでも、
日本国中の土壌汚染度合いを調べていかないと、ダメだと思うんです。国に然るべき予算を、
その土壌汚染調査につけてほしいんです。そして、日本国中、もう本当に細かく細かく、セシウムや
ヨウ素以外も、全核種一つひとつについて、汚染度合いを調べていくことが、最優先課題だと思うんです。

でないと、汚染されているところで、ずぅ~っと食べものが作られ続けているわけじゃないですか?
それらは必ず、すぐさま流通に乗って、日本国中に拡散されますよね。「どこの土壌が汚染されて
いて、どこの土壌が汚染されていないか」ということもハッキリさせてないのに、キレイそうなところを、
ちょっと一部だけ抜き取って、「OK」にしているのが現状です。そうしたことが、311以後、ず~っと
続けられているから、ドンドン放射能汚染や被曝が拡大しているんです。

だからこそ、まずは、食品の安全基準を、もっともっと厳しいものにしていくことは、当然のことだと
思うんです。けれども、それを今、逆にドンドン緩くしていこうとしているんですよ、この国のトップの
人たちは。この間も、「原子力規制委員会」委員長の田中俊一さんが、「100Bq(ベクレル)っていうの
は、ちょっと厳し過ぎるんじゃないか?」「もっと緩めるべきだよね」と、頭のネジが完全にぶっ飛んだ
ような発言をしていますし(笑)。それでも、僕としては、「食品の安全基準を厳しくする」ということは譲れないです。

それと同時に、「生産される食べものが、どういう土地で作られているか」を、消費者にきちんと
分かるように示せる「放射能汚染地図」を、何とかして早く作りたいんです。

(中略)
だから、「歩く風評被害」と呼ばれているんですよ(笑)。
 
でも、実際に、福島周辺に住んでいる人たちでさえも、汚染されていない地域の食べものを探して
買って食べているんです。だから、「まだ汚染されていない土地で食べものを生産してくれている
皆さんが、頼りなんです」「だから、汚染されてない食べものを守って欲しいんです」「だから、原発は
再稼働してはいけないんです」という話も、同時にしています。しかし、本来ならそうした人たちに
賠償すべき加害者の責任は棚に上げたままなんですよね。しかも、それを消費者と生産者に
押し付けているから、その「食べて応援」を受け入れざるを得ない人たちが多いということも確かです
 
現に、「汚染されたものは買いたくない」と思う消費者と、「国が安全だと言っているのに買わない
消費者が悪い」と思う生産者が、互いに対立させられている構図があります。本来は、消費者と
生産者は、ともに被害者のはずなんです。それなのに、加害者が、本来なら自分たちに向けられる
はずの、消費者や生産者の怒りを逸らすために、そういう構図を作っているんですよね。それに、
まんまと乗せられているわけですよ、多くの人たちは。だから、加害者は安全圏にいて、未だに
のうのうと責任を追求されずにいられるんです。それに引き換え、消費者や生産者は、事故で被害者
となった後、今もなお2次的な損害を被り続けています。やはり、これも、そういう事実に蓋をして、
逆に、ありもしない「風評被害」というフィクションばかりを助長しているマスコミの罪が大きいんじゃないかと思います。

(中略)
今、国会の中では、もうどの議員も皆、「しないこと」というか、「終わったこと」という雰囲気なんですよ
だって、もう被曝のことを、国会で質疑している議員って、ほとんどいないじゃないですか?それどころ
か、ついこの前までは、「除染は不可能だ」「帰還は危険だ」と言っていた議員まで、「除染すれば、
帰れるよ」と言い出したり。「あれ、庶民の味方じゃなかったの?」と梯子を外された気分です(笑)。
それでも、僕は、ずっと変わらず一貫して、「被曝問題が一番、大切だ」と思っています。だからこそ、
「移住の権利」という案件は重要なんですよ、僕の中では。でも、たとえば、「特定秘密保護法」
だったり消費税だったり、社会保障の切り捨てだったり、「集団的自衛権」だったり・・・。とにかく、
いろんな課題が次から次に、日々めまぐるしくドンドン溢れ出しては広がっていくから、その対応
だけでも追いつけないんですよね。

だって、福島の子どもたちの甲状腺ガンの話だって、あまりクローズアップされないじゃないですか?
先日、ようやく、報道ステーションでクローズアップされましたけど。それに対して、「よくやった!」と
褒めちぎっている人たちが多いみたいですけれども、でも、「いや、違うだろ!」と言いたくなります。
もちろん、報道しないよりは報道してもらった方が良いんです。だけど、どうして、もっと早くトップ記事
として扱われなかったのか。本来なら、もっともっと詳しく、日常的に報道されていないといけないはずなのに。

通常、小児甲状腺ガンは、「100万人の内、1人(0.0001%)あるのかないか」という極めて低い罹患率
ですよね。それなのに、福島では「225,000人の内、75人(0.03%)」発生しているんですよ。つまり、
311以前の、実に330倍です。

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  【なぜ、おかわり自由なのか?】
  • >>  日本で暮らす中国人が「日本にとどまる理由」を告白=「目で耳で感じたもの、それがすべて」

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり