冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  『いってらっしゃい』『いってきます』に秘められた【言霊の力】
  • >>  子宮頸がんワクチン

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳は一般的に「骨を強くする」と言われていますが実は弱くします。

  • 2014.11
  • 16

Edit1985

毎度毎度の牛乳記事です

牛乳は一般的に「骨を強くする」と言われていますが実は弱くします。

骨を弱くする理由は、牛乳に沢山含まれているリンが、血中のカルシウムと結びつき、
リン酸カルシウムとなって、腎臓から尿として体外にドンドン排泄されてしまうからです。
したがって、牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが減少していきます。

アメリカでも、「骨粗鬆症は、牛乳の摂り過ぎが最大の要因だ」と証明されています。それに、
ただでさえ、日本人は乳糖不耐症の人が多く、遺伝子的に合わない民族ですから、牛乳は
飲まないに越したことはありません。

牛乳に含まれるカルシウムは、乳糖のなかに含まれています。乳糖は、ラクターゼという分解酵素
によって分解されます。このラクターゼは、日本人を含むアジア人、アフリカ人などの場合、離乳期
以降は分泌されなくなります。そのため、分解酵素がないのに牛乳を飲み続けても、カルシウムは
吸収できません。それどころか、他の食品から摂取したカルシウムまで体外へ排泄してしまうという
データが、既に1960年代に報告されています
。ですから、カルシウムを摂取したいのであれば、
むしろ牛乳よりも、野菜や海草の方が良いのです。
(ただし、現在は放射能汚染の問題があるので産地を調べて購入してください)

たとえば、ヒジキ(同量で牛乳の14倍)、わかめ(7倍)、海藻やゴマ(10倍)、切り干し大根(5倍)、
大根の葉(2.5倍)、小魚や煮干し(22倍)など、日本の伝統的な食材で十分カバーできます。また
牛乳には、マグネシウムが非常に微量しか含まれていないことも問題です

カルシウムだけをいくら一生懸命摂っても、それを吸収コントロールするマグネシウムをバランス
良く摂らなければ、骨は強くなりません。さらに言えば、牛乳のタンパク質成分の大部分は、
人体に不要なカゼインですから、人体に入ると拒絶反応が起こり、ぜんそく、鼻づまり、
アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎などを起こすアレルギー体質になりやすくなります。


そもそも、6,000種類もの哺乳類の中で、離乳した後、他の動物の乳を飲むのは人間だけです。
他の異なる動物の乳を飲めば、何らかの障害が出ても然るべきなのです。牛乳は仔牛にとっては
完全食品であっても、人間にとっては異種タンパクでしかありませんから、体内では毒になります。

それ以前に近年の畜産の現状を見ると、多くの場合、抗生物質やホルモン剤などが使われて
いますので、そもそも安全な牛乳を見つけるのも難しいのです。そしてそんな牛乳が、日本で
ここまで広く普及したきっかけは、第二次世界大戦後GHQによって学校給食や病院食に導入されたからです。

当時、GHQに魂を売った3大乳業メーカー(明治、森永、雪印)が、給食の利権を独占していました。
1945~1952年の占領期間中、保健所に勤めることのできた栄養士の条件は、3大乳業メーカーの
専従栄養士であることでした。1948年に、日本政府は、「母子手帳」を乳業メーカーに作らせ、
「牛乳(粉ミルク)を飲ませるように」と明記しました。カバーには3大乳業メーカーの広告が載って
いました。1954年には、日本政府が、「酪農振興法(現「酪農及び肉用牛生産の振興に関する
法律」)を作って、酪農経営を強力にバックアップしました。

1954年、「学校給食法」が公布された当初、その主体はコッペパンと牛乳でした。子どもの頃に
べたものの味は一生忘れません。学校給食でパンと牛乳の味を覚えさせれば、大人になっても、
そういう味を好んで食べるようになります。1957年の朝日新聞「天声人語」には次のような文章が
あります。「日本では米を『主食』というが、今の欧米人は畜産物が主食で穀物が副食物だ。・・・
(中略)肉、牛乳、卵などの畜産物を主食にするのが世界的な傾向だ。その点では日本は百年も
遅れている」結果的に、日本人は、アメリカの「小麦・牛乳戦略」に嵌められました。牛乳とは
奴隷飲料であり母子手帳は奴隷手帳そのものなのです。


 

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  『いってらっしゃい』『いってきます』に秘められた【言霊の力】
  • >>  子宮頸がんワクチン

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。