冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  『頑張らない生き方』
  • >>  判明!「おっぱいを3歳以上まで続ける」とアノ病気の発生率が低下する

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論

  • 2015.01
  • 24

Edit2029

MSNニュースより

WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数

インフルエンザが猛威を振るっており、昨年後半から1月16日までに病院で受診した患者は
600万人を超えた(厚生労働省調べ)。

 そんなインフルエンザへの感染を避けるため、ワクチンを接種する人も多いが、実は
ワクチンは感染を防ぐ効果はほとんどないことが判明した。

 厚労省のホームページを見ると、「インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度
抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、
罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます」と書いてあり、
ワクチンの効果を「ある程度」認めている。

 しかし、国立感染症研究所の調査によって、昨シーズンA香港型のワクチンを接種した人でも、
A香港型のインフルエンザに感染した人が多くいたことが明らかになった。
以前からワクチンの効果について疑問視する声は医師の間から上がっていたが、同研究所は、
効果が低かった理由を製造工程にあるとし、見直しを検討している。

 国は、シーズンごとに流行する型を予測し、ワクチンをつくるウイルスを選定する。ワクチンメーカーは、
そのウイルスを鶏の有精卵で培養して免疫成分を取り出す。

 同研究所が調べたところ、実際に流行したA香港型と、ワクチン用に培養したウイルスでは、
遺伝子配列が大きく異なっていたという。卵を使って培養すると、その工程で変質することが
知られており、昨シーズンのウイルスは特に大きく変質したことで効果が下がったと同研究所はみている。

●ワクチンには予防効果がない

 その一方で、東京都内で内科医を開業する医師は、ワクチンそのものに疑問を投げかけている。

「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。
また有効とするデータもない』と書いてあります。そもそも、インフルエンザはA香港型、Aソ連型、
B型などと分類しますが、同じ型であってもウイルスは細かく変異を続けているため、ぴったりと
当てはまる型のウイルスを事前につくり出すことは事実上不可能です」(内科医)

 つまり、流行するウイルスの型を正確に予測することはできないのに、ワクチンを製造して希望者に
接種しているということになる。

「インフルエンザ予防にはワクチンが有効だと考えている人は多いですが、はっきり言って妄想です」(同)

 ではなぜ、効果がないにもかかわらず、ワクチン接種が定着しているのだろうか。
その理由について前出の内科医は次のように述べる。

「ワクチンは毎年約3000万本製造されています。また、巨額の税金をつぎ込み、輸入もしています。
5年前、国内の在庫が足りずに慌てて輸入したところ、ワクチンが届くころにはインフルエンザが終息し、大
量の在庫を抱えたことがありました。毎年一定量のワクチンを使用することで、備蓄量をコントロール
したいとの政府の思惑も働いていると考えられます。また、インフルエンザがはやる季節には、
ワクチンだけで小さな病院でも数百万円、大病院では数千万円の利益になります。病院にとって
ワクチンは安定収入を得る手段になっているのです」

© Business Journal 提供
 国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)の疫学部感染症室長を務めたこともある医師の
母里啓子氏は、著作『インフルエンザワクチンは打たないで』(双葉社)の中で、衛生研究所の
調査によると予防効果はないと断言している。一部の医師は20~30%は予防効果があると
主張しているが、母里氏はそれすらも否定しているのだ。また、老人ホームで行った調査で、
50~60%重症化を防ぐ効果があったとするデータがあり、それをワクチン接種の意義と唱える医師も
多いが、母里氏は脳症などの重症化を防ぐ効果はまったくないと述べている。

 つまり、ワクチンを打つことの是非は意見が分かれるところだが、予防効果には多少疑問がある。
それどころか、毎年ワクチンの副作用によって死者も出ている。惰性で接種するのではなく、
熟慮の上で判断するようお勧めしたい。
(文=編集部)

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  『頑張らない生き方』
  • >>  判明!「おっぱいを3歳以上まで続ける」とアノ病気の発生率が低下する

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり