冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  妊娠と歯  再掲
  • >>  水道水が危険・再掲&追記

グルタミン酸ナトリウム

  • 2015.07
  • 02

Edit2142

■グルタミン酸ナトリウム(Monosodium Glutamate=MSG)

MSGはうまみ調味料や味の素の主成分でグルタミン酸ナトリウムです。
1日の許容量は6グラムといわれ、1食2グラムを超えるとなんらかの症状が
現れるといわれています。

☆1960年代
1968年に中華料理を食べた少数のアメリカ人が食後に炎症を覚え、眠気、
顔面の紅潮、掻痒感、頭痛、体の痺れそして軽度の背中の無感覚などの
症状が見られたことから、中華料理は特にMSG を大量に使うので中華料理を
食べつづけるとなりやすいということで、中華料理店症候群(CRS)と名付けられました。

その後の調査でMSGが有害であるという根拠は見つかりませんでした。
米国食品薬品局 (FDA)、欧州連合食品科学委員会 (SCF)なども
根拠なしという結論を出しています。しかし実際のところ完全に安全性が
確認されておらず、欧米では今でもMSGへの偏見があり、このような"NO MSG"
という表示の食品、レストランが多く存在します。

☆2002年の見解
弘前大学の大黒教授らの報告によると、グルタミン酸ナトリウムを過剰摂取させたラ
ットのガラス体と網膜神経節細胞にはグルタミン酸ナトリウムの蓄積がみられ、
グリア線維性酸性タンパク質の発現増加と、網膜ニューロン層の厚さが著しく
薄くなっていることを確認したという。このことがグルタミン酸ナトリウムが欧米に比べて
広く使われているアジアで緑内障が多い原因のひとつではないかと述べている。
実際のところMSGがカラダに及ぼす危険性については研究中、論議が繰り返されています。

■化学調味料=うまみ調味料

アジア料理には欠かせないうまみ成分であるMSG。
うまみ調味料の代表的な味の素、ハイミーの主成分で、だしの素、中華の素、
韓国のダシダ、漬物の素、インスタントラーメン、かまぼこ、ソーセージ、
コンビニのお弁当、お菓子類などほとんどの加工食品・調味料に広く使用されています。
日常食生活の中で避けることのできない化学調味料(MSG)。


■味の素のグルタミン酸ナトリウム(MSG)の原材料

「味の素」の原料は、昔は石油系から作られていましたが、現在は安全性に配慮され、
さとうきびからとれる糖蜜になっています。さとうきびの糖蜜から発酵菌の働きにより
グルタミン酸(うま味の成分)を作ります。
※ハイミーについても同じ原料

「アジシオ」の原料は岡山県の海水にうま味成分のグルタミン酸ナトリウム
(粉末)を混合し、液体のグルタミン酸ナトリウムを吹き付けてコーティング。
その後、乾燥、冷却されるそうです。
ようは、塩と味の素を混ぜたものです。ちょっと気になるのがその配合の割合。
岡山県の海水とアピールされていますが、海塩は何割使われているのでしょうか?

■化学調味料=うまみ調味料=調味料(アミノ酸)と表示

☆食品衛生法による食品添加物の表示
グルタミン酸ナトリウム(MSG)は「調味料(アミノ酸)」と表示
核酸系などのほかの調味料が混ざったものは「調味料(アミノ酸等)」
と表示されることになっています。

●様々なところで見かける調味料(アミノ酸)
・コンビニのおにぎりやお惣菜
・調味料類(だしの素・コンソメ・中華の素・麺つゆ・ソース・醤油など)
・インスタントもの(ラーメン・味噌汁・カレールー等)
・練り製品(ハム、ソーセージ・ウインナー・かまぼこ・ちくわなど)
・お菓子類(ポテトチップス・あられなど)
・缶詰め・レトルト食品・冷凍食品
等など、調味料(アミノ酸)、調味料(アミノ酸等)と表示されているものの実
態は何なんでしょうか?アミノ酸が入っているから体に良い!
と勘違いしている方もおられるのではないでしょうか?
調味料(アミノ酸)、調味料(アミノ酸等)と表示されているものの正体は、
化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)のことです。

■カラダの20%はアミノ酸

私たちのカラダの60%は水分で、20%はアミノ酸からできています。
地球上のあらゆる生命、植物、動物もアミノ酸が作り出すタンパク質から出来ています。
よってグルタミン酸ナトリウム(アミノ酸)は天然の食材(肉、魚、野菜など)にも
含まれています。このように見ると、化学調味料のアミノ酸も良い物のように
感じるかもしれません。しかし調味料にどれだけ多くの化学調味料を使っても、
食品添加物表示の基準では調味料(アミノ酸等)と一括表示をすることが
許されています。アミノ酸の健康的なイメージに隠れて、大量の化学調味料が
使われている可能性があります。

■胎児への影響

グルタミン酸ナトリウム(アミノ酸)は、胎児に多くの影響を与えると言われています。
グルタミン酸ナトリウム(アミノ酸)は脳に多く広がって行きます。そして脳の発育を
遅らせたり、血液中の毒が脳に行かないように門の役割をする脳血液中関門を
傷つけてしまいます。厄介なのは、妊婦がこれを摂取すると大変分子が小さい為、
簡単に胎盤を通りぬけてしまうのです。特に母体の肝臓が弱っている時は
注意が必要です。他にも成長ホルモンや生殖機能、甲状腺に障害が生じるといわれています。

■化学調味料(MSG)と上手につきあっていきましょう

●以上のように、現代の生活の中で化学調味料(MSG)を避けて生活することは
難しいでしょう。なんでもそうですが摂り過ぎには気をつけることが大切です。
グルタミン酸ナトリウム3gが食塩1gに相当するそうです。いくら塩分を控えたつもりでも、
うまみ調味料をたっぷり使うと逆に塩分の摂りすぎになってしまいます。

●今までよりちょっと意識して、1日の食生活を見直してみませんか。
ランチに外食・コンビニを毎日利用されてる方は、週の半分は手作り弁当に
するなどの工夫を。外食選びもちょっと見直してみてください。外食チェーン店、
ファーストフード店は化学調味料のオンパレードだということを頭に入れておいてください。

●一部の中華レストランでは大きなオタマでバシャッと化学調味料をすくってフ
ライパンに放り込んでいることがあるらしいです。外食後、異常にのどの渇きを
感じることありますよね。これこそ化学調味料(MSG)をたっぷり摂取してしまった証です。
食塩の3倍の塩分を持つ化学調味料!外食では知らず知らずのうちに過剰な
塩分を摂取してしまいます。外食の後は、カリウムが豊富に含まれている食材を
摂り入れて塩分を排出しましょう。

☆塩分排出
カリウムは体内の塩分と水分をくっつけてくれます。 よって水分補給もしっかり。
尿や汗になって塩分を体外に排出してくれます。

☆カリウムが豊富に含まれている上位3の食材
1位 昆布、わかめ、ひじき、海苔などの海藻類
2位 豆腐、納豆、きなこなどの大豆
3位 切干大根、干し椎茸などの乾物

転載終了

手作りで避けることができますが、外食だと難しいので食べてしまった有害物質は
海洋深層水で排出したり、カバーしてくれるサプリで対応しています





Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  妊娠と歯  再掲
  • >>  水道水が危険・再掲&追記

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり