冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  寝不足
  • >>  だよね

抗がん剤について

  • 2016.04
  • 03

Edit2320

ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。
岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、80%がガンの三大療法
(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。その発見を論文にしようとしたが、
握りつぶされた。

年間のガン利権は15兆円、国防費の3倍

抗がん剤は0.1g 7万円

船瀬俊介氏の話「厚生労働省にガンの専門技官て(いうのが)いるんです。
技官ていうのは医師免許持ってるんです。要するにプロ中のプロですよ、日本の厚生行政の。
そこに聞いたんですよ。「ズバリ聞きます、抗がん剤はガン治せるんですか?」
そしたら「お答えします、抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ」ってはっきり言った。

効かないと知りながら平気で抗癌剤を使う癌の名医達 立花隆「がん生と死の謎に挑む」72p~

僕自身(立花隆)ががんになって癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。
それは朝日新聞の主催で開かれた、一般市民向けの大きなシンポジウムだった。
僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。
昼休みだったとき。控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。

いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。抗癌剤がどれほど効かないかの話を
一人がしだすと、皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、次から次にそれが
どれほど効かないかを争うかのように、話始めました。「結局、抗癌剤で治る癌なんて、
実際にはありゃせんのですよ」と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、
皆そのとおりだという表情でうなずきました。僕はそれまで効く抗癌剤が少しでもあるのでは
と思っていましたが。それじゃ「患者よがんと闘うなの著者の近藤誠さんの言っていたことが
正しかったと言う事になるじゃありませんか?」と問うと、

大御所の先生はあっさりと「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」と言いました。

1985年アメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長は「癌の化学療法は無力。
癌細胞は反抗癌遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する。」
と議会証言を行っている。さらに癌細胞は凶暴化し、悪性化してもう増殖を開始する。
「抗癌剤の多投与グループほど短命。」これはアメリカ東部の20の大学、医療機関が参加した、
最大級の抗がん剤効能判定研究の結論。

ではなぜ日本でも抗癌剤を勧め、かつ抗癌剤が効果があるようにのたまうのか。
大きな理由は金であり、他にも民族浄化なんとやら、いくつも理由はあるだろう。
しかしここでいいたいのはもっと簡単なこと。つまり抗がん剤研究の論文などは
捏造が主体なのである。ここでいう捏造というのが一般人にはほとんど見抜くことが
できないレベルである。

ものすごく単純に説明する。たとえばある抗がん剤を使って、癌が検査上半分に
なったとする。一般人はその薬は効く薬だと誤解するだろう。しかしその後癌は
前の倍のスピードで増殖するスピードを身につけ、その後どんな抗がん剤も効かなくなる。
結果的にどうなるかというと、何もしなかった人よりも抗がん剤を使った人々の方が
早く死ぬという事態になる。

おかしいではないか?と良心的な一般人は思う。
抗がん剤を使ったほうが早く死ぬのなら、なぜその薬が認可されるのだと。
なぜ医師たちはその抗がん剤を使うのだと。しかしその質問をすること自体が、
自分がカモだということに気付いていない。基本的に政府の認可というものは、
半分になったということが比較証明されれば通るわけで、ニンゲンが早く死のうが
遅く死のうが知ったことではない。

転載終了

憤りを感じずにはいられません。
あの時治療を拒否して本当に良かった!
手術をしていればリンパ節も切除され今頃は。。。
冷え取り健康法の手段を持っていて本当に良かったと
心から思います


Comment

top

ぱちぱちさん

subject

確かWHOでも、禁止するような記事をみたようなきがしました。でも、在庫があるうちは…。 治療法、進度によりなやむと思います。

のり

subjectぱちぱちさんへ

抗がん剤は増がん剤ともいわれていますね。
進度ですか。大腸がんで詰まってしまって鼻から便を吸い上げる状態だと
手術は致し方ないとは思いますがそれ以外だと触らないほうがいいのではないかなと
私は思っています。とにかく自分で治すスイッチをONすればいいなと思います

subject承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

subject承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

subject承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

subject承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  寝不足
  • >>  だよね

プロフィール

のり

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり