冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  誕生日
  • >>  誕生日パート2

クスリで死にたくなっちゃった人の体験談。

  • 2016.07
  • 23

Edit2395


Junko Satakeさんの記事より。
コピペシェアさせていただきました。

やはり、実際に体験なさった方の言葉は重く、作り事ではない、机上の話でも無い訳で、、。
じゅんこさんが体験なさった事、みなさんにお読み頂きたくシェアしました。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

20年前、甲状腺機能亢進症の診断を受けた。
命の危険はない病気だが様々な症状があってともかくシンドイ。
今でも完治はせず、たまにつらい症状が色々出るが・・・程々に放置。

バセドーを発病した頃、全く眠る事が出来ない毎日に体も精神もボロボロになっていた。
京大病院から来てる内分泌科のそのお医者は眠れないと訴える私に、
ユーロジン2ミリをポンポン処方してくれた。
 ポンポンと言うのは、欲しいだけいくらでも、と言う意味。

今ならネットで、何事も知りたい事は簡単に調べられるが、
その頃の情報源は本屋に行くか図書館に行くしかない。 
基本はお医者を信じるしかない。

たかが一日一回のユーロジン2ミリ。
どの本を読んでも自分が納得する結論はなかった。

仕事で週に何度か往復する名神高速で何度となく「死んでしまおう・・・」と思った。
高速道路で運転中はダメでしょ。 
死にたいと思ったら本当に死ねちゃう。

娘の事を思い、親の事を思い出し「明日にしよう。死ぬのは明日にしよう。」と、
呪文みたいな自己暗示で乗り切っていた。

「なぜ? なぜ私は死にたいと思うの?」 何度も自分に問いかけた。

2度の全身麻酔・外科手術の後だったし体調は回復していなかったが、
仕事も順調な毎日に不満があった訳ではない。失恋した訳でもないし、
借金があった訳でもない。

人はどんな時に死にたいと思うのか、、、まず今の自分には当てはまらない。
朦朧とした意識の中でどうにか仕事と生活をしてる毎日・・・
私が出した結論は、薬を飲まなきゃ仕事が出来ないなら仕事なんかやめちゃえ!
仕事をやめるなら薬なんてやめちゃえ! だった。

その瞬間、間違いなく命が救われた。 

もちろん、ユーロジンをやめて自殺願望はアッサリ消えた。

私のそんな経験の後、精神科は心療内科などと名前を変え、誰でも気軽に行ける
キレイなクリニックになったり、睡眠薬だの導入剤だの安定剤だのと、
飲んでいる事や持っている事が少し弱くて可愛いみたいな風潮だったり・・・

最近のお医者は整形外科でも皮膚科でも耳鼻科でも睡眠薬をくれる。
いったい何なの!? どうなってるの!? って、思う。

睡眠薬・安定剤・導入剤 どれも一緒、どれも麻薬(覚せい剤)!
その薬によって必ず命を失う。
その薬によって攻撃的になる人は殺人をおこす。

気軽に処方するお医者から気軽に処方されて気軽に飲んではダメ。

一昔前なら素人の私がこんな発言をした所で、誰にも信用されなかっただろうけど
今なら少し調べるだけで真実だって判る。
もし知らない人がいたら、どんなに怖い物か一生懸命伝えたいと思う。

転載終了

この方の体験は20年前のことなので調べようがなかったけれど
現在ではネットで検索すればあらゆる情報を受け取ることができる
だからと言って選択するのもご自身だしどうしても医者の言うことを
聞かざるを得ない方もいるのも事実だし

今現在私の所に来られている70代の男性は膀胱がんで人口膀胱で
肝臓に転移がみられそれで来られた
冷え取りを徹底してくださって尿も透明になって喜んでくれているが
100%こちらに賭けるのも怖いとおっしゃる
当然だと思う。医療を受けながらでも冷え取りをされていると
副作用が緩くなったり毒素排出していると症状も軽くなったりされている

その方と話していて怖いという思いは当然だなとつくずく思う
私ごときがたいしたことはできないが、ガンを克服した体験者として
寄り添わせていただいて少しでも気が軽くなっていただきたいです
希望が持てたとおっしゃっていただけた言葉が逆に励みになりました

ご質問・お問い合わせなどございましたら
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  誕生日
  • >>  誕生日パート2

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり