冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

  • <<  金沢でのセミナー
  • >>  京都へ

ワクチンを打たない理由

  • 2016.12
  • 04

Edit2467

ワクチンを作るためには、ウィルスを培養する必要がありますよね。
それを培養する必要があります。
そのために、卵、トリ、カエル、ウシなど、時には何かの胎児を使います。

しかし、ここで考えてみてくださいね。

健康な組織ではウィルスや病原体の増殖には適しません。
ですから不健康な組織、培養するウィルスだけではなく
雑多な病原体が溢れているのです。

ウィルスに関していえば、技術的な限界があり、ほかのウィルス汚染を
完全に回避できないのです。
このことは、FDA(米国食品医薬局)も認めています。

動物由来のワクチンには、様々なウィルスが混入していると思ったほうがいいでしょうね。
ラウンドアップの主成分であるグリホサートの影響
これは、考えれば当然だともいえるでしょう。

ワクチンを作るさいに、使われる媒体 豚などの細胞を使います。
ですから、当然豚のえさの影響も出てくるのは当然ですよね。
豚がどのようなエサを食べているのか。 見えていない部分も考慮してみてください。

そうすれば自ずと理解できるのではないでしょうか?
ワクチンから、モンサント社が開発した除草剤ラウンドアップの主成分である
グリホサートが5つの検体全てから検出された.

ウィルス汚染で有名なポリオワクチンは、1955年に米国のソーク医師(Dr.Jonas Salk)
が開発しました。
このワクチンは、アカゲザルの腎臓が使われました。
きちんと精製されていなかったために、サルの腎臓細胞の成分や
その中に含まれる様々な病原体がワクチンに混入する結果となったのです。

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  金沢でのセミナー
  • >>  京都へ

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり