FC2ブログ

冷え取りライフ

Entries

Category : 次女の妊娠記録

2009_0726l140012.jpg
昨日の空  今年は梅雨明けいつになるのかしらね



一昨日助産師さんが我が家へ来られた
検診兼自宅出産の打ち合わせの為に

ちょうどお風呂のある洗面所の向いに4畳半の和室があるので
そこを産後ベビちゃんと過ごす部屋にすべく整えていた

元ある物をすべて移動し必需品とお布団のみにして

今回nahoの希望は水中出産だけど流れで陸で産む可能性もあるので
どちらも想定して助産師さんとシュミレーションをする

リアルなベビちゃんのお人形を使って色んな体位でどのように
ベビちゃんが出てくるのかや私達のそのときの希望を聞いてくれたり
不測の事態が起こったときはどう対処するかなど
3時間もの時間をかけて話し合う

病院出産ではなかなかないことよね
色々打ち合わせをしているととても実感が湧いてきて
いよいよなんだとまた心がはやる

ベビちゃんの頭のサイズも大きさももういつ生まれてきてもok
とっても順調♪

2009_0726l140006.jpg



ただnahoの足の浮腫み
コレには注意を受ける
妊娠10ヶ月にもかかわらず1日のうち殆ど横になることなく動き続けてる
専業主婦であるにも関わらず立ち仕事をされてる方と同じような状況
浮腫んで当然
毎日少しは横になりなさいと再三注意していても時間が勿体無いと言って聞かない
今回助産師さんにも注意を受けやっと聞く始末

ベビちゃんが大きくなるにつれて股関節にあるリンパ節が重みで圧迫されるので
当然リンパ液の流れが遮られて浮腫む

しょっちゅう私がリフレクをしてるのだけどあまりにもひどいので
リフレクの師匠にわざわざお越しいただいて
手ほどきを受ける
(もっ!至れり尽せりやん!!)

2009_0727l150013.jpg

今日は明かりの調節をしたりカメラワークをみてみたりと
もう準備万端♪
さぁベビちゃんは何日に出てくるつもりなのかしら?
nahoやluccaに夢の中でメッセージをくれてるベビちゃん
その通りになるのか今からワクワクしています

2009_0727l150020.jpg

大きな大きなクッション。これに突っ伏してもいいし


長女luccaの携帯ブログのこの日の記事

さっき買い物から帰って来たnahoの言葉
「なんか眠いし体が重くてだるいわぁ これが妊婦のしんどさなんや」
って38週でやっとその状態なのね
ほんと珍しい妊婦!これも冷え取りとサプリのおかげよ!!
お産直後から使用するナプキン
通常病院で出産すると長方形のとっても大きな紙おむつのような物をあてる

子ども達は自宅出産なので好きに選べるけど
病院でも布ナプを希望したら聞いてもらえるのかしら
。。。無理やろな……。


我が家では数年前から布ナプを使っている
luccaとnahoが自然食の料理教室に行った時に紹介されたらしくて
生理痛が和らぐ話しを聞いて取り入れてみようということに



我が子を育てる時は布オムツだったのに
自分が生理の時は当たり前にドラッグストアーで紙ナプを購入してた

そういうものだとなんの疑問も持たなかったし
昔チラッと布ナプのことを耳にした時はどんな物か想像もつかないので
ただきっと大変だろうと思って聞き流してた位


紙ナプを使ってると多くの女性がただれと言う苦痛を味わう
デリケートなかゆみに○○○○○!!
なんていうコマーシャルが流れてるのがその証拠

紙ナプキンなんていうけど原料が石油ということをどれだけの
女性が知っているのかな
紙でなく石油を敏感な場所に長時間つけてたら
オムツかぶれならぬナプキンかぶれしてあたりまえよね
子宮にもダメージがいくし
子宮内膜症や生理痛の原因の一つにも

そしてかゆみを治すためにまた化学薬品を敏感な部分に塗る
なんとも恐ろしい

余談
ナプキンがなかった昔の女性は生理期間どうしてたのだろう
と疑問に思ってたんだけど
何もつけなくてもトイレに行ったときにぴっと出すみたい
信じられないことだけど
食事内容が良いとだらだらと出ないんですって
凄い!!


先日luccaんちでnahoが作った布ナプ
単純な形なのにとっても大変だったらしい
2009_0720l100019.jpg

無漂白のネル生地を使っているので当てていると子宮が冷えにくくなるように思う
ただれも軽減でき生理の期間も短縮できる
2009_0720l100023.jpg

使うまではやっぱり大変だろうと思っていたけれど
それが案外そうではなく
余洗いをして安心安全な洗剤
(天然成分しか使っていない野菜も洗える洗剤です。サンプル希望の方は連絡くださいね)
に浸けて後は洗濯機で洗えば繰り返し使えるので、
経済的だしエコにもつながるとってもおすすめアイテムです


2009_0720l100027.jpg

そしてベビーちゃんにはもちろんオーガニックコットンの布オムツを使います
オムツの方はluccaの記事を読んでね

長女luccaのブログ:おすすめ布おむつ


2009_0622k40040.jpg





あと数日で37週!
もうそこからいつ生まれてもいいのでとっても心がはやる

今日検診に行ったらまだまだと言われたらしいけど^^;


ベビちゃんおよそ2500グラム
1週間でちょうど200グラムの増加

頭も骨盤内に半分ははまってるみたい
数日前下腹部が少し痛くなって、もしかしてはまったかも!ってnahoの感覚
やっぱり感覚通りだった

とっても良い傾向♪

食事に関してはお産秒読みなので
今まで以上に粗食に 味醂も使いません
出産時の出血を最小限にしたいのもあって


<今夜のメニュー>
3分搗き米・定番のてっかみそと以下3品

2009_0717l70013.jpg
↑の3品はnahoと私の二人分 ご飯はお茶碗に1杯弱
あ~ぁ食が細いのって面白くないなぁ

切干大根の煮物
2009_0717l70010.jpg

材料 切干大根・炒める為の胡麻油となたね油・水・しょうゆ
のみ 土鍋で炒めて蒸してしょうゆをからめて炊いただけ
なのにすっごく美味^^

にんじんごま煮
2009_0717l70011.jpg

材料 にんじん・白胡麻・胡麻油、なたね油・水・塩

あずきかぼちゃ
2009_0717l70012.jpg

材料 あずき・かぼちゃ・塩・水
土鍋で陰、陽の煮方で

材料は全て無農薬の物で
どれも素朴でとってもよいお味


軽い前駆陣痛もどきもやってきてるので
せっせとふき掃除に励むんですって♪



2009_0709l40018.jpg

昨日、助産師さんのお宅での検診に私もついて行って来た
車で片道40分の道のり

助産師さんにお会いするのは2回目
やっぱり澄んだ方だった^^


35w4d

子宮底長 前回と同じ30センチ
ベビちゃんの体重 おおよそ2300グラム

nahoの体重増加5・5キロ

前回5・2キロ増だったのでベビちゃんの体重分だけ増えてる
なんだか面白い^^nahoは相変らず太っていないのね

血圧 下がちょい低めだけど妊婦さんは血圧は低めの方がいいのでまずまず
どれも異常なし

今回ベビちゃんしっかりこちらを向いてくれて
かわいいお顔を見せてくれた
ず~っと指を吸いっぱなしだったので、全部は見えなかったけれど
パッチリ目を開けて右手は振ってるようにも見えた
ほっぺもぷっくりしててとってもかわいい^^

あと予定日までいよいよ1ヶ月
早く出産準備の為の、部屋を整えたり、お風呂をもっとキレイにしなくちゃ!!
と今ごろになってあせってきた^^;


2009_0710l50001.jpg


私にとってnahoのベビちゃんは5人目の孫になる

1番目の孫が胎児の時も結構密に接してて
その時以上に接してるのが5人目のベビちゃん

どの孫も分け隔てなくいとおしいのはもちろんなんだけど
なんだか特に自分が妊娠しているかのような感覚があって
何とも言い様のない何かが流れている


めったに行かない和歌山方面
折角なので妊婦にもいいカフェがないか事前に探して行って来た
薬膳カフェ

2009_0709l40023.jpg
私が写る必要ないわね^^;


2009_0709l40008.jpg

お肉もお魚も使用していないランチ
どれもとっても美味しかった
こんなにしっかりした内容なのに、食後の飲み物含めて1050円
ありがたいお値段♪

ただ……私もnahoも6割方食べるともうお腹が膨れてしまう
という少食親子

私が残り勿体無いので全部頂きました…ふぅぅ!
バイキングは絶対損をする親子^^

2009_0709l40013.jpg

薬膳・マクロビ・重ね煮色々いいとこ取りして
nahoの産後の食事をどうするか 今回こちらのカフェに行って
良いヒントが得れた

2009_0709l40028.jpg

nahoがずっと欲し続けてるてっかみそ 昨日オルターから届いた
自宅で作りたいのだけど とうてい無理です

さあ!!nahoの産後の食事メニューを今から考えようっと♪
















今日はnahoの26回目のbirthday
私のところに来てくれてありがとう

愛しています



2009_0612j80022.jpg


nahoの妊婦期間の様子を誰かと比べるとなると
やっぱり私と

妊娠前から冷え取りをしているnahoと
全くしていなかった私

冷え取りが凄いのは当然なんだけど
ここまでとは!って思う位あまりにも対照的なので

何度も書いてるけれど
私の場合
3人共の妊娠期間中最後まで体調が良くなかった
便秘・貧血・頻繁なお腹の張り・異常な眠気・股関節の痛みまだまだもろもろ
しょっちゅう暑いのだるいの眠たいのとゴロゴロしてたなぁ
ほとんど運動もせず^^;

nahoの場合
妊娠初期に少し便秘になったけれど殆どが快便
やっと最近「ちょっと眠たいかなぁ」だって
なので昼寝もしないで動きっぱなし
じっとしてる時は足湯をしてる時のみ
前回の検診でちょい浮腫があったので、助産師さんから
『少しは横になりましょう!!』と注意を受ける始末

助産師さんどんどん言ってやってください^^/

そしてお腹の張りもめったになくすっごく柔らかいお腹をしてる
私はいつも固かったので冷えていない妊婦のお腹は
こんなにも柔らかいんだと感心している

そして1番の感心が
ベビちゃんの胎動の激しさ
これは特に性格もあるだろうけれど

足湯してる時や入浴中の動きが半端ではなく
(これは私のお世話してる妊婦さんも同様)

しかもず~っとず~っと動き続けてる
検診の時エコーで見ると、お尻フリフリしていたらしい
何と言うこと
かなりおてんばさんかやんちゃさんかも^^


羊水の量も程よく、温かでスペースがゆったりあるみたいで
それはそれは快適なんでしょう^^

妊娠中期で精神的なことからけっこう喘息はでたんだけれど
それもピタッと治ってしまった
家がきちんと決まったというのと旦那さんと暮らしだしたのが大きいわ♪

心が1番大事


33w3d時

子宮底長 30cm
ベビちゃんの体重およそ2000グラム
腹囲82cm

nahoの体重増加5、2キロ

体重に関して助産師さんから
『もう少し増えてもいいですよ』と
元々食が細い子なので1日の食事の量が
(一般的に皆さんどの位食べてはるのかわからないけれど)
私が思うに通常1食の量がnahoの1日分の量なんじゃないかな
私はこの事は特に褒めれたことではないと思ってる

後期に入ってから
食べたいもの何?と聞くと
「ご飯とてっかみそ♪」
それで充分と……。
んんんん口に美味しいものを未だに欲し続けてる私とは大違い

普通は食べ過ぎで体重増加してしまうのが多いけれど

その分身体が軽いのでよく動けるのだろう

それと冷たい物は一切摂らない
こんな暑い時でも命の水を足湯器にボトルごと入れて
体温位の温度にして飲んでいる
アイスクリームなんてのも元々好きではないので食べないし
身体を冷やす食品もあまり欲しないみたい
いやはや我が子ながら凄いなぁと思う

特に無理やりそういう風にしてるでもなく

因みに妊婦さんが冷たい飲み物をけっこう摂っちゃうと
胃を冷やすのでそのすぐ下にある赤ちゃんの足も冷える事に
赤ちゃんの体質を左右する原因にも
他にも冷飲食は内蔵機能が低下して酵素の無駄遣いによる弊害もある

身体を冷やすとお腹の赤ちゃんにも本人の身体にも充分な酸素と栄養を届けられなくなってしまう



2009_0628k90007.jpg2009_0628k90012.jpg


脂肪が少ないとお腹がとってもリアル 後ろ姿は妊婦には見えないわね^^ちょいウエストが寸胴になってる位


最近は暑すぎて歩くことができないので
(少し前に歩いてる途中クラクラしたらしい)
やっと団地のカギをもらえ連日買い物、家財道具の準備などなど
毎日ハードに動いている

ただせっかくカギをもらっても直ぐに住めない
何故なら室内が臭すぎて(怒)

公営団地の問題点

空き部屋に入居者が決まると畳を替えたり
入居の準備に入るのだけれど
壁の補修はなんとペンキを塗りたくるんです!!

初めて足を踏み入れると
シンナー臭 10分もいると頭痛がしてきて気分が悪くなる
半年も待たされた上に即暮らすことができない

化学物質充満の家…。

なのでまだ住めない困ったものです
なので、毎日窓を開けに行き
化学物質の毒性をやわらげてくれるスプレーを家中散布して
(最近販売された代物 ありがたい♪)
空気を浄化してくれるいつもの入浴剤を盛り塩のように部屋中に置き
1日でも早く住めるよう努力をしている最中なんです(汗)

さぁあと1ヶ月ちょい
1番身体を冷やす夏に健康管理が大変だけれど
何と言っても外から中から温める最高のグッズを駆使して
乗り切ろう♪ って私じゃないけど^^

ある日の一品
2009_0616k0008.jpg
とってもヘルシ-で美味しいれんこんボール
れんこんと玉ねぎと地粉となたね油と葛粉が材料
レシピ書こうかと思ったけどなぁっがいので
必要な方は連絡下さい。ファックスしま~す


早いものでもう妊娠29週に

28週の検診時

子宮底長 28cm
ベビちゃんの体重およそ1100g  

血圧バッチリ 
浮腫・尿淡白・尿糖いずれもー

nahoの体重増加約3・5kg (かなり優秀)

貧血なし 
血色素量 とっても良い数値であるらしい^^

ベビちゃんも元気元気♪



2009_0523j30026.jpg

この日の散歩は私も初参加
日常殆ど運動らしき事もしっかり歩くこともしていない私は
一抹の不安を抱きつつ
(癌になる数年前まではママさんバレー頑張ってたんだけれどあれ以来まったく…。)
行きはなかなか快調♪
娘と胎児ちゃんと取り留めのない話しをしながらの散歩はとても幸せです

2009_0523j30035.jpg

往復1時間ほどの道のりで土の上を歩ける所はこの人工池の半周くらい
後は全部アスファルト
妊婦さんは3時間は歩きましょうということだけど
半田舎のここでも歩くコースを探すのは大変で
道路沿いは排気ガスが臭かったり、歩道がなく車がすれすれで通り過ぎたり

たった1回散歩しただけでも これはなぁぁぁって感じ

そしてこれからどんどん暑くなってくる
どうやって毎日歩くかが今の課題
難しい時代です



2009_0524j40001.jpg

なので今日は旦那様ベビちゃんと車で途中まで行って
紀泉高原へお散歩に


2009_0524j40011.jpg

このところ繊細な心と体質のnaho
何年ぶりかにぜんそくが出て熟睡できない日が続いているのだけど
お陰様で冷え取りとサプリメント摂取と日頃の体力作りのお陰で
長時間の歩行も全然余裕だったそうな


初めてnahoに付き合った日の後半、私はと言うと
股関節が痛くなりふくらはぎまで張ってきて
とってもキツかった
日頃の運動はとっても大事と痛感
妊婦さんでなくても



2009_0524j40009.jpg

緑濃い木々の中、全工程土の上を歩く散歩は
最高に気持ちよくとっても楽しかったって
ベビちゃんも父ちゃんと一緒のお散歩
さぞかし喜んでいたことでしょう
何よりだわ




先日友人の結婚式の二次会に出席したときのnaho
お腹がかわいい♪

2009_0523j30012.jpg

さぁ!後期に向かっていつも通り冷え取りをしっかりやって
体重増加に気をつけながら
残り少ない妊婦生活を楽しんでね

生命誕生のメカニズムをここに記しておこう

地球が誕生して45億年
そして
生命が誕生して35億年
その35億年の進化の中に人間がいる

生命を生み出す所は女性の内部にある
子宮と卵巣
梅の実ほどの大きさの卵巣で、月に一つずつ命の元になる卵子が育つ
一人の女性の一生で500個余り
(数百万から選りすぐられた細胞だけが卵子へと成熟していく)

排卵
卵巣の表面が赤く盛り上がり、粘液(原始の海の成分によく似ている)が放出される
この粘液は卵巣から飛び出す卵子を受け止めるクッションになってくれる
もう一つのクッション
卵管采(らんかんさい)
排卵した卵をキャッチする場

卵子は自ら移動する力はなく
卵管の繊毛の作る流れによって移動していく
しかも卵子は繊毛から受精に必要な物質を与えられ成熟しながら
精子との出会いの場へと進む

卵子が受精できる時間は数時間

精子
3億もの精子が旅をする  卵子をめざす旅
その旅には数々の関門がある
先ず第一関門は、子宮の入り口の粘液
この粘液は排卵の時にだけ薄まる
そのお陰でなんとか通過できる
それでも3億のうちの1000分の1に減る

精子は父親のDNAを運ぶだけに生まれた細胞
精子の頭の先端には酵素、頭にはDANがいっぱい詰まっている
そして尻尾の部分にはミトコンドリアが
この精子の泳いで行くときのエネルギーが尻尾のミトコンドリア

次の関門が卵管の入り口
この時3億いた精子は100前後に絞られる
なんて熾烈な競争なんだろう!!

その競争に勝ち抜いた1匹の精子
精子の最後の大仕事。
卵子の膜を突破しないといけない
頭の先の酵素で膜を溶かし卵子の中に飛び込む

その瞬間卵子にカルシウムイオンの波が走る
そうなると他の精子は卵子の中に入れなくなる

そうして無事に卵子の中に入った精子の頭からDNAが放出される

やがて卵子と精子の生命の情報が一つに寄り添っていく
新しい生命の誕生 (受精)

受精からおよそ30時間
最初の細胞分裂が始まる

小さな細胞から突起が延び栄養が供給される

多くの細胞が受精卵を守り育てている
受精卵が子宮に向かって移動していく

受精から3日目  細胞が増え細胞同士の役割分担が決まる
受精から6日目  子宮の壁に着床

ここから約270日間母親から酸素と栄養の供給を受け成長していく

受精から20日 1本の筋ができる。ここから身体の左右ができ、お腹と背中に分かれていく
  (体長2ミリ) これがとても凄いことは地球の重力がなければこの筋はできない
          (地球に生物が誕生するカギなのね)
          心臓の鼓動が始まる⇒鼓動が強くなるにつれて血液の細胞が出来始める
          それからわずか1週間でしっかりした心臓と血管が形作られる

受精から30日 手の始まり

    人体の身体の形作りは進化の歴史を忠実に守るといわれている


受精後35日目  次の世代の形作りが始まる
           始原生殖細胞が胎児のお腹から移動する
           この後性別が判明 そして始原生殖細胞は思春期まで休眠する
           なので卵子ちゃんは実年齢より1歳上なのです^^

受精後2ヶ月 すでに人間の形をしている


次に胎児が成長していくのに最も重要な臓器
胎盤(270日間だけ働く臓器)
母と胎児の血液は決して交えないで酸素と栄養を供給し老廃物の回収をしてくれる

胎児のへその緒の先は毛細血管に(毛細血管の絨毯)
その毛細血管に向かって母親の血液が激しく吹きつける
毛細血管は薄い膜に覆われていて酸素と栄養を吸収する
但しウイルスやある種の薬も通る

そして胎児は270日余り子宮の中で進化を遂げ守られていくのです

赤ちゃんの誕生!!

この時も宇宙の力が大きく関わることに
 

赤ちゃんが生まれてくるときは海の水は満潮のとき
引力が関係している
          
宇宙(月)からの引力で
波が1分間に打ち寄せる回数は18回
人間の1分間の呼吸も18回
その倍 36 は人間の体温
その倍 72 は1分間の脈拍
その倍 144 最高血圧
その倍 288 妊娠期間

1年12ヶ月 人間の太い骨の数
1年365日 ツボの数
他にもまだまだ宇宙の法則とともに人間の営みがある
羊水は原始の海の成分

ざっと記したけれどどう考えても
 (まだ書ききれないので思いつき次第書きます)
一個の受精卵が人間の形に進化する
とても奇跡にしか思えない
なんて素晴らしいことなんだろう

ただそんな短期間で進化を遂げる代わりにとても影響されやすい弱点もある

※体内やその環境における有害物質の影響を非常に受けやすくなる
 妊娠期間の母親の食事は最も重要
 特に最初の3ヶ月間は注意が必要

アスピリンや鎮痛剤などの処方薬や砂糖などの過度な食品をとると
その影響は3、4日間母体に留まる。
この場合、胎児は3千年から4千年の進化過程を強い化学物質や
汚染物に影響された環境で過ごすことになる
それが胎児に相当のダメージを与えることになる


色んな資料からここに記録しました
まだまだ沢山の情報がある
一つの受精卵から一人の人間が誕生する不思議さを知るにつれ
奇跡や神秘さを感じます(文章が重複してしまうくらい^^;)
自分も我が子も孫たちも私の大事な人たちも
みなこの過程を経てここに居る
一人一人の命の尊さを改めて感じる

本当に素晴らしい

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい


足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売をしています。

病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談をお受けします (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり