冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

ここのパン屋さんの寄せ植えがいつもとっても素敵~~
お店の人がしてるんだって!プロよねぇ











情報を頂いたのでシェアします

新幹線の中で一番電磁波の少ない座席。

品川発東海道新幹線【ひかり】車内の低周波磁場を測定しました。

三列席の通路側から窓側にかけて測定。

通路側の席は0.1~2mG
2番目は2~10mG
窓側は10~100mG

トンネル内は更に強くなる傾向があります。
窓側が極端に強くなるのは、他の電車でも同じ傾向にあります。
つまり、三列席の通路側が一番電磁波の影響が少ない事になります。

移動にどうしても使わなくてはならない場合は、ビタミンをしっかりと摂り、
降りた後は入浴やアーシングなどでデトックスを。

※補足:何度か測ったのですが、走行地点によって数値が変動し、
真ん中の席が動画よりも高い地点が何度かありました。
なので最大10mGとしています。

転載終了

動画は載せれませんでした。残念

入浴は体内に溜まった磁場を放電し良い磁場に充電するのに大変有効です
ただ、さら湯のお風呂はお勧めできません
天然成分たっぷりの入浴剤をお勧めしています



1袋50ℊ入り120円
6袋720円で3袋おまけします。合計9袋
クロネコDM便で発送します。送料は150円です

16種類の成分を配合しており、皮膚にうるおいを与え、すこやかに保ちます。
ラベンダー精油、水溶性Q10、ホホバ油、パントエア、スクワラン、深海マルチミネラル

お問い合わせ・ご注文は
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします
情報をシェアします

LDLコレステロールが極端に高すぎる人

ようやく、コレステロールは悪玉ではないという認識が少しずつ
浸透してきたように思えます。基準値についても、140mg/dl以上は異常
という日本動脈硬化学会が定めた数値は、いまだに低いのが残念です。

しかし、そうはいっても、LDLコレステロールが高すぎる人は
本当に大丈夫なのかと気になるところでしょう。特に糖質制限食などを開始して、
血液検査を受けたところ、極端に高すぎる数値が検出された場合、
さすがに心配になるかもしれません。

ということで今日は、「なぜLDLコレステロール値があまりにも高すぎる値に
なってしまったのか」を考えてみたいと思います。
糖質食品を減らし、高脂肪・高タンパク質食に切り替えると体内ではブドウ糖が
少ない環境下におかれ、アセチルCoAをクエン酸回路で代謝する時に必要な
オキサロ酢酸が生成されていませんので、クエン酸回路が十分に回らず
鬱滞します。

その場合、アセチルCoAはHMG-CoAという中間生成物を経てケトン体に
合成されますが、体内のエネルギー需要が少なかったり、代謝の流れが悪いと、
アセチルCoAは過剰に蓄積されていきます。
このアセチルCoAの過剰蓄積が実はLDLコレステロールを増加させているのです。

先述のように、アセチルCoAはHMG-CoAという中間生成物になり、
さらに高脂肪・高タンパク質食下ではグルカゴンという血糖の安定を保つホルモンが
分泌されやすくなり、このグルカゴンにはHMG-CoA還元酵素を促進させる働きがあります。
こうして、HMG-CoAはメバロン酸となり、ここらかはいくつかの過程を経て、
ついにコレステロールを合成し、血中に放出させます。

結果、高値のLDLコレステロールが見られるようになります。
統計上ではLDLコレステロールが高い人ほど、総死亡率も低く、
長生きであるとされています。しかし、あまりにも高すぎるのはさすがに
懸念すべきかもしれません。

対策として、まずはクエン酸回路をうまく回すことが必要になってきます。
クエン酸回路を上手に回す手っ取り早い方法は、運動です。適度な運動を習慣化すると、
クエン酸回路を敏速に回させ、アセチルCoAの蓄積を防ぐことができ、
さらに電子伝達系において電子の流れを円滑にします。
これによって活性酸素の産生を少なくすることもできます。

また、クエン酸回路の補酵素には、ビタミンB系や、亜鉛・マグネシウムなどの
ミネラルが必要ですので、きちんと摂取し、欠乏しないように気をつけるべきです。
特にありがちなのは、高脂肪・高タンパク質食を続けると、植物性食品を摂取する
機会が大幅に減少してしまうため、マグネシウムの慢性的な欠乏を起こしてしまうことです。
海藻類や大豆食品などで上手に補う必要があります。

他にも、マグネシウムとLDLコレステロール値は大きく関係しています。
マグネシウムが生体内で少なくなるとナトリウム・カリウムのイオンバランスが乱れ、
ナトリウムが細胞の中に多くたまり、一方カリウムは減ってきます。
細胞内にナトリウムが増えれば血圧が上がります。

体はなんとかナトリウムを追い出そうと、血中のカルシウムを細胞の中に取り込もうとします。
これによってイオンバランスを保とうとしますが、カルシウムが細胞に入ってくると、
血管が収縮し血圧が上がり、さらにLDLコレステロールが細胞の中にたまるようになってくるのです。

LDLコレステロールは高い方が良いとされていますが、極端に高すぎる人は
以上のような背景が考えられます。健康を保つというのは、食事要因ももちろんですが、
生活スタイルにも大きくかかわっています。

転載終了

理想的なミネラルバランスの海洋深層水を販売しています
お得なセットを企画しています

1,5リットル入り1本630円
1箱12本入り
8本で5040円で4本をプレゼントします

710㎖入り1本420円
1箱24本入り
15本で6300円で9本プレゼントします

送料はどちらも120円です 北海道や沖縄離島も120円です

定期宅配と酸素サーバーのレンタルをされますと
1,5ℓ1本が315円になるので大変お得です
500㎖に換算するとハワイ島コナから自宅までの送料を加算しても
1本あたり135円になるので決して高額な商品ではありません


お買い上げいただいた方には別便で月刊誌などをお送りします

お問い合わせは
メールフォーム(月間アーカイブの下にあります)
からか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします

備蓄にも最適です








京都へgo~
電車のお伴は☝こちら。最近古事記を習った。習う前と後とでは入り込みが違う❗








さあ洗剤のお勉強します😃

興味深い記事を見つけたのでシェアします

日本人の死因と日本食生活史年表
 
 縄文時代 大陸より稲作技術渡来
  奈良時代 一部の貴族階級では白米常食となる
  平安時代 貴族に脚気流行
  江戸時代 江戸、大阪で庶民の間にも白米常食による脚気流行
  明治5年 明治天皇、肉食奨励のため初めて牛肉を食べる
  明治10年 西南戦争で脚気患者多数発生
  明治27年 日清戦争で脚気患者多数発生
  明治34年 ベルツ、人力車の車夫の食物と労働耐久力について発表
  明治37年 日露戦争で脚気患者25万人
  明治41年 「味の素」発売
  明治43年 村井玄斎夫人、脚気に炒り糠入り味噌の常食が効用有と説く
  大正2年 遠山椿吉、脚気予防に5分づき米を推奨
  大正3年 玄米食が推奨される
  大正7年 空前の米騒動始まる
       原内閣、高い米の代替にパンの代用食運動を推進
  大正8年 脚気予防に玄米パン、糠入りパンが発売
  大正12年 脚気死亡者2万6796名
  昭和6年 二木謙三、玄米普及食堂を開き、講習会を行う
  昭和18年 配給米が五分づき米となる
  昭和19年 六大都市の国民学校の給食、パン食のみとなる
  昭和25年 「タンパク質を摂りましょう」運動
       「ビタミンを摂りましょう」運動
       池田隼人大蔵大臣「貧乏人は麦飯を」発言、問題化
  昭和27年 完全給食を全国小学校に拡大実施
 ※昭和29年 アメリカでPL480法案(通称、余剰農産物処理法)成立
  昭和29年 農林省、アメリカ余剰農産物購入協定調印
       学校給食法制定
  昭和30年 粉食指導に全栄養士参加
  昭和31年 キッチンカー活動開始(5年間で2万会場200万人動員)
       小麦粉と大豆油の料理を栄養改善運動と称し大キャンペーンを行う
       コーラ発売
  昭和33年 厚生省、国民栄養調査4人に1人が栄養欠陥
       インスタントラーメン登場
       厚生省「六つの基礎食品」普及活動開始
  昭和35年 大豆の輸入自由
  昭和36年 「1日1回フライパン運動」を普及
  昭和38年 文部省「義務教育学校給食諸学校ミルク給食推進本部」設置
       「タンパク質が足りないよ」のコマーシャルが大流行
  昭和55年 スポーツドリンク盛況
  昭和56年 「過食時代の栄養失調の子供増加傾向」と警告
  昭和60年 政府食生活指針で「1日30品目」提唱
  平成9年 厚生省、糖尿病実態調査で患者数は予備軍を含め1,370万人
       減反政策強まる


日本人の食事は1956年(昭和31年)から西洋食が普及し、と日本人の死因が変わりました。
1947年の死因は結核、呼吸器感染、胃腸炎、脳血管疾患、老衰でした。
現在、悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、肺炎、不慮の事故1958年(昭和33年)から癌、
心臓病、脳卒中と死因が変わりました。

現在、老衰でなくなる方は2,8%200人にたった5人?特に1970年以降からは
食生活の欧米化と化学物質(添加物、医薬品)で、腸内細菌がダメージを受けて、
アレルギー等自己免疫疾患が増加しています。

情報元内海医師

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫4匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり