冷え取りライフ

Entries

病気になったら病院に行き医者の指示に従う。お産の時は全て任せて産ませてもらう。そう信じていた。その私が医者の死にますよの脅しも聞かず自分で癌を治した。そこまで書くか?という位赤裸々なブログにしたい

朝晩めっきり涼しくなってきましたね。
でも、日中の日差しはまだまだきついです。

この時期は夏のつけが出やすく体調不良になる方が多いです
かく言う私もアイスコーヒーをけっこう飲んでしまいましたよ!

毎日当たり前ですが生活をしています。
スケジュールをこなしてるというか、何気なく過ぎているということは
身体が普通に動いてるからなんですよね

でも、身体に異変が起こるといつもの流れではなくなるのです
風邪、感染症、ぎっくり腰、ケガや諸々
で、やっとこそのせいで立ち止まったり、考えたり

普通がありがたいと思ったり

痛みや差しさわりが起こって見直すよりも
日ごろから自分の身体に目を向けて労わってもらいたいです

ご飯が美味しく食べられる、立ち居振る舞いの時にどこも痛くない
おしっこが勢いよく出る。毎日うんこがスッキリ出てくれる

これって当たり前のようで当たり前じゃなくて
細胞たちが働いてくれてるからなんですよね

自分が動く時も重い体で動くよりも軽い方が働きやすいですよね
そのために何をするか。

今は溢れるほどの健康法がありますね。選択するのに迷うほど
どれもそれぞれの良さがあってなにかしらの効果がある

それらの基本中の基本が温めじゃないかなと思っています

健康な方も具合の悪い方もお年寄りも赤ちゃんも
どなたでも自宅で気軽にできるのが冷え取り健康美容法だと思います

できれば朝起きたら入浴が一番なんだけど
「そんな時間あるわけないやん!」ですよね

なのでお勧めしているのが『足湯』です

胃に問題が無ければ朝ごはん食べてる間に足湯
お化粧をしている間に足湯
新聞読む方は読みながら足湯

血流を良くして内臓を温めてからそれぞれの生活をしてほしいと思っています

その足湯の必需品が足湯器です
一家に一台あれば家族全員で使えるのが良いですね












20070903192339.jpg




色んな種類の足湯器が販売されていますが今のところ一番のお勧めが
↓こちらです




☆キャスターが付いていて、お湯を捨てるホースが付いているので
  お湯替えがとっても楽ちんです。一人暮らしのお年寄りも替えることができる

☆温度設定ができ、使わない間は湯温38度で保温してくれる
 (電気代が安く済む)

☆足のせ台が傾斜しているので座ってしても、寝ながらしても真っすぐの時より
  楽になりました

☆防汚樹脂が採用されているので内側が汚れにくく日々のお手入れが簡単





うちの長男、足のサイズが29㎝でその上ふくらはぎが
どうしたん!ってくらい太いのですが足、入ります^^










ここに販売している入浴剤を入れてもらうと温熱効果やアロマ効果も高まるので
特にお勧めです

販売価格は42000円 消費税は会社持ちです♪
送料日本全国無料

クレジットカードVISA使えます

只今とってもお得なキャンペーンを行っています。ご興味のある方は

メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします



介護施設で1台置かれていた足湯器が、取り合い状態なので!
と2台追加されたところ、皆さん仲良く並んで足湯~~♪

「気持ちいいねぇ」と喜ばれていますとご報告を頂いた。

赤松の精油の入浴剤も入れて頂いているので
制菌力もあるしアロマ効果もあるしさら湯よりずっと温まるので
一石二鳥ならぬ一石数鳥♪

年齢が行くと、筋力が低下して血流が悪くなり、
色んな弊害が出るので、本当はしっかり入浴してもらいたいところだけれど
面倒で入らない方が多いとか。

そんな時に足湯は手軽なので、1日何度でもして欲しいです

足湯器を販売しています。お得なプランもあるのでご興味のある方はご連絡ください。
お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします

病院が高血圧治療を始めて30年、血管障害が減りガンが増えた理由

温泉に浸かるとゆったりした気分になり、血の巡りが良くなり、
ハッキリと元気が戻ってくることを感じます。
なぜ、温泉に浸かると「良かった!」と思うのでしょうか?
それは、体温が上がり、血液の粘度が上がって血流が多くなり、
同時に体の表面が暖まるので代謝が盛んになり、
人間の生体反応が順調になるからに他なりません。

現在はすでにエアコンが普及していて、夏も冬も同じような生活が
できるようになっていますが、ちょっと前まではものすごく暑い夏と、
厳しい寒さの冬が人間を痛めつけたのですが、その中でも老人や
赤ちゃんなどの体力が弱い人にとって「夏は楽だが、冬を越すのは厳しい」
というのが現実でした。

真夏の暑い日の昼、老人がよく外に出て庭仕事などをしていましたが、
熱中症で亡くなる人などほとんど居なかったのですが、「冬は越せない」
というのは普通でした。動物の多くも春に出産をしますが、これも
「厳しい冬を目前にした秋、まして冬にはお産はできない」ということだったからです。

これら全ては「動物にとって血流と代謝が大切」であることを示しています。
その血流と代謝を盛んにするのが「高い血圧」です。水道水を送ろうとすると
強力なポンプが要るように、液体を輸送するには「ポンプで高い圧力を作る」
ことが大切です。人間ではポンプは心臓で、圧力は血圧で示されます。

血液は全身の毛細血管にくまなく送る必要があり、そのためには水銀柱で
140mmHg程度(普通は単位を使わずに単に140という)は必要です。
一気圧は760mmHgで、水で言えば10メートルの高さまで上げることができます。

人間の体は大きい人で180cmぐらいですから、計算上は760*180/1000=136.8mmHg
が必要な圧力となります。
現実には心臓が胸についていること、人間は多くの動物と違い二足歩行であること、
女性は普通は身長が低いことなどから、いろいろ相殺して結局140ぐらいになるということです。

ところが歳をとってくると、体の全ての場所が「固く」なります
赤ちゃんの時には皮膚も関節も本当に柔らかく、全身がお餅のような感じですが、
老人になりますと枯れ木のように固くなるのも仕方が無いことです。
血管も同じで、若い頃の柔らかい血管が硬くなり、血液をスムーズに送ることが
できなくなります。

でも、血は必要なので、心臓は仕方なく血圧をあげて血の巡りを良くしようとします。
人間が誕生してからずっと、自然の摂理、歳をとったら体が固くなるのは仕方が無い
とあきらめて、血圧を上げてきました。日本人の場合、1年歳をとると血圧が1.0あがるので、
50歳で140としますと、60歳では150、70歳では160と上がってきます。それが当たり前でした。

ところが、血管障害を防ぐことだけに熱心な医師が増えて、血の巡りはどうでもよいから
血管障害だけを防ぎたいということになり、さらに降圧剤(血圧を下げる薬、
別の説明をすれば血流を悪くする薬)が儲かることもあって、血圧を130にするのが
当たり前になりました。ここ30年ぐらいのことです。

そうなると、血の巡りが悪くなり、酸素不足(すぐ息切れがする)、栄養不足
(元気が無い、疲れやすい)、白血球不足(病気になりやすい)、免疫物質不足
(ガンになりやすい、カゼを引きやすい)になって、血管障害は減りましたが、
ガンや認知症などがものすごい勢いで増えてきました。

血圧の関係する脳血管障害が最も多かった昭和45年頃、10万人あたり
180人が脳の血管が破れて亡くなったのですが、その後、血圧を下げてきたので、
脳血管障害で無くなる人は100人に減りました。その代わり、ガンが100人から280人、
肺炎が100人と増え、血圧を下げたことで病気が減ったのではなく、
病気の種類が変わっただけという結果になりました

血圧は本当に低下させていいのか。認知症や寝たきり老人が増える要因にも


血圧を下げれば血流が悪くなり、血管は破れないけれど、ガンや肺炎が増えるのは
普通のことで、医学的に難しい問題ではありません。ただ「縦割り医療」で、
血圧の医者は血圧のことだけを考えた結果、人間というものがどういうものか
を忘れていたのです。

また、血圧と食塩はあまり強い関係性はないのですが減塩食があたかも
血圧を下げる万能の方法だという間違った情報を蔓延させたのも大きな問題でした

塩(塩化ナトリウム)は海から陸に上がってきた人間にはとても大切なものなのです。

生き物は血が巡り「温かく生きているもの」で、冷たい体の「冷血動物」は
死んでいる状態です。
ガンや肺炎のほかに「認知症」や「寝たきり老人」も日本人に特に多いのですが、
これも血圧に強く関係しています。人間の脳は激しく活動していて、
体積は小さいのに全身を巡る血の4分の1も使っています。だから、血流が悪くなると
脳の働きもダメになり、物忘れ、記憶力の低下、さらにそれが進んで新しいことを
覚える意欲の低下、そして最後は気力を失って寝たきりになるということです


命の源になる血の巡り、それを低下させた医療行政の間違いはとても
大きいことがわかります。
むしろ、血管を強くする生活や食事、
血管の破れを防止する方法や薬剤など、血流を減らすのではなく、
維持しながら血管が破れることを防ぐのが本当の医療というものです。

転載終了

以前は年齢に90を足した数字が正常な血圧と言われていたのに。。。
冷え取り健康美容法はつくづく理にかなっているなと思います


8月30日(土)
孫たちと課外授業へ♪
初孫が現在16歳。この間原付バイクを買いに行ったそうな。
はぁぁぁもうそんな年になったのね~~
今三歳の孫を除いて6人の孫たちと遠足と称して色んな所へ出かけ
色んな体験をしてきた

今回、開催日前日に知った手作りこんにゃく体験会
面白そう♪と速攻参加することを決め、自分ひとり体験するのも
もったいないので孫たちに言うと、こちらも速攻で行く行く~~~!と^^
急だったのだけれど、お一人キャンセルが出たので4人で参加することができた

大阪南部から最東部への移動距離は結構あったけれど、あら還だけど
ばぁちゃんガムバル♪

今回の先生ひぃちゃんは7月に参加したるぐるぐるランチ会で
お目にかかってはいたのだけれど、お話しする機会が無くて、
この日がはじめまして状態でした

先ずはお庭で育てている作物などを見せてもらったのだが
なんと!物置の屋根の上でお米まで栽培されていた
稲穂に感動!

そして↓の写真がこんにゃくの葉
種イモを植えてから収穫するのになんと、4年もかかるそうな
それは知らなんだ~~










長女の三男君(6年生)・長女ちゃん(4年生)、次女の長女ちゃん(2年生)
すくすく成長中♪









ボウルの中にはコンニャクイモが









お芋を小口に切って皮をみんなでむく
(むかなくてもどちらでも良い)









適量の芋と適量の湯をミキサーでがーする









手早くかき混ぜてならして半時間ほど寝かせる



















凝固剤を投入









入れると素早く混ぜながらよく練りこむ









バットに移して手で強く押さえるようにして空気を抜き平らにならす









しばらく置いたら取り出し








適当な大きさに切る









沸騰したお湯に投入。30~40分茹でる



















無事に完成~~みんなでパチリ








できたてのこんにゃくに醤油麹を乗せていただいた
お!美味しいぃぃぃ















ひぃちゃんが用意してくれていたメニュー
・甘酒
・麩と昆布、わかめのお味噌汁
・塩麹で味付けのお粥
・醤油麹で漬け込んだシャケ
・醤油麹で味付けのひじき入りのおから
・お豆腐醤油麹のせ
・醤油麹和えモロヘイヤ
・こどもたちが畑で採った我が家ピーマン
・生のオクラ
・生のえのき
・プチトマト
・果物あれこれ
・さつまいもの茎おつまみ

どれも細胞が震えるほど美味しかった♪






ひいちゃんの想いのこもった説明を、孫たちと
ふむふむと感心しながらのお勉強は

知ることの喜び、作る過程の大変さ、楽しさ。
途中の匂い、手触り、できたての美味しさ。

五感がフルに振動したのでした

そして生きた麹や菌達の美味しさは細胞も脳もすべてが喜ぶのです

私は、ずっと自分の身は自分で守る!と言い続けてきた。
孫たちに力強く生きていく力を養ってほしいと思ってきてる。
そんな思いを出会ったばかりの方と共有できた嬉しさは言葉になりません。
この機会に恵まれたこと、ひぃちゃんにめぐり会えた事に感謝です


これからもネットの向こうにおられるまだ見ぬ方々へ
私が出会った、体験した、知った、情報をどんどん発信していきます

入道雲が好きだ。




ジオラマ制作体験に再び会場へ行ってきた
いつ開催だったか検索したら昨日と今日で終了だったので
孫たちと(展覧会は10月1日まで)










自分を作る!と勇んで来た2年生の孫
南條先生がおられて感激していた

とても手先の器用な孫は、先生にコツを教えて頂くと
上手に胴体やワンピースを作っていく
物凄い集中力に感心する








焼成









そして、顔の表情は先生が手を加えてくださった
とっても良いお顔!似てるわね♪
色付けは自宅でするそうだ









写真集を破格値で購入ができ
おまけにと色々グッズまで頂いた
何て私ってラッキーなのぉぉぉ



わずか半世紀前、日本は太平洋戦争という大きなを経験しました。
220万人以上の国民の命が失われた戦争から60年以上の歳月が経過し
戦争を知らない世代が社会の大半を占めている現在
戦争の傷跡を見る事はほとんどなくなりました。
造形作家の南條亮は、激動の20世紀を見つめなおそうと、
数百体の人形と精巧な立体模型(ジオラマ)で
終戦直後の庶民の群像を表現しています。
この作品を通じて、戦後日本の歩みを振り返るとともに、苦難の時代の
貧しくも楽しき風景が、今世紀を生きる人々に
本当の豊かさと平和について問いかけます。
引用


こちら↓ぜひご覧ください
ジオラマ演出音楽


「いのち」の語り部
【南條亮:ジオラマの世界】市岡哲夫

人間は性懲りのない生きものである。
歴史という気の遠くなるような時間を費やしてきたにもかかわらず、
「いのち」とは何かという単純な問いかけにさえ、いまだ答えを見いだせないでいる。
その答えは、はるか遠い昔から受け継がれてきたはずなのに
あまりにも明快すぎる解答に、人間は気づこうとしない。

南條亮はジオラマに登場してくる無数の人形たちに、
その答えをあるときは悲痛な叫び声で、またあるときは囁くような声で語らせようとする。
無数の人形たちがひしめきあう舞台の上には、異口同音の沈黙の言葉であふれ返り、
やがて大きなうねりとなって、すべてを包括するかのようだ。

南條亮の作る人形は、美術工芸
としての人形でもなければ、趣味嗜好のたぐいのお人形でもない。
それは人間の形をしたタマシイそのものなのだ。
人形だけでなく、建物や小道具、木や草や水の流れ、道端に転がる小さな石ころさえも、
作者はタマシイそのものとしてつくりあげていく。

そこには「いのち」の分離はなく、この世に存在するすべてのものが、愛しい唯一無二の
「いのち」として渾然一体と存在する。
南條亮は20世紀を掘り返し、明治・大正・昭和という時代を、いま再び見つめ直そうと試みる。
それは単なる感傷ではなく、むしろ、その時代を生きた名も無き人間のタマシイの代弁者として、
そして時代を超えたタマシイの先達として、無数の人形をつくりつづけるのである。

歴史という幻想のなかで、生まれては消えていった無数のタマシイたちは、
ふたたび誕生と死を繰り返しながら、いつの日か、あなたとか私という垣根を越え、
一つの「いのち」として溶け合うことができるのであろうか?

おそらく南條亮は、かならずその日がくることを信じ「人間、この愚かですばらしきもの」
とつぶやいたに違いない。作者はこの無限宇宙を彷徨う無数のタマシイたちを
ひとつひとつ拾いあげては、「いのち」の語り部として、ふたたびこの世に送り出そうとしているのだ。
南條亮の果てしない旅は、いま始まったばかりである。拳一杯ほどの、
ほんのわずかな歴史を、掘り出しただけである。

作者は無数のタマシイたちがひとつに解け合うその瞬間を想い描きながら、
きょうもまた、名も無いタマシイたちをそっと拾いあげる。










































































貴重な貴重なこのような資料を、語り部が少なくなってきている今、後世に語り継げる作品を
微力ではあるが自分もその語り部の一人になりたい

南條亮先生に感謝の意を表しこの記事を書かせていただきました。
ありがとうございました。





昨日、15日は7人目の孫の3歳の誕生日でした
身体はとっても小粒ちゃんですが
とっても利発でパワフルなBOYです
ばぁちゃんからはラピート♪
とっても喜んでくれて寝る時に抱っこしてたんだって!

胎児ちゃんの時は色々と心配させられましたが
あの時部分胎盤剥離ではなく、血腫だけだったようです

誕生の時の日記を再掲します

『第二子誕生』

部分胎盤剥離?の続き

37週になるまで安静にさせ、することは1日3回ジェットのお風呂に入り酸素と栄養を補給していた
その間私や長女が食事の世話をし、旦那さんが洗濯やお茶碗洗いをしてくれて
みんなでサポートしていました

おかげさまで37週も超えいよいよ本陣痛が起こったのが38週と4日目
夜の11時頃いつもの前駆陣痛とは違う痛みがありやはり母の感で本陣痛だと思ったようです
頻繁に前駆陣痛があったので本人も違いが判るかなぁと不安がっていたけれど

お盆だったので私は長女んちに泊まっていて宴会をしていました、呑気なもんだ^^

本来なら直ぐに行く必要はないのだけれど、なにぶん部分胎盤剥離があるので
監視分娩になるので陣痛が始まったら直ぐに来るように言われていた

朝4時頃目が覚めたのでlineで様子を聞いたら10時前には生まれそうと言うので
おにぎりを作って助産院へ
長女、長女の子達4人とnahoの長女ちゃんと総勢7人で






部分胎盤剥離があるので胎児ちゃんの心拍が急激に落ちたら速攻病院へ移動することになる

到着をしてnahoのいる部屋へ
とてもおとなしく陣痛に耐えている、私や長女はあーだこーだとやかましいタイプだが
次女はひたすら耐えるタイプなのでちょっと位騒いでもいいんやで声出して逃すこともあるし
と言っても静かにお産をしている次女

でも流石に陸でのお産は水中とは比べ物にならないくらい痛い!らしい
両方体験してるからわかることなのよね

そしていよいよその時が!
nahoの長女ちゃんは流石に怖くて出てくるところにはおれなくて
いとこ達と待合室で遊んでいた

頭が出だしてから少し時間が経ったので??長くない??と誰もが思っていた
そして。。。。。男の子なので肩で一旦止まるかと思っていたけれど
出だすと一気にスルンと出てきた

あぁぁもうもう身震いするほどの感動が



頭が出だしてからやけに時間がかかったのはヘその緒が巻いていたかららしい
自然分娩というのは赤ちゃんが自分で生まれてくるときにゆっくり時間をかけて
自分でへその緒を外すという話は耳にしたことがあるけれど
今回正しくそれだったのです!

胎盤が出たあと、助産師さんが剥離の部分を見つけて私たちに説明してくれた
胎盤はレバーのような物で赤みがあるけれど血腫の部分は赤黒かった
とてもラッキーだったのは胎盤の端ではなく中の方だったので
完全剥離しなかったのではないかということでした

そしてベビちゃんの酸素濃度は98%でした🎶


今回お世話になった助産師さんの介助を真横で見ていて余計な手を出さず
適切なアドバイスをされ自然のリズムに合わせて見守って下さる
本当にお母さんと赤ちゃんの真のサポーターなんだと感動しました




弟が可愛くて可愛くて既にメロメロ

一時は帝王切開も受け入れる覚悟を大人たちはしていたけれど
この長女ちゃんは誕生する数日前に夢を見たらしく

『あのね○○ねちゃんと頭から出てきたよ賢いで♪父ちゃんもおったし
みんなもおったよ~~』って

その通りになって本当に良かった





あたくし、7人目の孫を無事にこの手に抱くことができ感無量です

今回妊娠中に部分胎盤剥離という怖い体験をしました、どんなにケアーをしていても
妊娠出産は何が起こるかわからないということを痛切に感じました
それでも結果対応できる術を持っていたことにも救われました
お産はやはり命懸けです






木のぬくもりのある静かで居心地の良い助産院

またまた感動したことが食事や食材にこだわっていることは知っていましたが
まさかオルターの食材を購入されていたとはこの日まで知りませんでした
こんな助産院が増えてくれたらなぁと願います

後日nahoから聞いたのだけど分娩中一度も胎児ちゃんの心拍が下がることなく
ずっと元気なのには驚いたと助産師さんが言っていたそうな♪





この溶解型酸素の原液には産前産後どれほど助けてもらったことか
胎児ちゃんが衰弱して入院したあとの2週間どんどん元気になっていってるのが
嘱託医や助産師さんも驚かれていたのは正しくこの酸素のおかげでしかありません

陣痛中頻繁に飲んでいたので胎児ちゃんがずっと元気でおれたのですから♪

特に問題もなかったので15日に出産して17日に自宅に戻りました
帰ってすぐに父ちゃんと自宅温泉を満喫
体内にいる時にずっと聴いてたジェットの音はとても落ち着くみたいで
孫7人全員このお風呂が大好きです^^




妊娠後期に色々あったのにあまりにも理想的な出産に助産師さんと
あれはなんやったんやろ?とみんなで顔を合わせていました
とにもかくにも無事に生まれてくれてばぁちゃんは肩の荷が下りたのでした

プロフィール

Author:のり
1959年生まれ
家族:同居 長男と猫3匹とうさぎ1匹
   別居 長女・ムコ殿・孫5人うち4人は自宅水中出産で誕生助産師さんなしで そう自力出産!家族だけで見守り超、超安産で生まれました♪
      次女・ムコ殿・ベビちゃん 彼女は私んちのお風呂で水中出産そして平成26年8月15日第二子長男を助産院にて自然分娩で出産しました♪
   
冷え取り健康法のお陰だと思っています
その冷え取りの私の方法はコチラ

       
自宅で足湯サロンをしています


趣味:妄想・料理
   飽くなき好奇心を満たしてくれる本を読み漁る
音楽鑑賞 映画鑑賞 
夢:半田舎生活、庭で鶏を飼い有精卵を産んでもらう 天然酵母パンを焼く石釜を造り 古民家改造し 囲炉裏を造り
毎夜仲間と酒宴♪猫を抱っこしながら

このブログを通じて、何気なく冷やして日々を過ごしていると けっこう大変なことが起こってしまうことと
温めると 色んな事が解消される可能性があるので
そのお手伝いをさせてもらいたいおばさんがいることを知ってもらいたい

サロンにこられた方には足湯をしてもらいながら、冷え取りの方法などお話させてもらっています.

足湯器・天然の入浴剤・安全な基礎化粧品・天然100%のサプリ・野菜を洗える洗剤・体液のミネラルバランスに近い海洋深層水などの販売もしています。


常連さんにはお肌のお手入れをしたり 病気や子育てや母乳の相談 妊娠、出産の相談や身の上相談を受けたり (相談など無料です)

ご質問・お問い合わせなどは
メールフォームからか
pineheart2008@yahoo.co.jp までメールをいただくか

TEL&FAX 072-484-8171 常に留守番電話になっていますので
お名前とご連絡先を録音していただきましたら折り返しこちらよりご連絡させていただきます
FAXでもお受けします




Live Moon ブログパーツ


Twitter

    follow me on Twitter

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    :

    ブログ内検索

    Copyright © のり